きんかん

 一戸町の小鳥谷で買った「きんかん」。3つで250円。とってもいい香りがしています。
f0147037_22222525.jpg

 まめぶさんがウリの話をしていましたが、そんなウリの中でも、マクワウリなどと同様に甘いタイプのものです。「キンカ」とも言いますね。三戸郡あたりでは小麦粉を練ってクルミダレをくるんでゆでた「キンカモチ」というのもあって、ややこしい。この「キンカモチ」のほうは、お盆に送り火・迎え火で焼いて食うということもあるのだそうです。現場には行き会ったことがありませんが。
 在来種というのは“芸能とくらし”っぽい話題に関わるものがあります。「ささらの髪はカラスではなく、比内鶏でなければダメ!」とか(広久内ささらの人がそう言ってた)。でも、特に“芸能とくらし”に関係ない在来種ももちろんいっぱいあるわけで、まあ色々です。しかし“芸能とくらし”⇔“在来種”何となく似た様なところがあるんで、気になるんですよね。
 で、この小鳥谷の「きんかん」、食ってみると甘くないんだなあ。酢の物にしてみっかな。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2007-08-16 22:27 | たべもの | Comments(0)

<< 櫛引のお盆 烏帽子を作る・2 >>