高田の七夕2017〜気仙町けんか七夕編

最近まで、気仙川の西岸が気仙町だとばかり思い込んでいました。
実際には東岸の一部も気仙町でした。
気仙町のかさ上げ工事に伴い、けんか七夕は去年と今年、東岸というか340号線の西側というか、気仙町奈々切で行われています。

山車の保管や制作をどこでどのように行っているのか尋ねたいと思うのですが、6年という時間の経過と共にそんなことも聞きづらくなっている自分に気がつきました。

重たげな曇り空の下、気仙組の山車が来ました。
f0147037_22541155.jpg

今泉組の山車も来ました。…長い!
f0147037_2255073.jpg
毎年お目にかかる真っ赤なTシャツの人々。茨城県のスーパーマーケットの会社は毎年200名以上のボランティアでやってきて、けんか七夕の山車2台の引き手になります。2011年からずっと継続して高田にいらしています。

本来なら地元町内の住民が競い合うお祭りですが、東日本大震災という大きな出来事のために変則的な形で祭が続けられているわけです。変則的ではあるけれども、この長い赤Tシャツの線を見たときに改めて高田の人たちの意志を感じたのでした。
元の形とは違っていてもまずは続けて行こう!他の町他の人の力を借りてでもこの町の再生の火種を絶やさないで行こう!
このカッコイイお兄ちゃんもきっとそんな気持ちで今日を迎えてるんじゃないかな。
f0147037_22564931.jpg


今年のケンカ!どーんという音がお腹に響きます。
f0147037_22313663.jpg

ナンバンが雨でだいぶ落ちちゃったけどそれはそれ、ってことで。
f0147037_22251590.jpg


立教大学の学生さんが今日を目標に和太鼓プロジェクトを組んで、ここで「和光太鼓」を披露しました。中心となったのは同大学に在学する気仙町出身の学生さんだそうです。いい話ですね。
f0147037_22554929.jpg


バスの窓から見えた希望の一本松。盛り土や重機があって少し存在感が薄くなっているかもしれませんが、やがてまた別の背景が現れるでしょう。私たちは別な希望を見ることが出来るのだと思います。
f0147037_2257910.jpg


 by.事務局MA
[PR]

# by torira | 2017-08-23 22:16 | 東日本大震災 | Comments(0)

滝沢市大釜

f0147037_21380223.jpg

by げんぞう

[PR]

# by torira | 2017-08-23 21:37 | おまつり | Comments(0)

盛岡市三本柳

f0147037_21585761.jpg


by げんぞう

[PR]

# by torira | 2017-08-22 22:04 | おまつり | Comments(0)

高田の七夕2017〜高田町うごく七夕編

ことし陸前高田市の高田町に総合商業施設「アバッセたかた」が出来ました。
8月7日、川原祭組の七夕山車がアバッセの横を通っています。雨が降ったり止んだりで、せっかくの山車がビニールをかけられていて惜しいけど、長時間の雨でなくてホント良かった。
f0147037_2374174.jpg

長砂祭組です。震災後、背景に生きている建物があるの、初めて見た。何も知らなければ何でもないこの光景が、やたら感動的です。
f0147037_2383348.jpg

アバッセのアーケードに飾られたミニチュア山車。梶棒も付いているので感心してしまいました。
f0147037_23151512.jpg

せっかくの山車が…ミスをたたんだ状態の森前祭組。雨がうらめしいです。
f0147037_2392822.jpg

ブルーシートをかけた山車が並んでいます。七夕祭までの一年間、どこに山車の骨組みを置けるかというのが、毎年の課題です。
f0147037_2310890.jpg

荒町祭組は大小2つの山車。
f0147037_2312764.jpg

大石祭組。
f0147037_23122641.jpg

早々に暗くなってきて、大町祭組の山車に灯が入りました。
f0147037_2314953.jpg

松原祭組は青とか緑とか寒色系がお得意ですね。「己に克つ」か…。
f0147037_10525950.jpg

星が輝く中央祭組の山車。クリーニング屋さんは商売順調かしらん。
f0147037_10541468.jpg

アバッセのアーケードで雨宿りしながら、ビール飲みながら見てる人たちがいる。明かりがあるって、見てる人がいるって良いなあ。なんか安心する。
f0147037_10585098.jpg

