とりら募金と岩手郷土芸能祭@建長寺のご報告

2017年10月~12月の間にお志を寄せて下さった皆様のお名前をここに挙げ、感謝のしるしといたします。
那須川真由美様、田村晴樹様、ありがとうございました。
今期は大船渡市三陸町吉浜 新山神社式年大祭=吉浜五年祭に行き、祭組4組にお花を差し上げました。返礼に頂いたタオルがこちらです。
f0147037_23464114.jpg


募金のお礼とは違いますが、この場を借りてSAVE IWATE の皆さまと鎌倉の建長寺さまにお礼を申し上げたいと思います。
建長寺では被災地支援として毎年、「岩手郷土芸能祭」と銘打ったイベントを行って下さっています。
いくつかのグループが企画・運営にたずさわってらっしゃいますが、「とりら」は毎年SAVE IWATEを通じて「とりら」のバックナンバーを販売して頂いています。
お世話になりっぱなしではどうかと思い、今年の11月25日・26日公演では事務局も販売に立ってみました。

建長寺…あの名刹、建長寺です。やっぱり立派〜!
f0147037_23221585.jpg

そこにSAVE IWATEの復興カレンダーや岩手のクルミなどと並べて「とりら」6号〜9号を売りました。
f0147037_232243.jpg

バックナンバーを全部買ってくださる方などもあって、まずまずの売り上げとなりました。
ありがとうございます!

今年は黒森神楽公演。
初日は「龍殿」から。武士面の二人は息もピッタリ!アメノウズメ?も出る珍しい龍殿ははじめて拝見しました。
f0147037_2321489.jpg

お寺の本堂に支援で寄贈された仮設舞台を組んで演じます。この仮設舞台、宮大工さんが作ってくださったそうでとても立派なんです〜。

二日目の「山の神」はすごかった。立ち見も出た満席の場は文字通り熱気に包まれました。うまく撮れませんでしたが雰囲気だけでも。
f0147037_23214171.jpg


黒森神楽の「五大龍」は初めて見ました。五色のたすきをご覧あれ。この後は刀くぐりと、鬼剣舞などで言うところの〝カニむくり〟になります。
f0147037_23213290.jpg


岩手郷土芸能祭は来年も行われる予定だそうです。
色々な方々がいろいろな形で支援を続けてくださっていることを知った貴重な二日間でした。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2018-01-14 23:33 | 東日本大震災 | Comments(0)

<< 盛岡市本町通2丁目 高田で悪魔祓いをする >>