<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

〆縄関連

年末から年明けにかけての話なんですが。


東京出張もいくつかあって、何かついでに買い出しでも出来れば、と思ったり。
で、イスラム向けの「ハラルフーズ」を扱う都内の店に2回いってみました。
スパイスが欲しくて行くんですが、なんだか不思議なものがいろいろあります。
自分が行く店はものすごく狭いんですが、行くと必ず中央アジアっぽい人が数名います。
店員は一人のようで、あとはなんとなく居る、ということなのでしょう。
あれこれ見て選ぼうかと思って棚を見ていると、店員さんが
「なにかおさがしですか」
と声をかけてきます。
で、1回目はクミンが欲しかったので
「クミンはありますか」
ときいたら、
「えーと、えーと、うーん、うーん…」
と棚を探し始める。
「これ」
と言って出されたのを見ると、違う。
「それはキャラウェイ」
で、また
「えーと、えーと、うーん、うーん…これ」
「いや、それはディル」
最終的には、何も表示がない、ただの小さなビニール袋に入ったクミンを出してきてくれました。


2回目に言った時に、こんどは
「フェネグリークありますか」
ときいたら
「えーと、えーと、うーん、うーん…これ」
「いや、それはフェンネル」
と。
例によってそういうやりとりのあと
「これ?カスーリメティ」
「そうそうそう、それそれ。カスーリメティ」
と入手できました。

ついでにいろいろ棚を見ていると、
「isobgul bhushi」
という袋が香辛料とは別のところにあって、わずかに英語で
「medisinal seed agrobased」
と書いてました。
「これはクスリですか」
ときくと、
「くすりとはちがう。
コップにスプーン1ついれて、水をいれて、次の朝のむ。
おなか具合わるい時。
すっきりする。
べんとか」
とのこと。

せっかくなんで買ってきましたよ。
家族とは
「なんじゃこりゃ」
「試す機会あんのかねえ」
「ほかの香辛料と区別つかなくなると困るから、マジックで書いとくか」
「いや『腹の薬』って何だよ」
と、ひとしきり話題になりました。
f0147037_1049620.jpg




話は変わるんですが、お正月にお手製の〆縄をつくったんです。
消費者むけの交流会に持参するために、秋口に農家からもらった稲の株があって。
それをそのままとっておいたのがあったので。
あま、ひと束あると、門口やらトイレやらにつける〆縄をいくつか作っても、けっこう余るんですね。

で、余ったワラを使って、年明けあたりから納豆づくりを始めたんです。
1回目は煮た大豆とワラを保温鍋に入れて。
温度が充分じゃなかったみたいで、再加熱をくりかえして1週間ぐらいかかりました。
面倒なので、使ってないヨーグルトメーカーを使って2回目をつくりました。
ほのかに暖かい程度ですが、温度をキープできるのが強みで、こちらは一晩で納豆になりました。

気をよくして3回目もヨーグルトメーカーでやってみました。
ところが、結露の加減なんでしょうか。
フタが密閉されてしまったらしいんですね。
アンモニアくさくなりました。
糸もひかない。
市販の納豆を少し加えて再加熱してみたんですが、ぜんぜん糸ひきません。
仕方ないから味噌汁に入れて納豆汁にしてみました。

子どもに食わせるのは心配なので、自分ががんばって食べました。
ところが、いちにちじゅう、なんだかムカムカして具合わるい…。


そうなるともう、アレですね。
「isobgul bhushi」の出番ですよ。
白い、パサパサした粉。
パン粉をもっと細かくしたような感じでしょうか。
ぬるま湯にといてのんでみました。
無味無臭で透明な、どろっとしたやつ。

さて、気になる効果のほどですが…


…よくわからないんですね。

  by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-04-30 10:55 | お役立ち情報 | Comments(2)

視力低下との戦い

f0147037_9201875.jpg

5月5日(木 祝)
志和稲荷神社 例大祭
紫波町 志和稲荷神社にて
11:00大祭式,12:00郷土芸能奉納

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-04-29 09:20 | おまつり | Comments(0)

熊本県および九州地方の皆様へお見舞い申し上げます

熊本地震によって被災された皆さまへお見舞いするとともに、犠牲になった方々へ心からお悔やみ申し上げます。

余震が続くなか、多くの方が不安で不自由な日々を過ごされていると思います。
そして沿岸被災県では多くの人が東日本大震災が起きた5年前とそれからの事を思い起こされていることでしょう。
あのときのお返しをしよう、という動きが行政レベルだけではなく市民からも出ています。

