「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

村芝居vs戦争凱旋パレード

「ふるさと岩手の芸能はどんな人たちがやってきたの?」
という疑問に、スジが通った答えが返ってくることは、あまり多くありません。
その直接の答えが載っているわけではないのですが、

「南部二戸郡石神村に於ける大家族制度と名子制度」
有賀喜左衛門 著 1939 アチック・ミューゼアム
(有賀喜左衛門著作集〈3〉1977 未来社 に所収)


「村落構造の史的分析 : 岩手県煙山村」
中村吉治 著 1956 日本評論新社


は、むかしの地域がどういう人々で成り立っていたのかを、とてもよく示しています…ということで、以前にも紹介したかと思います。
そこで、今回ご紹介したいのはこちら!

「村落生活と習俗・慣習の社会構造」
上村正名 著 1979 お茶の水書房


岩手県をあつかったものではありません。
芸能のこともそんなに多く載っているわけではありません。
が、先の2冊よりも、年中行事・儀礼と地域との関わりに深く立ち入っています。
山梨県山中湖村の3集落について主に藩政後期から昭和40年代までの年中行事や規範,産業,生活を詳しく記しているのが特徴。
年中行事がどういう背景でどう変化していくか…が鮮やかに描かれています。
f0147037_21533549.jpg

で、このうちp.521 第十八章 「婚姻」の章に、脚注としてこんな一文が。

(1)平野部落では徳川時代から芝居が盛んであった。天保一一年生まれ昭和二年歿の祖父の膝の上で、子供の頃から芝居のせりふを教わったという古老がいる。当時は、字が読めなかったので口伝で教え、一人で何役もこなすことができないため、村中の若者が何らかの役をやり、太夫はどこからかよんで来た。芝居をやる時期は、農閑期や村祭りの時で、石割神社の祭礼には三間日(ママ)やった。その他に、伊豆の三島・修善寺・大仁に買われて行くこともあった。衣装も、忠臣蔵は一揃い、その他に、先代萩の政岡など主なものは部落に揃っていた。人気のあったこの地芝居も、明治三九年、山中部落の諏訪神社の祭りの際に、在郷軍人による日露戦争凱旋パレードが楽隊入りで行われ、人々はそれに目を奪われて、芝居小屋には客がなかった。それ以来、この地芝居はすたれしまった、と言われている。


うーん、凱旋パレードおそるべし。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-03-31 21:53 | 昔のくらし | Comments(0)

第16回てらだ公民館まつり

八幡平市寺田でおこなわれた「第16回てらだ公民館まつり」。
f0147037_21304826.jpg

冊子「とりら」第3号に掲載の拙稿「盛岡周辺のシシ踊り」で紹介させていただいた「野口鹿踊り」も出演されたようです。
今さらながら、ポスターを撮った画像が出てきたもので。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-03-26 21:31 | 催しもの | Comments(0)

思い込み

盛岡市でお盆に行われる「舟っこ流し」。
装飾された舟がわれ先にと川を下ります。
船上からお互いの舟に松明を投げあい、ついにはどの舟も炎上します。
f0147037_20353154.jpg

という行事を想像していたのですが、違いました。
訂正箇所は・・・
 舟は一艘ずつ出ます。
 人は乗りません。
 火は、それぞれの仕掛けで自主的に点火します。
 松明を投げるのは、舟を流した後に川原でおこなわれる行事です。運動会の玉入れのような要領で、高い棒の先端についたカゴに、松明を投げて点火します。

ふだん、お盆に盛岡にいることがないもので、見る機会を逸していたのでした。
これじゃいかんと思って昨年夏に初めて見て、ようやく思い込みに気付いた次第。
たぶん、断片的な報道に加えて、レッドクリフあたりが頭の中で混じっちゃったんだな。
けっこうこういう具合に、いろんな芸能やお祭りが誤解されているのかもしれません。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-03-21 20:46 | 年中行事 | Comments(2)

思いだす人々

民俗芸能にたずさわっている方々は、演じているときに何を感じているか。
自分は
「お客さん少ないなあ」
「さっき写真とってたおねえちゃん、どこ行ったかな」
といったことばかり考えている…ということを以前に書きました。
http://torira.exblog.jp/6367208/
あとは、メシのこととか、仕事のこととか。
案外、みんなそうなんじゃないかと思います。
「無我の境地」「大地との交歓」「神との一体化」といったことを期待している向きには申し訳ないのですが。
(自分もちょっと期待してたかも…)

先日、
「演じているさいちゅうに必ず頭にうかぶものが、もうひとつあるな」
と、思いだしました。
「そこにいない人」
のことです。
「今日は××カマドのおじいさん来てないな」
とか。
「おととし亡くなった師匠は、こうやって刀かまえてたな」
「戦前の名人だったという▲▲さんは、この動きどうやったのかな」
とか。
生きている人はもちろんのこと、死んだ人のことが、けっこう頭にうかびます。
演目でいうと、やはり権現舞のときにそういう気分になるかなあ。
供養の芸能じゃなくても、こんな感じです。

