小国で手作りのあわ餅を食べながら神楽を見る

6月24日(日)に「 北上山地民俗資料館 小国分館開所式 ならびに神楽共演会」に行ってきました。小国は、宮古市川井地区の南部、宮古街道から遠野へ通じる道へ入ってまもなくの集落です。洗い上げたような青空と緑の山々が美しい日でした。
  12時半から 末角神楽による舞い込みが行われました。
f0147037_21361119.jpg
こちら、末角のハンサムな権現様です。
f0147037_21364155.jpg
受付では、今日のパンフレットとともに地元のアワで作った「あわもち」が来場者にプレゼントされました。そう簡単に食べられるものではありません。提供は「小国分館友の会」。おもてなしの気持ちがとても嬉しかったです。そしてあわ餅はおいしい!
f0147037_21381311.jpg

始まる前に少し時間があったので、展示スペースを見て回りました。
ムシロを編む道具がカッコ良く展示されていました。使用時の写真付きなので使い方もわかります。
f0147037_21411362.jpg
使われなくなった学校の校舎を活用して、教室ごとに違ったテーマで色々な道具とその使い方に触れることができます。ふだんは見学には同資料館(tel.0193・76・2167)に連絡して予約が必要だそうです。

元・学校のロビーを利用した会場は、大勢のお客様と地元の皆さんで大入り満員。
開所式に続いて、これまで岩手の民俗調査を精力的に行ってこられた名久井文明先生による「地域の宝 小国分館の民具」という講演が行われました。
「私は全国の資料館を見て来ましたが、山の民俗資料館としては宮古市川井の資料館がたいへん優れています。皆さん、誇りに思ってください」という力強い励ましを頂きました。

午後2時からの神楽共演会は、 打ち鳴らし(江繋早池峰神楽)に始まり、まず
鶏舞(江繋早池峰神楽)です。
f0147037_21430654.jpg
大迫の早池峰神楽と違うところがいくつかありますが、錫杖を使うのもその1つ。また、米を撒く所作があります。今回はあわ餅とアメが飛ぶ!
f0147037_21434402.jpg


八幡舞(末角神楽)は、錫杖ではなく鈴の付いたもの(大迫では「鈴木」と呼ばれる道具)を使っていますね。鳥兜の図柄が唐獅子牡丹。雄鳥と雌鳥では飾りも違う。
f0147037_21443681.jpg
f0147037_21450383.jpg


普将舞(末角神楽)は、司会の方が「とても人気があります」と紹介した通り、目の覚めるような舞でした。すばらしい♪
この面、大乗神楽や法印神楽で使う面に似てる気がします。
f0147037_21460432.jpg
f0147037_21472966.jpg
激しいだけでなく、優雅な動きもお持ちです。いい舞手を育てられましたね。


三番叟(江繋早池峰神楽)。
方向を変えて同じ所作を繰り返す、それが手数が多くて丁寧な印象です。ピンぼけばかり撮れてしまい、こんな画像でスミマセン。
f0147037_21481231.jpg

庭鎮舞(江繋早池峰神楽):「にわしずめ・まい」という舞で今回は四人で舞いました。すごい熱気で居合わせた全員が魅了されました。後半の四人でやる刀くぐり、難しそうです。きっと何度も練習されたことでしょう。
f0147037_21514911.jpg
f0147037_21524288.jpg
f0147037_21532477.jpg


水神舞(末角神楽):新築祝いなどで火事にならないようにと舞われるのが「水神」です。末角神楽は「火祭り」という火防祭と夜神楽がセットになっている冬のお祭りを大切にされていて、水神舞もよく演じられています。
f0147037_21544805.jpg
f0147037_21551475.jpg

しかし、「水神」を見るといつも思うのですが、悪いのは水を汚した人間なのに干される水神(龍神)さま、かわいそうだわ〜。


最後は幕上げして、江繋早池峰神楽による権現舞となりました。庭鎮舞の舞手のお一人が、まだ引けない汗をぬぐいつつリズミカルに下舞を舞ってくださいました。
f0147037_22002599.jpg
江繋の権現様の横顔、彫りがシャープでカッコいい。正面のお顔もしぶいです。
f0147037_22011098.jpg
f0147037_22014238.jpg

神楽共演会を終えて、同館の名誉館長である名久井芳江先生の講評がありました。
「まず神楽の皆さんの熱演に本当に感動したことをお伝えしたいです」と笑顔でおっしゃってから、「民具の収集では、よく『うちにあるようなザルなどに何の価値があるのか?』と聞かれますが、災害などで多くを失ったときに必要になるのは、ザルのような日常の道具ですよね?」という話をされたのが印象に残りました。

小国はいわゆる中山間地域で、おきまりの過疎化高齢化という課題があるにも関わらず、これだけの神楽を生き続けている方々がおられることにつくづく感心してしまいました。楽しい一日でした。
神楽共演会は来年以降も継続されるそうです。多くの方にいらして頂きたいと思います。
106号線沿いにある北上山地民俗資料館へもぜひどうぞ。

 by.事務局MA

[PR]

by torira | 2018-06-29 22:11 | 催しもの | Comments(2)

Commented by 中村大輔 at 2018-06-30 21:41 x
この前は、ありがとうございました。神楽も資料館も大成功の日だったと思います。7月からは北上みちのく芸能祭り鹿踊り行く予定で練習の日々になります。あまり暑くならなければ良いですが(汗)
Commented by torira at 2018-07-01 23:29
神楽共演会の際にはお世話になり、ありがとうございました。皆さんで作り上げたイベントでしたね。お疲れ様でした。
そして8月のみちのく芸能まつりには末角鹿踊りで参加ですか!今からこの暑さでは当日が思いやられますが、どうぞ良いところを多くの方にお見せ下さい。

<< 花巻市城内 盛岡市中央通三丁目 岩手山神社 >>