人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 88 )

岩手県立博物館 テーマ展「岩手の往来 ~道路のいま・むかし~」

「このテーマ展は、参勤交代や蝦夷地開発、ロシアからの蝦夷地防衛のための往来に活用された奥州街道、また現在も宮古盛岡横断道路として開発が進み、復興の一役を担う、かつての宮古街道を中心に、これまでの歩みと未来に向けての展望について触れていくものです。」

…ということですが、端的に言うと「古地図を中心に115点を展示」です。
昔の地図をたくさん見られるというのが、なんといっても楽しい。
そういうテーマ展です。
図録がないのが残念ですが、撮影可能な資料もあるので、カメラを持って博物館へ!

f0147037_20365398.jpg

 ~盛岡藩領内図(館蔵)


会期:2019年3月16日(土)~5月6日(月 祝)
盛岡市上田松屋敷(西松園) 岩手県立博物館にて
入館料:一般310円,学生140円,高校生以下無料

 by げんぞう


by torira | 2019-04-29 20:40 | Comments(0)

八戸市新井田

f0147037_04474274.jpg
by げんぞう

by torira | 2018-08-13 04:46 | Comments(0)

盛岡市天昌寺町

f0147037_20305648.jpg

by げんぞう

by torira | 2018-08-12 20:25 | Comments(0)

盛岡市加賀野4丁目 妙泉寺(大日如来)

f0147037_14165711.jpg

by げんぞう

by torira | 2018-06-22 18:16 | Comments(0)

鵜鳥神楽巡業のご案内

普代村の鵜鳥神楽、もっか巡行中〜。
今週末は普代村のお隣、野田村の本・文房具店「中健」3階に舞い込みます!
誰でも行って見られるそうですので、皆さんお気軽にどうぞ!

2月19日(日)
野田村「中建」(野田村大字野田26-19-3) 3階
13:30~舞込み/14:30~神楽

3月25日(土)・26日(日)は恒例のJTBの鵜鳥神楽ツアー(東京出発)が実施されます。

3月25日(土)普代村堀内地区漁村センター
12時すぎ:舞込み
12時半〜13時半頃 神楽宿フォーラム
 座談会方式で、各地の神楽宿主の皆さん、鵜鳥神楽保存会の皆さん、地元の皆さん、大阪市立大学の中川 眞教授と追手門大学の橋本裕之教授にツアー参加者が加わって「明るく楽しい大座談会」になりそうです。
14時〜17時まで 神楽
3月26日(日)
午前中;鵜鳥神社にて神楽体験と神上げ儀式見学
午後は普代村名産わかめの芯抜き体験と伝統ある鉄山染体験、こたつ列車など

今年は盛岡からのバスツアーがないとのことで残念。
…と思ったら、八戸からのバスツアー(岩手県北観光)の企画がありました。
題して「鵜鳥神楽鑑賞とワカメ作業体験 ~旬のメカブ詰め放題~」。(ちょっと笑えるこのタイトル)
3月25日(土)本八戸駅8時半出発、19時40分頃帰着
詳しくはこちらをどうぞ。

ワカメの香りただよう岩手の浜へお出かけください。

 by.事務局MA

by torira | 2017-02-16 22:31 | Comments(0)

千手院の豆まき

f0147037_21594110.jpg
盛岡市鉈屋町にて

by げんぞう

by torira | 2017-01-24 21:59 | Comments(0)

極寒

f0147037_10463538.jpg
雫石町上町にて

 by げんぞう

by torira | 2017-01-21 18:33 | Comments(0)

かまいし冬の味覚まつり

f0147037_09284226.jpg
釜石市にて

 by げんぞう

by torira | 2017-01-20 10:05 | Comments(0)

ゲストは真ん中にうっすらと赤字で大書

f0147037_16564326.jpg
6月5日(日)
盛岡市上堂三丁目 上堂観世音(馬頭観音)にて
15:00オミコシ,18:00演芸(ゲスト 中川あい子おばちゃん一行)

 by げんぞう

by torira | 2016-06-05 21:52 | Comments(0)

赤崎の五年祭

f0147037_2339117.jpg
5月4日に大船渡市赤崎の五年祭に行きました。
震災があったので、五年祭としては8年ぶりになるそうです。

私は今回はじめて三陸鉄道の南リアス線に乗りました。ちなみに三鉄の主な駅には熊本地震の募金箱がもうけられています。さんてつ君とくまモンがならんでるよ。募金箱に入ってるのがコインじゃない!みんなの気持ち。。
f0147037_23401085.jpg

f0147037_23394171.jpg
赤崎駅に降り立ち三鉄を見送って歩いて行くと、城壁のようなものがありました。
f0147037_23411870.jpg
赤崎中学校を建てるための敷地造成工事でした。震災から6年目なのにまだ造成工事の段階なんですね〜。

あ、御神輿がやってきました!
f0147037_23433250.jpg
午前中は激しい風雨だったので、皆さん大変だったことでしょう。
f0147037_2344391.jpg
f0147037_23445434.jpg
でも、待ちに待った五年祭なので思わず笑顔がこぼれます。

尾崎神社から来た御神輿が清水(しず)の港に着きました。
そこから船に乗って海上渡御ののち、それぞれの地区へ帰るそうです。
f0147037_2350481.jpg
それぞれ…の祭組の内訳は、中赤崎組、鮹ノ浦組、清水組、上三区組、永浜組、長崎組(で間違ってないかな?)です。
f0147037_23505255.jpg
f0147037_23512682.jpg
手踊りが華やかですね。船上の獅子もカッコいいです。
f0147037_23531372.jpg

今回、永浜鹿踊りは欠席というのが残念でした。
とりらの募金から各祭組にお花を差し上げました。
f0147037_2356061.jpg
f0147037_2357025.jpg
大船渡湾を三周した後は地元に帰って芸能の披露となるそうです。

さきごろ「大船渡市民俗芸能調査報告書 祈りを舞う、暮らしを踊る」という調査報告書が出ました。
大船渡市の民俗芸能団体の詳細に加えて、上演の日時や活動状況などが記録され、団体に伝えられてきた古い資料も掲載されています。また、町内に属する権現様・獅子舞・虎舞のリストなど、これまでの調査報告書には見られなかった面にも目を向けた密度の高い資料です。
強いて言えば、今回のような五年祭について1項目があったらさらに良かったなーというのが私の感想です。

冊子は個人では入手できないようですが、幸い大船渡市郷土芸能協会HP内に、この「大船渡市民俗芸能調査報告書」のページがもうけられ、pdf.形式で全文が公開されています。興味のある方はどうぞご覧下さい。

 by.事務局MA

by torira | 2016-05-19 00:49 | Comments(0)