案外、みんなそうなんじゃないかと思います。
f0147037_20221055.jpg
こういうのを
「芸能を継ぐことが死者との対話である」
みたいにまとめると、それは、なんか違う。
もっとダラダラと退屈なもんなんですよね。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-03-17 20:21 | 芸能 | Comments(0)

ふるさとの記憶 いわて 失われた街 模型復元プロジェクト展

沿岸の町にいくと「この空き地には震災前には何があったのかなあ」と思って眺める事がよくあります。
いわて県民交流情報センターアイーナで開かれている ふるさとの記憶 いわて失われた街模型復元プロジェクト展に行ってきました。

2011年から行われてきたこのプロジェクト。
神戸大学大学院工学研究科の呼びかけにより、東日本大震災とそれに伴う大津波によって破壊された町並みを、1/500の縮尺の模型で復元し、そこで営まれていた人々の暮らしの記憶を保存、継承していく取り組みです。

f0147037_05751100.jpg
これは陸前高田市高田町。
あのあたりに、川原の会館がありました。
f0147037_0581270.jpg
ほら、うごく七夕の山車もあります。
発泡スチロール製の模型に色を塗り、建物に名前をつける「記憶の街ワークショップ」が開かれ、建物に名前をつける「記憶の街ワークショップ」が開かれました。
一昨年、神戸の画家・高濱浩子さんのお招きにより神戸で画像&トークをさせて頂きましたが、そのときのスタッフのお一人が神戸大学の院生でした。
「先日、大槌に行って模型を作ってきました」とおっしゃっていましたが、これだったんですね。

気仙町けんか七夕。荒町の山車が戦っています。
f0147037_1419372.jpg

ジオラマには独特の魅力があります。
写真で見るより実感が持てるし、ちいさきものはやはり愛らしい。

f0147037_058406.jpg
大船渡市のサンマ船です。聞き取りした言葉も添えられています。

釜石まつりの曳舟祭もありました。
f0147037_0592386.jpg
虎舞が見えますか〜?
f0147037_101128.jpg
これは年行司太神楽の神楽船。

限られた時間で急いでいたので、県北エリアを見そびれてしまいました。1つ上のフロアでした。

いわて県民交流情報センター4階と5階にて。
明日が最終日(入場は5時半まで)です。どうぞお見逃しなく。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2014-03-15 14:05 | 催しもの | Comments(2)

床の間に置かれることが多い

地域の役回りは、どうしても一部の人にかたよりがちです。
「力持ち」(いろんな意味で)が担うというのが、昔ながらのスタイルだったのかもしれません。
ところが近頃は担い手不足によって、昔とは違う意味で一部の個人に負担がのしかかっていることも多いようです。

自分は、できるだけ分かち合ったほうが楽しいのではないかなあと思います。
改めて「分かち合うこと」をよく考えなければ…。
その際に、大きくは
「個々人に分ける」
「みんなの共有にする」
という二通りに分かれるのでしょう。

たとえば、芸能の道具・装束類を、誰がどこに保管するか。
個人の家よりは、公民館に置くようにしたほうが、かえって安心かもしれない。
かたや、装束の基本的なものは、個々人が持ち帰ってそれぞれに保管するようにしたほうがいいこともある。
洗って干して畳んで…ということを考えるならば。
f0147037_2150378.jpg

というわけで、公民館へいくと、保管されている道具が気になります。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-03-14 22:06 | お役立ち情報 | Comments(0)

とりら、あります

「とりら」は岩手の芸能とくらしをテーマとする小規模の雑誌です。
今朝、岩手日報がご紹介下さった事もあり今日は「とりら」の記事です。

震災特集とした特別版6号(この号のみ増ページ)から目次を挙げます。
とりら第6号 特別版
f0147037_11154735.jpg

【陸前高田市】
     ◇おらほのうごく七夕-陸前高田市高田町川原祭組川人録-
     ◇田束鎧念仏剣舞と震災について
【釜石市】◇夢であって欲しいとずっと思っていました (年行司太神楽の記事です)
     ◇虎舞がある日常(錦町虎舞の記事です)
【大槌町】◇安渡大神楽と私の震災
     ◇瓦礫の中からの再興-城山虎舞再興への旅の途中-
【山田町】◇いつまでも浜の人(八幡大神楽の記事です)
     ◇山田町民の主成分はお祭りで出来ている(関口不動尊神楽の記事です)
【宮古市】◇宮古の三百日を振り返って(黒森神楽、津軽石地区の芸能等の記事です)
【岩泉町】◇大地を踏みしめ、上を見て―中野七頭舞と私―
【田野畑村】◇小○の村の大宮神楽と私
【洋野町】◇土木作業員が見た震災 (ナニャドヤラ等の記事です)    
                       <定価1000円>

7号
(大槌町と大船渡市の鹿(子)踊りの方に書いて頂いております)
f0147037_1118483.jpg

◇未来へ!臼澤鹿子踊 〝神の森 どろの木〟へかける夢
◇笹崎に生まれて良かった
◇儀礼から芸能へー鳥舞・御神楽・師子六舞ー
マンガ岩泉ものがたり2 津波と川と人と鱒
◇念仏剣舞の伝播と派生について
◇高舘剣舞、馬の古道を行く       <定価500円>


