<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ミニ写真展「いわてのしし踊り~戦後写真に見るししのかたち~」

【企画名】ミニ写真展「いわてのしし踊り~戦後写真に見るししのかたち~」

【期間】平成28年10月28日(金)~11月6日(日) 

【会場】盛岡市上田松屋敷(西松園) 岩手県立博物館
    総合展示室「庶民のくらし」まつりと芸能コーナー
(トピック展「絵馬に描かれたネコ」の横にて開催)

【展示内容】10月29日開催の芸能鑑賞会「遠野郷のしし踊り~駒木鹿子踊公演」関連企画として、ささやかではありますが館蔵写真展示を行います。鑑賞会とあわせてお楽しみください。昭和44年(およそ50年前)の遠野まつりに参加する駒木鹿子踊の様子を紹介します。芸能鑑賞会に世話役や囃子として参加するベテラン勢の皆さまの幼少時代を写した記録です。あわせて、昭和24年から42年の間に撮影された各地の「幕踊り系しし踊り」の姿を1コマずつご紹介いたします。
 ※いずれも森口多里写真コレクション

 (1)青笹村〔昭和24年8月、県公会堂 第4回岩手郷土芸能祭にて/現遠野市青笹しし踊りヵ〕
 (2)徳田村徳丹〔昭和25年8月、県公会堂 第5回岩手郷土芸能祭にて/現矢巾町〕
 (3)煙山村〔昭和27年8月、県公会堂 第7回岩手郷土芸能祭にて/現矢巾町〕
 (4)矢幅村矢次〔昭和30年8月、白山神社へ向かう場面/現矢巾町矢次獅子踊ヵ〕
 (5)附馬牛〔昭和31年8月、早池峰神社境内にて/現遠野市上柳しし踊りヵ〕
 (6)二日町〔昭和32年8月、伊勢堂前にて/現紫波町二日町鹿踊ヵ〕
 (7)紫野〔昭和32年12月、個人宅にて/現紫波町紫野鹿踊ヵ〕
 (8)青笹〔昭和32年12月/現遠野市青笹しし踊りヵ〕
 (9)川内〔昭和33年9月、好心寺境内にて/現宮古市川内鹿踊りヵ〕
 (10)菅窪〔昭和35年7月、葬式の出棺前の場面/現田野畑村菅窪鹿踊ヵ〕
 (11)根反〔昭和38年9月、二戸郡福岡小学校 第17回岩手郷土芸能祭にて/現一戸町根反鹿踊りヵ〕
 (12)花輪〔昭和39年1月/現宮古市花輪鹿子踊ヵ〕
 (13)小沢〔昭和39年1月/現宮古市小沢鹿子踊りヵ〕
 (14)末角〔昭和39年2月/現宮古市末角鹿踊りヵ〕
 (15)大槌〔昭和39年5月、県立遠野高等学校 第18回岩手郷土芸能祭にて/現大槌町〕
 (16)徳並〔昭和41年3月、ほとけ供養の場面/現大槌町徳並鹿子踊ヵ〕
 (17)五日市〔昭和41年10月、沼宮内稲荷神社例祭にて/現岩手町五日市獅子踊ヵ〕
 (18)津軽石〔昭和42年8月、津軽石稲荷神社例祭にて/現宮古市法ノ脇鹿子踊ヵ〕

【費 用】要入館料(ただし、11月3日の文化の日は入館無料となります。)



以上は、博物館HPに掲載されている紹介からの引用です。
ポイントは、「森口多里コレクションの写真を大きめの版で見られる」というところです。
岩手県立博物館では、「森口多里コレクション」を所蔵しています。
森口多里は1940年代から80年代にかけて岩手県を中心に民俗,民俗芸能を調査した方。
民俗芸能・年中行事・冠婚葬祭・民具などの写真もたくさん残しています。
その多くが「岩手県立博物館調査研究報告書」にも掲載されています。
が、報告書の図版はどうしても小さいもの。
ここはやはり大きく引き伸ばしたものを見たい。
今回の写真展はその意味で、またとない機会。
森口多里コレクションは、「おしらさまの箱」や「香炉箱」といった記録写真にネコが写りこんでいたり、なんだか変わってます。
「幕踊り系しし踊り」に興味がない方にもおすすめです。
f0147037_21414975.jpg

by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-10-28 21:42 | 催しもの | Comments(2)

ネズミ

きょう、わたしは、はたけにいもほりにいきました。
そして、大きい30センチくらいのさつまいもがとれました。
わたしがボケーッとしていて、お父さんがスコップでほっていたときに、おとなのネズミがとびだしてきました。
なんとなくひまだったのでべつのれつのはじをほったら、草で作ったようなふんわりとしたものが出てきました。
そして、お母さんが、
「なんかここあなあるのかな?」
みたいなことを言ったので、ほってみたら、小さなふわふわした赤ちゃんネズミが出てきました。
f0147037_22151427.jpg
それから、おくにうでをつっこんでいくと、ほかに、5ひきくらいいました。
そして、もう1つあなのようなものがあったのでほったら、たった1ぴきだけどいました。
そしてまた、お父さんが、スコップでほっていると、さっきのおとなの1.5倍くらいの大きさのネズミが出てきました。
うちでネズミはかえないので、さっきの草のふわふわにいれて、日かげにおいてあげました。
そして、そのれつでほったいもを見たら、かじられていたのがありました。
by Raekwon
[PR]

by torira | 2016-10-27 20:10 | 園芸部 | Comments(0)

