小本に烏帽子を借りに行く

町境の長いトンネルをくぐると岩泉は青空でした。
8月30日の台風10号以降、初めて455号線を盛岡から小本まで通して走りました。いえ乗せて頂いたのですが。
岩泉のうれいら通りの銘店「横屋手しごとや」に寄って手作りのミニ箒など買っていたら、ツルカメ七頭舞の関係者にばったり会ったりして。
「台風では途中の道が通れなくなっちゃって大変だったー」とおっしゃっていました。

今日の目的の1つは、日頃「とりら」でお世話になっている「道の駅いわいずみ」をお見舞いすること。今は、産直スペース棟のみで営業しています。
f0147037_200085.jpg
引き戸の取っ手より高いところに赤い線があるでしょう?そこまで水が入りました。
f0147037_2031040.jpg
この施設はちょこっと高床式になっていますから、ふつうの建物はもっと高いところまで浸かってしまったわけです。痛ましいことです。
f0147037_2033182.jpg
お店の内部。お酒と龍泉洞珈琲だけではなく、岩泉のお菓子、野菜とくだもの、オリジナルのおかず味噌などが買えます。
店長さんからは「来年のGW頃には全体を再開したいと皆がんばっています。『とりら』もまた扱います。どうぞよろしくお願いします」というメッセージを頂きました。冬来たりなば春遠からじ といいます。来年春を楽しみにしています!

今回の小本行きでは、当事者の方のご都合もあり、中島・中里の両七つ舞の再開を支援されている、中野の山本さんにお世話になりました。中野七頭舞の、あの山本さんです。
f0147037_20161378.jpg
中島七つ舞の衣装や道具は旧中島分校に保管されていましたが、衣装とかぶり物が泥水に浸かってしまいました。
f0147037_20185074.jpg
私は盛岡市内で活動する中野流ツルカメ七頭舞の一員です。これまで衣装や道具はある程度自分たちで作ってきました。なので何かお手伝い出来ないかと考えたのです。
よく見ると中野と中島ではかぶり物の意匠が少し違っていました。
衣装については支援が決まったそうです。私たちは烏帽子作りに取り組んでみたいと思います。見本に使うため、烏帽子と鳥兜をお借りしてきました。
f0147037_20191348.jpg


中島七つ舞、2011年@郷土芸能祭にて。
f0147037_2025326.jpg
こちらは中里七つ舞@2014年の秋です。
f0147037_20271029.jpg


小本の鮭孵化場にも案内して頂きました。中野七頭舞保存会のお一人が小本漁協で働いていらっしゃいます。
f0147037_2031869.jpg
「台風直後はここが全部流木なんかで見えなくなっていました」と山本さん。このところずっと不漁だったサケ、今回は孵化場が壊滅状態になりきびしさが増します。「小本サケまつり」の復活は二重に遠のいてしまいました。

この日はすさまじい風が吹き荒れ、小本の海を見てたらお気に入りの帽子を飛ばされてしまいました。わーん。
f0147037_2101627.jpg


…というわけで今夜の夕食は、小本のお店で買った荒巻のアラで三平汁を作りました。うまい〜♪
あぁ小本の鮭、カム バ〜ック!
f0147037_2103331.jpg


 by.事務局MA

[PR]

# by torira | 2016-12-03 21:18 | 台風10号 | Comments(0)

「短歌雑誌ネガティヴ」と「とりら」

豪華すぎるフリぺ、といわれる『短歌雑誌ネガティヴ 』の-17號を、制作者から頂きました。いつもありがとうございます。
今回はなんとネガティヴせんべい付きでした!豪華!せんべいが割れちゃってますがご容赦を。
f0147037_2359598.jpg

現代短歌の雑誌(なんと無料!)です。
作者名を伏せて採点投稿を呼びかけ、次の号で結果と作者を公開するというものです。
今号で私が気に入った歌(たくさんあるけど)から二首。

今ならば誰も見てない大丈夫飲んでもいいよどん兵衛のつゆ

街中の花屋をぜんぶ閉めさせて赤いワンピースで会いに行く


ちょっと甘酸っぱかったりほろ苦かったりする若い歌が多いです。
編集制作のメインは、「とりら」4号(在庫ナシ)では「ナニャドヤラの分布と種類」を、8号(在庫あります)では「なもみがやって来た ヤァ!ヤァ!ヤァ!」を書いていらっしゃる瀧音幸司さんです。
短歌の採点投稿、だれでも可です。次號(-18號)分の〆切は2017年1月31日(火)
お問い合わせは negative57577@gmail.へどうぞ。