5号
f0147037_11472454.jpg

◇芝田流大巻御祝い
盛岡の神楽その2 黒石野神楽
マンガ岩泉ものがたり 作るぞ!アワ餅
◇米と神楽
◇地産地消の鳥兜          <定価500円>

「とりら」はもっか5号から7号がお求め頂けます。
取り扱い先
【盛岡市】さわや書店本店・盛岡駅フェザン店,東山堂書店本店,もりおか歴史文化館、県立博物館ミュージアムショップ,ダニーハ,ひめくり、baan 、クラムボン,ちいさな野菜畑
【紫波町】 本のくずおか
【花巻市】エムズ書店桜台店(アルテマルカン),ブックス銀河(イトーヨーカドー)
【花巻市東和町】 吉功神仏具店
【宮古市】かんの書店本店
【大槌町】 信栄書店
【大船渡市】 ブックボーイ大船渡町店
【岩泉町】道の駅いわいずみ
【国立市】レコードショップアポロ

バックナンバーが書店にない場合等、直接お申し込み頂く場合は、
・お名前・ご住所(+郵便番号)・お電話番号・お求めの号と希望部数を
「ふるさと岩手の芸能とくらし研究会」事務局  e-mail:toriratorira@yahoo.co.jp
あてにお知らせください。折り返し郵便振替用紙を同封してお送りします。

広告収入や助成金にたよらず、皆様による冊子の販売収入でキコキコと自転車操業している「とりら」です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2014-03-12 12:17 | Comments(0)

白く実る

春を迎えるこの時期、盛岡市湯沢ではマスクを木に飾る習慣があります。
f0147037_17591268.jpg

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-03-11 18:00 | 儀礼・習俗 | Comments(0)

6歳のモバイル

f0147037_2156173.jpg

by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-03-10 22:06 | お役立ち情報 | Comments(0)

神楽が来る浜

f0147037_18414598.jpg
春3月。沿岸を行く黒森神楽と鵜鳥神楽の巡行もまもなく終わる頃になりました。
どちらの神楽にしても、震災の痛手は、神楽を迎える側である浜の神楽宿に大きく及びました。
手持ちの画像から沿岸各地の光景を北から拾ってみます。
f0147037_18441196.jpg
震災後まもなく撮影した普代村の普代漁港です。
防潮堤が機能して村の被害は小さかったというもののここにあったはずの建物がそっくり消えていました。
f0147037_2041576.jpg
それから約3年。
先日訪れた普代村で早採りワカメがお店に出ていました。あれはおいしい。

f0147037_2031189.jpg
鵜鳥神楽の深渡さんです。震災前の2009年、田野畑村島ノ越漁村センターへ神楽が舞い込んだときの。この建物も津波で失われました。

鵜鳥神楽は昨年、岩泉町の安家地区へも行きました。
f0147037_18485755.jpg


黒森神楽は今日あたり神上げだったでしょうか。
2011年のお正月、宮古市山口で行われた黒森神楽の舞初めです。まさかその2ヶ月後に浜が一変するとは夢にも思わず。。
f0147037_18485312.jpg


山田町船越半島には古くからの神楽宿があり、以前は黒森・鵜鳥どちらの神楽も訪れていました。
f0147037_18433916.jpg
船越の「小谷鳥口」バス停あたり。昨年秋の霞露ヶ岳神社のお祭りです。

f0147037_2011457.jpg
昨年2月に大槌町赤浜の旧赤浜小学校を訪れた鵜鳥神楽。

昨年1月、釜石市箱崎白浜で行われた奈奈子祭では深渡さんが榊葉を舞いました。
f0147037_18432151.jpg


神楽の中心的存在であり、普代村教育委員会次長でもあった深渡理隆さんが、先月2月14日突然のご病気で亡くなられました。
あまりにも急なことで、今もって信じられない気持ちです。
f0147037_184258100.jpg

神楽宿の被災に心を痛め、震災後はじめてとなる今年の南回り巡行をなんとしても成功させたいと張り切っておられたというのに。
震災後はお仕事も神楽もいっそう多忙になったので、そのご負担は大きかったと思います。
f0147037_18423061.jpg

村にとって、神楽にとってかけがえのない存在であり、むろんご家族にとってはいうまでもありません。皆様のお気持ちを想像するとつくづく残念でなりません。
心からご冥福をお祈りします。

f0147037_20254472.jpg
鵜鳥神楽の南回り巡業は、昔から最後は釜石市室浜と決まっていたそうです。2006年にその室浜へおじゃましたときの門打ちの1コマ。
f0147037_2025239.jpg
宿であるお宅の庭先から見えた春の海がきれいでした。今はどうなっているのでしょうか。

f0147037_20243530.jpg
震災のお見舞いにおじゃましたとき、普代村の職員として深渡さんからいただいた「普代村こんぶ饂飩」。普代の昆布が練り込まれたうす緑色のうどんはつるっとしてコシがあり、とてもおいしい&オススメです。
あさってで震災から3年です。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2014-03-09 20:38 | 芸能 | Comments(0)