「青森県の民俗」第4号

「青森県の民俗」第4号(2004.5)
1500円
青森県昔話研究のあゆみ 佐々木 達司
民俗学と歴史教育
-酒井忠雄の歴史教育論を手がかりとして- 菅 一典
東津軽郡平内町のオコモリ 村中 健大
四国香園寺子安弘法大師像の下北半島への伝播
-弘法大師信仰の受容と変容- 長谷川 方子
現代巡礼をめぐる認識について
-津軽地方における調査から- 石山 晃子
民俗学とかかわる民族誌映画 大森 康宏
<家の祭り>
家の祭り 大湯 卓二
青森県南部地方の屋敷神  大湯 卓二
中野神楽におけるイエの祭り
-三戸郡南郷村中野地区の事例から- アンドリユーズ・
デール
旧弘前城下のイエの神々の年越し
-風邪神、内神、疱瘡神、山の神、ゴンゲン- 小山 隆秀
行事の側面 三浦 貞栄治
不吉なザシキワラシ 寺沢 一人
津軽海峡を渡ったオシラサマ 大湯 卓二
大漁祈願
-佐井村矢越の福子稲荷と類似儀礼- 櫻庭 俊美
書評
川島秀一著『漁撈伝承』 小池 淳一
青森県史叢書『下北半島西通りの民俗』 工藤 紘一
追悼 夏堀謹二郎先生
「ことんこん」「あいさつ鳥」「頭の白いカラス」のことなど 小熊 健
夏堀先生から受け継ぐもの 小池 淳一
夏堀謹二郎先生と「村の話」 佐々木 達司


f0147037_22505619.jpg 中野神楽(八戸市南郷区中野)は、舞の技術がとても優れていて評判の高い団体です。本田安次「山伏神楽・番楽」にも紹介されています。軽米~種市~八戸付近に分布する一連の系統の神楽のひとつです。じゃあその中野神楽が地元で昔ながらにおこなっている活動というのはどんなものかというと、あまり知られていません。「中野神楽におけるイエの祭り-三戸郡南郷村中野地区の事例から-」は、そこいらへんを詳しく紹介しています。権現様で門つけをするという部分はだいたい想像がつくかと思うのですが、それだけじゃないんですね。
 「青森県南部地方の屋敷神」では、うちのツレの大本家のことが載ってました。なるほど、だからこういう苗字・地名なのか・・・と初めて知りました。

 ※岩田書院から発売されています

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2007-11-09 22:53 | 資料紹介 | Comments(0)

<< 乳と蜜の流るる郷 熨斗目 >>