「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

まゆだま飾りで年納め

今年もお世話になりました。
いつもは脇枝で作るまゆだま飾りですが、庭に勝手に生えてきたミズキがだいぶ大きくなってきたので、芽止めを兼ねて主枝を切りました。
狭い玄関にむりやり飾っています。
f0147037_1930307.jpg
一度これをやってみたかった!
立てるのはたいへんでしたが、願いが叶ってうれしい大晦日です。

小正月には戸外に移してご近所を驚かそうと思います。
ミズキの赤い枝をご希望の方、差し上げますよ〜。

2016年が希望のある年になりますように。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-12-31 19:38 | 年中行事 | Comments(0)

年末年始

f0147037_1135592.jpg
一戸町奥中山にて

f0147037_11353359.jpg

山田町関谷にて


 by げんぞう
[PR]

by torira | 2015-12-27 11:35 | 年中行事 | Comments(0)

来年度の予算割り振りを考える

クリスマスが近づくと行われる「お菓子の家作り」。
建築資材(注・お菓子の事です)の高騰、少子化に伴う予算枠の緊張に悩むせんせいの心情も知らずに家作りにいそしむ子どもたちです。

ま、それは子どもが心配するこっちゃない。
子どもにしあわせがあふれる世の中であってほしい。
メリークリスマス!
f0147037_11503628.jpg

  by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-12-25 11:52 | 年中行事 | Comments(0)

残すもの、残るもの

11月に行われた「もりおか郷土芸能フェスティバル」では、ゲストに大槌町の上亰(かみよ)鹿子踊りをお招きしました。
f0147037_21125937.jpg

とりらの「岩手沿岸の民俗芸能応援募金」からお花を持参して楽屋を訪ねると、代表の上野さんから「ほんとうにありがとうございます。皆さんによろしくお伝えください」とお礼を言っていただきました。
この日は新築祝など特別の時に踊る「柱がかり」を演じてくださいました。
f0147037_21152066.jpg

今日で震災から4年と9ヶ月。
代表の上野さんは復興工事などにもたずさわっていらっしゃるそうですが、
「復興は進んではいるのだけど、地元の皆が期待してるスピードではないからどうしても『進んでない』と言いたくなるんだね」とおっしゃいます。
近頃急速に被災地への関心が薄れて来ていると感じています。(「三陸復興カレンダー」、買ってね!」という声も届いてます)

大槌町と言えば、被災した旧町役場庁舎を解体するか、震災遺構として残すかの議論がたびたび話題になっています。
特に、大槌高校の「復興研究会」(こんな研究会があるとはすごい!)の生徒たちが
「旧役場庁舎は子どもたちに震災を伝えるために残してほしい。
自分たちがもう少し話し合う時間が欲しい」
という要望書を町長に提出したというニュースが新鮮でした。

社会に対して物を言わないと見られてきた若い世代に、いま各地で新しい変化があるようですが、大槌にも積極的な10代が現れたんですね。
同じ震災経験者として神戸の大学生などとの交流が盛んで、視野が広がっているのでしょう。
おりにつけ、大槌には進取の気性があるようにも感じています。
町に何を残し何を選ぶか。発言の経験は彼らの心に自信となって残っていくでしょう。
希望を感じるニュースでした。

太鼓はもう一人前?だけどインタビューはちょっと照れちゃう大槌の子供たちです。
f0147037_2143823.jpg


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-12-11 22:02 | 東日本大震災 | Comments(0)

東京造形大学の企画展に「とりら」が参加します

東京造形大学創立50周年記念展『リトルプレス 地域デザインの創造
f0147037_2117273.jpg

会期:2015年12月1日(火)〜12月4日(金)

時間:10:00〜16:30
会場:東京造形大学 ZOKEIギャラリー
(東京都八王子市宇津貫町1556)
入場:無料

■関連シンポジウム

リトルプレスからの報告 ※USTREAMで配信されるそうです。

日時:2015年12月4日(金) 17:00〜19:30

会場:東京造形大学 ZOKEIギャラリー
入場:無料
ゲスト
/南陀楼綾繁(ライター、編集者)
淺野卓夫(サウダージ・ブックス代表)
宮脇慎太郎(写真家)
進行/中里和人(東京造形大学教授)

■おもな展示リトルプレス
・北海道斜里町「シリエトク ノート」
・北海道札幌市「アフンルパル通信」
・秋田県秋田市「のんびり」
・岩手県盛岡市「てくり」
・岩手県盛岡市「とりら」
・福島県福島市「板木 ばんぎ」
・栃木県益子町「ミチカケ」
・石川県金沢市「そらあるき」
・長野県長野市「街並み」
・愛知県名古屋市「棲すみか」
・愛知県豊橋市「fratto」
・岐阜県高山市「飛騨」
・三重県津市「kalas」
・三重県伊勢市「NAGI」
・大阪府大阪市「月刊ビル」
・兵庫県姫路市「ヘラヘラつうしん」
・香川県高松市「せとうち暮らし」
・広島県江田島市「Bridge」
・福岡県北九州市「雲のうえ」
・沖縄県那覇市「ボーダーインク」
・「季刊 ritokei」
・・・・など

「とりら」は5号から8号までを展示して頂いてると思います。立ち読みできます〜。
関東圏在住の皆様、およびここ3日の中に八王子近くへいらっしゃる皆様、お時間がありましたらどうぞ足をお運びください。盛岡のくらしをつづる「てくり」も参加しています。(てくり裏表紙のイラストは私が描いております‥)

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-12-01 21:26 | 催しもの | Comments(0)