岩手県立博物館 の「ひとのかたち」展

岩手県立博物館で

テーマ展「ひとのかたち~ひなまつりを迎える前に~」

      ~2月12日(月・祝)を見て来ました。


はらいのかたち

  -というくくりで県内各地のわら人形が勢揃いしていました。

f0147037_21362867.jpg


  御幣(北上市立博物館蔵)もあった!江刺市稲瀬地区のものらしいです。

  お稲荷さんとなってるのがどう見ても鹿! さすが鹿踊りの里ならでは?

f0147037_21372689.jpg


ねがいのかたち  

 おしらさま(宮古市)

f0147037_21430090.jpg
 オフナダマサマ 
f0147037_21550228.jpg
 大槌町安渡の船大工さんが作った船の魂=ふなだま=の人形。

 フナダマとしてお米やサイコロ、塩、お金などとともに船のどこか(秘密♪)に埋め込みます。

あそびのかたち

 我が大萱生鉱山ゆかり(詳しくはそのうち)のクロースドール。クロースドールとは布を使った人形のことらしいです。かわいい大根足。

f0147037_21565618.jpg

 他にもちょっと珍しいものがいろいろあって楽しい。おひなさまもたくさんいらっしゃいますのでぜひ足を運んでみてください。そして講座も。

県博日曜講座

1月28日(日)13:30~15:30
ひとのかたち~「ひとがた」と「にんぎょう」
 講師 川向富貴子(岩手県立博物館館学芸員・民俗部門)
 当日受付・聴講無料 ※展示室を見る場合は入館料が必要です。


<宣伝>

博物館のミュージアムショップには「とりら」が5号から9号までそろっています。

5号と7号は事務局の方では完売状態なので、御希望の方はこちらでお求めください。


 by.事務局MA


[PR]

by torira | 2018-01-26 22:06 | 催しもの | Comments(0)

<< 今年の岩手町郷土芸能カレンダー 切り紙のあるお店 >>