で、「なもみ」って何?という方は、とりら8号をぜひご一読ください。
ご注文は toriratorira@yahoo.co.jp まで。どうぞよろしくお願いします。

 by.事務局MA
f0147037_23534777.jpg

[PR]

# by torira | 2016-11-28 00:10 | 冊子「とりら」 | Comments(0)

【国重要無形民俗文化財指定10周年記念公演】 黒森神楽 神人和楽2016

f0147037_20411686.jpg

日時 11月27日(日) 9時30分~16時
場所 グリーンピア三陸みやこ「潤鳳の間」

<プログラム>
f0147037_142810100.jpg

 ※入場無料。飲食自由。会場内に売店を設置します。

台風10号で被害のあった川井地区から神楽2団体がゲストでご出演です。
車のない方は、宮古駅前から会場までの臨時バスがありますのでご利用ください。(ちょっと見づらくてすみません)
f0147037_1429584.jpg


問合先=教育委員会文化課市史編さん室
tel.0193-62-6447 FAX.0193-62-6447

by.事務局MA
[PR]

# by torira | 2016-11-23 14:31 | 催しもの | Comments(0)

神楽とジェンダー

20日(日)は恒例となった盛岡観光コンベンション協会主催の芸能公演「おでって芸能館」です。
今回は「女性神楽衆が舞う」とタイトルされています。
f0147037_20315071.jpg

神楽だけでなく、先日の南下幅念仏剣舞を始め民俗芸能各分野で女性の活躍が当たり前になってきました。

「昔からの伝統を守って女性(または女の子)は入れない。」という団体もまだそれなりにありますよね。
色んな場面で言われるこの「昔からの伝統」というのが、時には意外に歴史が新しくて明治以降のしきたりだったりします。
今回の遠野市飯豊神楽の場合は、江戸時代から女性が舞ってよし、というお墨付きをもらっていたそうですが。

芸能の世界では、性別はかなり自由に入れ替わります。
女性が男装して踊ったのが歌舞伎の始まり。今は男性が女装して演じる世界です。
宝塚は少女歌劇としてスタートしたオール女性の芸能世界。他にもいろんな芸能で男女は違う性を演じたりします。
性別を自由に行き来する世界にひたって、観客は日常のうさから解き放たれるのでしょう。

神楽を舞うきれいな女性たちを見るのが楽しみなおじさまも、神楽世界に憧れる女子も、3団体の舞をぞんぶんに堪能できると思います。ちなみに舞手には男性もおります。拍手は男女の区別なく盛大にお送りくださいね。

第46回  おでって芸能館~女性神楽衆が舞う~
11月20日(日)開場13:00 開演13:30
出演・金澤神楽保存会(大槌町)・飯豊神楽保存会(遠野市土淵)・土沢神楽保存会(花巻市東和)
会場:盛岡市中の橋町プラザおでって3階  おでってホール(前売800円、当日1,000円)
問い合わせ先:プラザおでって TEL.019-604-3300


 by.事務局MA
[PR]

# by torira | 2016-11-18 21:12 | お役立ち情報 | Comments(0)

ことしは幸田神楽

f0147037_12202280.jpg

東日本大震災復興支援 岩手郷土芸能祭 in 鎌倉
震災復興を支援して下さるこの岩手郷土芸能祭、4年目の今年は花巻市の幸田神楽がお招きを受けました。

8月に幸田神楽鑑賞会を見て来ましたが、若者連のレベルがまた一段とアップしていましたよ〜。荒舞だけでなく女舞もどちらも素晴らしい出来でした。
f0147037_23345733.jpg
f0147037_23353782.jpg


今回は、早池峰大償神楽の佐々木隆さんが鎌倉まで出向き、神楽のお話をして下さるそうです。
神楽漬けの充実した時間をお楽しみください。
日時:11/19(土)17時開演  11/20(日)10時開演
前売券 大人 3,000円(小学生以下無料)入山料別途 当日券 大人 3,500円(以下同)
会場:大本山 建長寺
問:岩手郷土芸能祭in鎌倉実行委員会
080-2120-7379 iwate.kyoudogeinou.15@gmail.c

会場では、三陸復興カレンダー2017年版が販売されます。収益はすべてSAVE IWATEが行う復興支援の活動費に充てられます。
f0147037_23395584.jpg
1冊1000円 (税込)。
郵送ご希望の方は メール  calendar@saveiwate.jp TWL.019-601-6482、FAX.019-601-6483 までどうぞ。

