禁忌

ふるさと岩手の芸能にまつわる禁忌(きんき)というのは数多くあります。
親族が亡くなったときに、しばらくは芸能の活動に参加しないとか。
「しばらく」の中身も色々で、49日だったり100日だったり。
親族の範囲はいろいろで。
しかし、芸能団体によっては
「みんな親戚」
みたいなこともあるんですよね。
そうすると、集落でひとたびご不幸があると、しばらく団体まるごと活動できなくなることも出てきます。

あとは
「酒のんでやったらダメ」
「肉くっちゃダメ」
というのもありますね。
f0147037_1947873.jpg

こちらの二歳児は秋ナス遠慮なく食ってます。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-09-28 19:48 | たべもの | Comments(2)

Commented by わたなべ at 2013-09-28 20:33 x
はじめまして。
私は、写真が好きで、地元以外の祭りとかを見に行く機会がありますが
祭りの風習で、行っては駄目なことは多々あり
よく怒られたりしました・・・・・・(^_^;)

本当なら、その祭りの人に色々聞くのが良いとは判っているのですが
たいてい、祭りを行っている場面に出くわして写真を撮ることが多く
心に余裕がない時が多いです・・・・(^_^;)

伝統芸能ってのは
基本的には、その地元だけのもので
よそ者が見に来るってのは想定してないし
場所によっては拒否するのでしょうね。

伝統芸能って、知れば知るほど、奥が深いものなのですね。
Commented by げんぞう at 2013-09-29 19:51 x
「明日はおまつりだから、餃子をガマン」
と気を使ったのに、現地に着いてみるとみんなホルモン鍋つついてた。
・・・みたいなこともあったりします。

よそ者はもちろんのこと、身内の中でも
「昔はきびしかったけどねえ」
「いや、それはダメでしょう」
とやりとりがあったり。

そんなやりとりができる関係をどう築けるかというのもポイントなのかなあと思っています。

<< 本日です!早池峰神楽共演 大槌まつり2013 >>