2018年 01月 12日 ( 1 )

高田で悪魔祓いをする

2018年1月7日、高田町の秋葉権現川原獅子舞が悪魔祓いに歩きました。
早起きの苦手な私が電車とバスを乗り継いで高田に着く頃には、半分以上の行程が終わっていました。岩手日報販売所でやっと追いついたわい。
f0147037_23203318.jpg
今回初めて知ったのですが、ここでは獅子頭のことを「カッシャ」と呼んでいます。「頭=かしら」が気仙風になまってカッシャ。

鳴石地区で、もと川原町だった方々の新宅をまわります。
「やっぱりもう、川原のつながりという意識は薄くなっていますよ。こういう行事があるからこそだね。新築したって聞けば悪魔祓いに行ってあげたいと思うしね」と、お一人が語ってくださいます。
f0147037_23211464.jpg
f0147037_2321983.jpg

f0147037_23205361.jpg
手前で獅子を煽るお二人の役名は「オニワカリ」というのだそうです。たぶん「お庭借り」かな?
舞い込むお家に挨拶し、獅子を誘導する顔役のようです。
f0147037_23213335.jpg
山だった所が宅地に変わっていました。
「第一高台は100戸、第二高台は75戸、第三高台は…」と畳屋さんの菊池さんが詳しく話して下さるので聞いてみると、川原の皆さんはこれまで「川原再興勉強会」と名づけた勉強会を重ねてきたのだそうです。だから復興計画の具体的な数字も頭に入っている。

今後はこれら高台の造成地に地名を付ける、自治会も作る、公民館を建てる資金の工面を考える、そのための勉強会へと発展解消するそうです。大変だな、でも町を作ろうという意志はすごいなと思います。
で、地区の公民館て自腹を切って建てるもんなんですね。考えてみたことなかったです…。
とりらの募金から少々のご祝儀をお贈りしました。
f0147037_23214796.jpg
消防署にて。毎年聖心女子大学の学生さんたちがボランティアに来てサイボウ振りを踊って下さっています。笛のお一人は卒業生。卒業してからも来てくれるってありがたい、と川原の関係者の皆さんが感謝しています。
f0147037_2322325.jpg
今日は成人式で、たかたのゆめちゃんも来ていました。被災地の成人式は毎年ここにいっしょにいるはずだった友達のことを思い出す少しせつない成人式。
f0147037_23215463.jpg
最後にタピック45慰霊塔へお参りします。ぬけるような青空と強風の日でした。

f0147037_2322786.jpg
アバッセ高田が出来て便利になりました。ここにバス停があると助かるんですが。
f0147037_23224925.jpg
本設になった「やぶ屋」は長い行列だったのでそのとなりの「熊谷」へ。もやしラーメン美味しかったです!

当日の一連の様子を早起き「祭の追っかけ」さんが動画でアップされています。ぜひこちらもどうぞご覧ください。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2018-01-12 23:06 | 東日本大震災 | Comments(0)