人気ブログランキング |

カテゴリ:儀礼・習俗( 69 )

二戸市金田一 長壽寺 萬燈供養会



by げんぞう
f0147037_21262997.jpg

by torira | 2019-08-15 05:29 | 儀礼・習俗 | Comments(0)

東京都国立市

f0147037_18213456.jpg
げんぞうお爺さんの話
「自分が子供のころは、どんど焼の会場へいくと、長い竹のサオに『まゆ玉』という団子をつけたものが用意されていた。
それをあぶって食べたもの。
あぶらないと団子が硬い。
でも、ちゃんとあぶろうとすると、火に近づかなければならない。
熱いし、煙で目が痛くなる。
けっきょく、生焼けを食う。
今はどうなっているのだろう」

by げんぞう

by torira | 2019-01-04 18:24 | 儀礼・習俗 | Comments(0)

盛岡市巻堀

f0147037_18213416.jpg
by げんぞう

by torira | 2019-01-03 18:22 | 儀礼・習俗 | Comments(2)

山田町大沢

f0147037_21444424.jpg
by げんぞう

by torira | 2018-12-25 21:51 | 儀礼・習俗 | Comments(0)

山田町関谷

f0147037_21443855.jpg

by げんぞう

by torira | 2018-12-23 21:45 | 儀礼・習俗 | Comments(0)

耳ふさぎ餅

ちょっと前に胆沢で葬式がありまして。

斎場から出る際に、花束といっしょに「お菓子の小袋」を家族の皆さんからいただきました。

f0147037_10153133.jpg
しかし…この、ぷにぷにした白い玉はなんでしょね。

そういうのに詳しい、娘の友達にきいてみました。
すると
「耳ふさぎ餅。耳にあてるふりをしてから食べる」
とのこと。

言われるままに
「こんな感じかなあ…」

f0147037_10153505.jpg
とやってみたら、
「両耳!!」
とツッコミがきました。


 by げんぞう


by torira | 2018-10-17 18:26 | 儀礼・習俗 | Comments(0)

おとうふも

f0147037_20542107.jpg

by げんぞう

by torira | 2018-09-27 20:56 | 儀礼・習俗 | Comments(0)

盛岡市鉈屋町

f0147037_17092636.jpg

by げんぞう

by torira | 2017-07-15 19:16 | 儀礼・習俗 | Comments(0)

特に秘密でもないのに必ず「秘密基地」と言う

皆さん、「若者組」とか「通過儀礼」とか、そういうの好きですよね。
子どもが集まって仮小屋みたいなのつくったりするのとか。
集まった子どもの中で、年上の子が率先してあれこれやって、そういう中で成長していく、というのが強調されたりしますよ。
いまはそういうのがないから、コミュニケーションがうまくとれないとか、犯罪が多いんだ、とか。


しかしまあ、子どもは好きですね。
仮小屋。

最初のうちは、こっちも「標の山か…」とか言って黙って見てるんですけど、どんどんでかくなってくんの。
コタツやら布団やら、なんでも素材にするから、日常生活に支障をきたしだして、勘弁ですわ。

 by げんぞう
f0147037_212596.jpg

by torira | 2015-02-26 21:04 | 儀礼・習俗 | Comments(0)

酒は野となれうまくなれ

げんぞうさんは愛娘を連れてGWを満喫しに行ってしまったようです。
仕方ありません。あまり休日モードではない事務局はネタ不足ゆえこんな話で。

この秋に始まるNHK朝ドラ「まっさん」の舞台は、過疎化高齢化で衰退あきらかな我が古里の町。
今「〝あまちゃん〟に続け!」とばかりに勢い付いています。
f0147037_21213955.jpg

ドラマは「日本でスコッチウィスキーを作りたい」という夢を抱いて単身イギリスへ渡った日本人と出会い、妻となったスコットランド女性がヒロインです。
国産ウィスキーについて今、なんの違和感もない私たちですが、これが例えば「トリニダードトバゴで日本酒を造りたいと思ってます」とか聞かされたらどうでしょう。
それを思うと初代社長となった竹鶴氏の無茶さ加減がなんとなく想像できる気がします。その彼について海を渡ってきたリタさん。夫婦仲は良かったとは言えなにかと大変だったにちがいありません。(トリニダードトバゴについては他意はありません。なぜかとっさに出て来ただけ)

で、もっともスコットランドに近い気候の町、ということで北海道の小さな港町が選ばれウィスキー造りが始まり‥と以下は検索してみてください。
f0147037_21225189.jpg

ニッカ工場の広い敷地内はかなり日本離れした雰囲気です。
f0147037_21521497.jpg

かつてとなりに小学校がありましてそこが母校でした。社会科の授業で工場見学に行ったった。今は観光客が朝から引きも切らず訪れます。

f0147037_21234254.jpg
一号倉庫と呼ばれる石積みのウィスキー蔵です。入り口にご注目。
f0147037_21232425.jpg

スコットランドでも酒蔵に注連縄張るのでしょうかね?

南部盛岡の酒蔵にはこんなのがぶら下がっています。
f0147037_21234968.jpg


初めてウィスキーを仕込んだ蔵人はどんな人だったのかな。
もしかしたら「酒を仕込むプロと言えば」ということで南部杜氏だったかも。
作業の時歌ったのは日本民謡「酒屋仕込み唄」?それともスコットランド民謡「庭の千草」?
・・などと考えたら楽しくなってきました。

ちなみに残念ながら町には「ウィスキー音頭」などウィスキーにからむ音曲・芸能はありませんが、「ウィスキー最中」という銘菓があります。
意外においしい。次回また買ってこようっと。

 by.事務局MA
f0147037_21451886.jpg

by torira | 2014-05-02 21:48 | 儀礼・習俗 | Comments(2)