高田の雨があがる ー うごく七夕

今日は11日、3.11から7年と5ヶ月です。

今年も8月7日に陸前高田市の七夕を見に行って来ました。去年に続いてまた雨の七夕になっちゃったけど、涼しくて良かったです。
山車小屋が見えてきました。川原祭組の半纏だ!毎年お会いしてると、なんか親戚のような気がしてきます。
f0147037_21321485.jpg
アバッセ高田が出来て1年ちょっと。まだ未舗装の部分もあるし、まだ砂山みたいな箇所も多いけど、店舗が増えて人の気配が濃くなっていました。
f0147037_20504962.jpg
何かの記事で川原祭組の方が、「元の町が無くなった今、山車がふるさとになる」とコメントしていたのを見かけました。なるほど…。心に響きますね。

f0147037_20502777.jpg
f0147037_20500087.jpg
7年が過ぎると、元の住民が集まって山車の準備をするのはずいぶん苦労があるに違いありません。でも山車は相変わらず見事に飾り付けられていました。
f0147037_20493800.jpg
皆で力を合わせて山車の方向転換をする場面が好きです。大町の今年の山車はきれいなハスの花をあしらってあり、話題になっていました。

夜の部もちょっとご紹介。雨が上がってビニールのラッピングも取れ、とてもきれいです。
f0147037_20483923.jpg
f0147037_20482588.jpg
他の祭組が昼の雨でナンバン(てっぺんに飾る短冊竹)を痛めてしまったのに、駅前祭組は赤い短冊をたくさんつけたナンバンを高々と掲げていました。
f0147037_20485832.jpg
この3日前に、私は久慈市でぐうぜん大船渡市の方にお会いしました。彼女はこの高田町の出身だと言い(「家は流されました」)、短い会話の中でも故郷に対する強い気持ちが伝わって来たのでした。

残念だったのは、松原祭組が人手不足などの理由で今回は不参加となったことです。時が経つにつれ、今までとは違う形の祭組が生まれて来るのかもしれません。
山車に書かれた高田町の地名を見ながら、いろんな事を思い出し、考えています。

                         by.事務局MA






[PR]

by torira | 2018-08-11 22:05 | 東日本大震災 | Comments(3)

Commented at 2018-08-12 07:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-08-12 07:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by torira at 2018-08-12 09:36
中央祭組の高橋さんですか?伊藤さんのお姿は見かけたんですが、「高橋さんはことしもお仕事かなあ」と思っていました。
コメントありがとうございます!
来年はぜひお会いしましょう。

<< 雫石町御明神 北上市更木 >>