石巻へ行きました

前項のげんぞうさんよりさらに前の話になりますが。
12月、初めて石巻市へ行ってきました。ずっと見たいものがあったのです。これ。
f0147037_21564665.jpg

ちょっとズームアウトしますと。
f0147037_21573330.jpg

石巻の「観慶丸(かんけいまる)」!
f0147037_2235144.jpg
なんと美しく愛らしい建物でしょうか!
昭和5年(1930)建設。藩政時代から続く老舗の陶器店です。
実は私、絵描きのはしくれで主に建物などをモチーフに描いていることもあり、観慶丸を見に行きたい!と震災前からずっと思っていたのでした。

2011年、最も多くの犠牲者を出したのが石巻市です。
平成28年1月末現在 死者3,277名・行方不明者428名。あの大川小学校はこの町にありました。
観慶丸は1階部分が浸水したものの被害は軽傷でした。一時「復興ステーション」として使われた後、建物のオーナーから石巻市に寄付され、これから新しく複合文化施設に生まれ変わる予定だそうです。

お店としての「観慶丸 本店」はほど近いところに新しく建てられ、全国の作家の器・クラフトを扱うクォリティの高いおしゃれなお店となっています。(でも、ラフな格好のおやじさんが「急須あるが?」と言って入ってきたのでニヤッとさせられました)石巻に行ったらぜひお訪ねください。
観慶丸本店 石巻市中央2-8-1 tel.0225-22-0151 10:00〜18:00 火曜定休
HPはこちら
f0147037_2238826.jpg
左に一部が写ってるのが観慶丸本店。一見パリの街角みたいな小路や右側の建物はすべて震災後に新しく作られたものです。

町を案内して下さったのは、石巻で半農半筆ライフを営むkawa-ussoさんです。彼のところも津波こそかぶりませんでしたが、地震で家が「ヘ」の字にゆがみ、しばらく暮らしにくい日が続いたそうです。

日和山公園から町を見下ろしました。
f0147037_22445396.jpg
「あのあたりに家や会社がびっしり建っていた」と説明して頂きましたが、今こうして見ても町並みを想像するのは難しい。

どの被災地もそうですが、震災前を知らない目で見ても被害の実感はわきにくいのです。被害がひどかった所ほどな〜んにもなくなっているので、まるで始めからそんな空き地だったように見えてしまうのが悩ましい。

北側を見ると、北上川の中州に、石ノ森章太郎の白く丸っこい「石ノ森萬画館」が見えます。
f0147037_22544455.jpg

津波はこの蛇行した川をぐいぐいさかのぼり、広範囲に大きな被害をもたらしました。
「市域で一番たいへんなのは旧雄勝町じゃないかな。町の中心部がなくなって、人口も減って、復旧も遅い」」とkawa-usso氏は語ります。あの雄勝法印神楽の町です。神楽の皆さんも頑張っていらっしゃいますよ。

猫の島として人気の田代島へ行けるフェリーの発着場に行きました。ちょうど船が着いたところ。
f0147037_23182836.jpg
降りてくる人々を見ると、暮らしの足としてのフェリーなのがわかる。
ここまでの間には生活感を感じる場面が薄かったのでなんとなく心温まって感激。

kawa-ussoさんと別れ、一人でぶらぶら歩いてみました。
あまり下調べしないまま来てしまった石巻。被災地に行くならがっちり調べて、というのが礼儀かもしれないけど、予備知識なしで歩いても見えるものを見たい。

歩いてみると、やたらと復興ステーションとか支援関係のオフィス、復興イベントのポスターが目につきます。震災のシンボルである石巻、復興の拠点としての石巻、古い面白そうなお店も残ってる石巻。だけど住人が歩いていなくてちょっと寂しい町。

石巻は水揚げ漁種日本一の漁港を持っています。お土産にはやはり地元のカマボコを買いました。帰りの電車の中でつまみ食い=美味しい!
もう1つ、気仙茶のほうじ茶も買いました。地元の河北茶生産組合で作られているこれが気に入りました。焙煎が軽くて飲みやすくて
f0147037_2330470.jpg
なんとか継続して手に入れたいと思い、盛岡の「ちいさな野菜畑」(TEL 019-661-7170)さんにお願いしたら、扱ってもらえることになりました。うれし〜
お手頃価格でおいしいのでぜひお試しください。岩手県ではここだけの販売ですよ。

「ちいさな…」は食とくらしのセレクトショップです。
ちょい辛口の世評とおやじギャグ満載のブログが面白いのでURL貼っておきます。

「震災後、まだ一度も沿岸に行ったことがない。どんな気持ちで行けばいいかわからない」という声を時々聞きます。でも、とりあえず行ってみるというのでいいと思います。
行ってわかることがある。そして楽しい発見がきっとあります。楽しんでいいと思います。

フェリー発着場にいた三毛猫。無事に春を迎えたかな。
f0147037_23342322.jpg

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-03-10 00:42 | Comments(0)

<< 宴の後 一戸町根反のお正月 >>