そして「とりら」5号〜8号も鎌倉の会場で販売して頂けることになりました。
f0147037_13433525.jpg

19日・20日、たくさんのご来場をお待ちしています。

 by.事務局MA
[PR]

# by torira | 2016-11-17 23:53 | お役立ち情報 | Comments(0)

念仏剣舞を育てた里

10月16日、奥州市胆沢区南都田の公民館で行われた南下幅念仏剣舞の二百年を祝う
追善供養と巻物伝授式にお邪魔してきました。
f0147037_1518496.jpg

岩手の芸能で人気が高い鬼剣舞。南下幅念仏剣舞はその鬼剣舞の 源流と伝えられています。

仏教(密教)的な四方をあらわす四門=こちらでは「櫓(やぐら)」と呼ばれています=が「戌亥」の方角に立てられています(今回は都合上ちょっと角度が違うというアナウンスがありました)。四本の柱それぞれに東西南北をあらわす青白赤黒の布が巻かれ、中央の祭壇には黄色い布が。
先人供養の儀として、櫓をまわる「四方巡り」などが行われました。
f0147037_15232949.jpg

その後にお坊さんの読経と焼香があり、念仏剣舞が仏教に根ざした芸能であることをあらためて認識しました。

私は念仏剣舞が好きですが、正直言って演目構成については全然よくわかっていません。
詳しくは南下幅念仏剣舞保存会事務局の方が綴ってらっしゃるブログ「イマ、ココ、アシタ」や、県南の芸能を網羅する「祭の追っかけ」さんのブログを見て頂きたいと思います。

f0147037_1546316.jpg
「三方七巡り」を演じた「イマ、ココ、アシタ」の方には、次号の「とりら」で南下幅念仏剣舞を紹介して頂きます。まだ発行の見通しが立ちませんが(すみません!)お楽しみに。

雛子(保存会では「胴取り」というそうです)は最初、櫓の下にいますが、踊り手が動き出して大人の囃子が始まるにつれ、前に出て胴をめぐりながら打ちます。
f0147037_1617537.jpg
f0147037_1626214.jpg

周囲で目に付いたのは、稲束を積み上げた見事な「ホニョ」です。そして立派なお屋敷の数々。
f0147037_15372171.jpg

今、剣舞供養塔は、明治時代にいちはやく耕地整理事業を行った地元の賢人、粟野善知翁の顕彰碑の敷地内に安置されています。
f0147037_15381017.jpg
先人の努力が南都田を豊かな穀倉地帯に保ってきました。長い剣舞継承の背景には、当事者の努力に加え、こうした地域の自治力と経済力があるのでしょう。
f0147037_1541135.jpg

ちょっとエッチな「カッカタ」をうら若い女性が踊ると聞くと驚きますが、堂々と演じてらっしゃって拍手。種を蒔く所作は神楽の「山の神」などでコメを蒔く場面に通じるかな、などと考えていました。
f0147037_1555366.jpg

八人で刀くぐり!
f0147037_1693666.jpg

そして近くには「角塚古墳」があります。日本の最北端に位置する古墳で、岩手県唯一の前方後円墳です。古くからの歴史を持つ地域なんですね。
f0147037_1538594.jpg
f0147037_1623288.jpg

伝統がありながら後継者難に苦しんだ時期もありましたが、庭元さんはじめ関係者の努力により地域外の人や女性をメンバーに取り込み、新たな興隆期を迎えています。新しい庭元さん、太夫のみなさん、剣舞女子+1と子ども達の皆さん、これからも御活躍下さい!
f0147037_16374315.jpg


 by.事務局MA
[PR]

# by torira | 2016-11-13 16:44 | 芸能 | Comments(0)

えびすまきもある

f0147037_7381628.jpg
by げんぞう
[PR]

# by torira | 2016-11-12 07:38 | 催しもの | Comments(0)

金ケ崎

f0147037_23314796.jpg

by げんぞう
[PR]

# by torira | 2016-11-11 18:31 | 催しもの | Comments(0)

食。

f0147037_23301369.jpg

by げんぞう
[PR]

# by torira | 2016-11-10 18:29 | たべもの | Comments(0)

萩荘

e0330789_23262936.jpg

by げんぞう
[PR]

# by torira | 2016-11-09 23:28 | 催しもの | Comments(0)