神楽な寿司屋さん

「すし処 かぐら」 http://www.kagurasushi.jp/index.html
は、盛岡市山岸の踏切近くにある、こぎれいなお寿司屋さんです。
昨日Tさんと、豪華に寿司屋さんのランチに行ってきました。
ここは実は「鵜鳥神楽保存会連絡所」の看板を掲げているお店なのです。

「とりら」に“鵜鳥神楽巡行日記”を書いたTさんは、一度この店に行きたい!とずっと言っていたので1冊持参してみました。
謹呈するつもりが、愛想の良いおかみさんが買ってくださいました ♪ ありがとうございます。

おかみさんは普代村出身、お父さんは鵜鳥神楽を小中学校の授業に取り入れたかつての教育長さんだそうです。
大将は千葉県のご出身ですがどこかで神楽にハマり、県博での夏井大梵天&胡四王神楽や今年の黒森神楽も見にいらしたとか。
「山岸のお祭りに鵜鳥神楽や玉山神楽の奉納を実現させたい!」と熱く語っていらっしゃいました。

この日は「にぎりランチ800円」を頂きました。
なんと鯛が入ってる!マグロも2貫! これに香り高い普代のワカメが入ったなめこ汁などが付きます。お昼のメニューには、普代の新名物「昆布うどん」に寿司飯のおにぎりが2つ付いて700円。というのもあります。

店内には鵜鳥神楽の「山の神」の写真と手平鉦が飾ってあるのが嬉しい。。
神楽を聞いて育ったおかみさんと、好奇心旺盛な大将の「すし処 かぐら」、ランチは14時くらいまでかな? 月曜休。

BY.事務局MA
[PR]

by torira | 2007-10-04 20:26 | 冊子「とりら」 | Comments(2)

Commented by maguroyama at 2007-10-05 23:43 x
宣伝までしていただいてありがとうございます。
あの日の翌日に普代のFさんが偶然立ち寄りまして
11月3日矢巾町で子供達が七つ舞の公演を
するそうでその夜、当店でという話になりました。
くわしくは後ほど。
Commented by 事務局MA at 2007-10-06 21:16 x
コメントありがとうございます。
11月3日。。実現するといいですね。Fさんによろしくお伝えください。

<< 回想法 「青森県の民俗」創刊号 >>