写メの設定を誤る

f0147037_2153554.jpg
by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-10-26 21:53 | 催しもの | Comments(0)

天気晴朗なれど

秋晴れの日曜日、ピッピッという呼子とにぎやかな声が聞こえてきました。
今日はご町内の秋祭りです。
おっ 提灯持ちはキミですか。お若いのにこの大役を。
f0147037_18272046.jpg

以前は御輿をかついで「ワッショイ ワッショイ」とお出ましだったんですが、最近は太鼓を打つ女の子を三人乗せた山車仕立てに発展し「ヤ〜レ ヤ〜レ」のかけ声になっております。
f0147037_1828363.jpg

わが家の前に来た山車に手を振っていると…んっ?トラブルが発生したみたいですね。
f0147037_18305849.jpg
山車は一輪車(災害時の泥出しに大活躍する、あれ)のタイヤを4つ付けた、町内有志による苦心の力作なんですが、その一輪車のタイヤがパンクして車軸も折れちゃったみたい。
そう簡単には直せそうにない…。

というわけで山車に乗せていた御輿を卸し、ここから祭り行列は「ワッショイ ワッショイ」に変わって角を曲がって行きました。
f0147037_18291015.jpg

最近、りんご園の一画が宅地になったおかげもあって子どもが増えたようです。めでたい。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-10-12 18:34 | おまつり | Comments(0)

奥州市胆沢区

f0147037_11365714.jpg
by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-10-07 18:37 | 催しもの | Comments(0)

2016年7月〜9月の「とりら募金」ご報告

少し遅くなりましたが、2016年7月〜9月の三ヶ月間に頂いた「とりら 岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金」に対し、お志を寄せて下さった皆様のお名前を挙げ、感謝のしるしといたします。

那須川真由美様、橋本和幸様、久保田裕道様、鈴木雄二様、髙橋美香様、貴重なお志をありがとうございました。

頂いた募金は現在は主にお花(ご祝儀)として各団体等に差し上げています。
今期は、宮古市津軽石のお祭りで、今回ついに復活した法の脇獅子舞を始め、津軽石さんさ踊り、新町大神楽にお花をお贈りしました。
f0147037_2127439.jpg

また今回から募金の対象を広げ、8月30日の台風10号による被害の大きかった岩泉町、宮古市川井・新里地区、久慈市などの芸能団体へもお見舞いを差し上げて行きたいと思います。
画像は岩泉町小本の中島地区で踊られてきた中島七つ舞です。
f0147037_21252682.jpg
毎年10月に行われてきた七頭舞が勢揃いする小本のイベント、今年は「あおぞら復興市」から、震災前の「おもと鮭まつり」として復活させるという計画だったのが流れてしまいました。
秋のイベントが軒並み中止となり、なかなか芸能団体にお会いする機会がありませんが、9月14日には盛岡八幡宮例大祭に奉納にいらした宮古市川井小国の江繋早池峰神楽にお見舞いを差し上げました。

画像は2010年の岩泉町尼額。焼き畑の実験を見学に行った時に撮った、干し草のハセ掛けとアートな薪積みです。
f0147037_212256100.jpg
今日のニュースで「台風で干し草ロールが流されてしまい…」という酪農家の方の話が紹介され、心が痛みました。
北上山地の暮らし方は私たちに多くの示唆を与えてくれます。ボランティアには行けないけど何かを…とお思いの方は図書館などで関連の本を探してみて下さい。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-10-06 21:43 | 東日本大震災 | Comments(0)

2がっきにがんばりたいこと

f0147037_2257531.jpg
わたしが2がっきにがんばりたいことは、じゅぎょう中に手をあげることです。
わけは1がっきに手をあげるのがよくできていなかったからです。
もう1つ2がっきでがんばりたいことがあります。
それはなわとびの二重とびです。
一回か二回はとべますが、できたら五回い上はとべるようになりたいです。
by Raekwon
[PR]

by torira | 2016-10-03 22:58 | お役立ち情報 | Comments(0)

さいきん読んだ本

わたしは、理科の手品の本をかりています。
その本には、ふしぎな手品がいろいろのっています。

わたしがその本を見ていて、ある手品を見つけました。
びんの中にゆでたまごを入れる手品です。
これは前からしっていました。
f0147037_21263211.jpg
でもゆでたまごのとり出し方は知りませんでした。
でもその本には、のっていて、すごいと思いました。
ほかに、風船を竹ぐしにさしてもわれない手品、コップの中のコップがきえる手品などいろいろあります。
この本を見て、わたしもやってみたいと思いました。

by Rawkwon
[PR]

by torira | 2016-10-01 21:27 | 資料紹介 | Comments(0)