よくここまで毎年休まないでがんばって来ましたよね〜。

いつもお世話になる川原祭組の方のお話。
「うちの組には、いつも来てくれている東京の大学の学生さんたちと、大阪の大学のOBの方達と、あと神奈川の大和市から毎年公募して山車に参加する子ども達がいるんです。今年はまだ山車を引けるルートが限られているけど、来年は店舗も増えるしもっと祭らしくなりますよ。」と盛り土して整地された新たな高田町を指さして下さいました。
f0147037_1133360.jpg
ではまた来年お会いしましょう!

 by.事務局MA
[PR]

# by torira | 2017-08-22 20:23 | 東日本大震災 | Comments(0)

盛岡市仙北二丁目

f0147037_13192928.jpg

by げんぞう

[PR]

# by torira | 2017-08-21 13:19 | おまつり | Comments(0)

盛岡市向中野2丁目

f0147037_16064547.jpg

by げんぞう

[PR]

# by torira | 2017-08-20 16:24 | おまつり | Comments(0)

盛岡市

f0147037_22022686.jpg
盛岡市手代森 大沢 盆踊り大会の跡?


f0147037_22022638.jpg
盛岡市巻堀


by げんぞう

[PR]

# by torira | 2017-08-18 19:00 | おまつり | Comments(0)

盛岡市東見前1地割

f0147037_15535882.jpg

by げんぞう

[PR]

# by torira | 2017-08-17 19:53 | おまつり | Comments(0)

とりら9号のお詫びと訂正について

先日出来上がった「とりら」9号は、もっか盛岡市と花巻市の書店などでお買い求め頂けるようになりました。
釜石から山田町・宮古市にお住まいの方は、届けてくれる移動本屋さん:信栄書店(tel.080・1668・4649)へお問い合わせください。

ここからが重大なお知らせ、というかお詫びです。
巻頭の記事「南下幅念仏剣舞と私」の中に間違いがありました。
5ページ上段の後半、
「2016年秋に庭元の代替わりが行われ、現在は髙橋哲氏さんが第33代庭元である」という部分は、「髙橋哲也さんが第34代庭元である」が正しい文章です。
f0147037_2041921.jpg

編集子のミスにより庭元さんのお名前と肩書きを間違え、ご本人はもとより、今回執筆してくださった那須川真由美さん始め、南下幅念仏剣舞の関係者の皆さまには大きなご迷惑をおかけしてしまいました。今回の失礼を心からお詫びいたします。
すでに入手された皆さまには、お手数ながらこの箇所の訂正をお願いいたします。

南下幅念仏剣舞は文化14年(1817)に始まる、北上鬼剣舞のルーツとも言われる伝統ある念仏剣舞です。
近年は地元の伝承者が少なくなり、活動が停滞していましたが、もっか南下幅以外の住民を受け入れることによって再興され、演目や儀礼の復活を果たして活動が盛んになりつつある団体です。
f0147037_2045836.jpg

その中で人一倍熱く剣舞習得と活動の展開に力を注がれてきた那須川さんの健闘ぶりが読める6ページになっています。
最後の先生の言葉には、誰もがぐっと心をつかまれることでしょう。
ぜひご一読ください。
直送を御希望の方は e-mail toriratorira@yahoo.co.jpへどうぞ。

 by.事務局MA
f0147037_2071771.jpg

[PR]

# by torira | 2017-08-16 20:11 | 冊子「とりら」 | Comments(0)

盛岡市

f0147037_16064780.jpg
盛岡市湯沢

f0147037_12470733.jpg
盛岡市本宮字大宮
(立派なご神木で昼でも日がさえぎられ、涼しい境内。
画像もこんな感じ) 


f0147037_12470105.jpg
盛岡市下太田林崎


f0147037_12470154.jpg
盛岡市上鹿妻


by げんぞう

[PR]

# by torira | 2017-08-14 21:23 | おまつり | Comments(0)