岩手の被災地では、陸前高田市の「桜ライン」が早くも「熊本地震に際した義援金」をたちあげています。
2011/3/11に発生した東日本 大震災。その津波の到達点に桜を植樹し、桜のラインを作って後世に 伝えていこうというプロジェクトです。
陸前高田市内のあちこちに募金箱を設置したほか、振り込み口座も開設しています。

詳しくは桜ラインのこちらのページをご参照ください。

「とりら」で出来ることはなにがあるか、少しずつ情報を集めようと思います。

  by.事務局MA
f0147037_1426365.jpg

[PR]

by torira | 2016-04-21 14:09 | 東日本大震災 | Comments(0)

上野で「とりら」が買えます

これまで首都圏で「とりら」が買えるのは国立市の「レコードショップ・アポロ」のみでしたが、この度、上野駅から徒歩3分で購入出来るようになりました。

ROUTE BOOKS(ルート・ブックス)は、本と植物と雑貨があってコーヒーも飲めるお店。
山手線 上野駅すぐにありながら10年使われていなかった建物をリノベーションしたビル。その4階にROUTE BOOKSがあります。
f0147037_11361167.jpg
(画像はROUTE BOOKSのサイトより)

お、おしゃれですねー。
ここに「とりら」が置かれてるのか〜〜。
お店のコンセプトは「産地直送の穫れたて野菜のように、本当に良いと思えるものを自分たちの手で届けたい。」だそうです。「とりら」を取り上げて下さってありがとうございます。一度行ってみなくては。

本や植物、廃材をリメイクした家具や雑貨などの販売をしています。 またワークショップなど学びの場も提供。詳しくはHPをごらんください。
東京方面のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

〒110−0015 東京都台東区東上野4−13−9 ROUTE89 BLDG.4F
TEL:03−5830ー2666
OPEN:12:00-19:00(水曜定休)

 ※現在の取り扱いは「とりら」6号〜8号です。
f0147037_1217395.jpg
f0147037_12183618.jpg
f0147037_1284242.jpg

 
  by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-04-18 11:43 | 冊子「とりら」 | Comments(0)

からあげもうまい

コロッケを買いにいったら、近所の広場で人だかりが。
f0147037_19382382.jpg
明日は金ケ崎の火防祭です。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-04-16 19:38 | おまつり | Comments(0)

沢田の金勢さん

f0147037_9121218.jpg
盛岡市東中野町 沢田にて。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-04-13 09:12 | おまつり | Comments(0)

牛乳と芸能

岩手の牛乳はおいしいです。
特に最近種類が増えてきた低温殺菌の牛乳は、どこのも「とってもおいしい」。

岩手って牛乳の種類が多いですよね。県内全部ではないかもしれませんが、盛岡市に住んでいて集められた低温殺菌の牛乳のパッケージを並べてみました。
f0147037_2329036.jpg

私は北海道という酪農王国に生まれ育ったのですが、王国の農業の視線は大手消費地に注がれていて地元の消費者はあまり意識されてない気がするのです。
契約して配達してもらうようなおいしい牛乳はあるのですが、北海道では岩手のようにスーパーに行けばいろんな町村の牛乳が並んでいるという光景は見られません。

岩手の多様な牛乳に現れる多様なくらしが、岩手の民俗芸能の多様さと数の多さを支えてるんだと思います。
…というわけで農業の大規模化・集約化に反対な、事務局MAです。
f0147037_23292695.jpg

個人的には田野畑の牛乳が好き。田野畑村の甲地鹿踊り、また見たいなあ。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-04-08 23:35 | たべもの | Comments(0)

とりら募金のご報告 2016年1月〜3月分

2016年1月〜3月の3ヶ月間に頂いた「とりら 岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金」に対し、お志を寄せて下さった皆様のお名前を挙げ、感謝のしるしといたします。

那須川真由美様、橋本和幸様、斉藤聖英様、貴重なお志をありがとうございました。

頂いた募金は現在は主にお花(ご祝儀)として各団体等に差し上げています。
今期は、陸前高田市高田町の秋葉権現川原獅子舞へお花5000円をお贈りしました。残りはこれからの祭のためにプールしておきます。
f0147037_22412758.jpg

今年も3月11日が来て、それぞれの町で追悼のセレモニーが行われました。
こうしたセレモニー、形だけになっていないだろうか、とちょっと疑問に思ったりしますが、何もしなければ3月11日は何でもない日として過ごしてしまうかもしれません。
f0147037_22421223.jpg

この子たちは5年後、10年後の3月11日に何をどう感じるのでしょうか。
それは大人である私たちの考えや行動いかんに関わるのだと思います。

 by.事務局MA

f0147037_22423966.jpg
(2016.3.11 盛岡城跡公園にて)
[PR]

by torira | 2016-04-03 22:49 | 東日本大震災 | Comments(0)