<   2013年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

<会場変更!>萬寿坑祭り

<急告>会場変更!
明日の「金山の里 萬寿坑まつり」は、これまでの「縄文まつり」の会場である「大ケ生ふるさとセンタ-」=旧大ヶ生小学校の屋内体育館にかわりました。
f0147037_202066.jpg


場所はここ
「どうやって行けばいいの?」というあなた、黙って乗ればぴたりと到着の送迎バスにおまかせ〜。
f0147037_2022852.jpg

【アトラクション】
10:00大ヶ生山伏神楽,城内さんさ,
11:00剣劇ショー つくし一座,
12:00歌謡ショー 佐々木みのるグループ,
13:00大ヶ生高舘剣舞,高江柄念仏剣舞,
14:00「道標(みちしるべ)」大ヶ生で生まれた彫刻たちの紹介

【出店・そのほかイベント】
萬寿坑探検(坑道200m 気温12℃ 普段は真っ暗),川魚つかみどり,バクロウ飯,餅つき,
とん汁,生そば,ビアガーデン,古酒試飲(萬寿坑熟成○○年)・・・その他 出店・企画がいっぱい!

大ヶ生などこのエリアと大ヶ生高舘剣舞は次号のとりら(いつ出るのかまだ五里霧中。スミマセン)に登場しますので、この機会にぜひご覧下さい。
ご来場をお待ちしております。

 by.事務局MA

 
[PR]

by torira | 2013-08-31 00:33 | 催しもの | Comments(0)

ガタゴンまつりで一踊り

「まめぶ汁♪好き!」という同行の皆様のご要望にお応えして、洋野町大野から久慈市山形町へ移動。こちらは「ガタゴンまつり」開催中。
f0147037_13561911.jpg
ここで夏合宿(って言わないのか。なんていうの?)をされている春日野部屋の力士さんたちがテントショップでまめぶ汁とちゃんこ鍋を販売していました。
100円でもれなくまめぶが3つ入っています。「あまちゃん」効果もあって、アっという間に完売御礼。久しぶりに頂きました。まめぶうまい〜。

だいぶ日が暮れてきました。
f0147037_13573089.jpg

ステージ発表いろいろある中で、葛巻高校郷土芸能部の皆さんによる権現舞を1コマ。
その後は懸賞付き盆踊りになります。ここでいう盆踊りはもちろん!ナニャドヤラです。
f0147037_1405552.jpg
おすもうさんも踊ってる。よし、おらもかだるぞ。
踊ってみると、じつはさんさ踊りとナニャは根っこのところが同じだという事がわかりました。
踊る人には番号札が配られ、最後にくじ引きで色んなものが当たります。これが伝統ある懸賞付き盆踊りです。
f0147037_13571381.jpg
一等のでっかいテレビが当たったらどうしよう。あ、はずれた。
扇風機も良いかも。あ、はずれた。
5段引き出しの収納ケース、当たったとしてトランクにはいるべか。あ、外れた。
結局参加賞の箱ティッシュを1つ頂いてきました。ナニャ体験、楽しかったです。

近くのお店で「せなかあて」購入。
f0147037_135758100.jpg
これは九戸村斉藤製麺のせなかあてです。
あとで〝ほうとう〟にして食べました。おいしかった。
まめぶといい、せなかあてといい、小麦粉のレシピが豊富な土地柄です。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-08-30 14:03 | おまつり | Comments(0)

北奥羽ナニャドヤラ大会

念願の洋野町「北奥羽ナニャドヤラ大会」に初めて行ってきました!
岩手の盆踊りはさんさ踊りだけではありません。日本最古といわれる(??)盆踊り、ナニャドヤラを見ずして岩手を語るなかれ。

街道をパレードするナニャドヤラの数々。
「とりら」4号に「ナニャドヤラの分布と種類」を書いてくださったT-otoさんが「としょり会」で太鼓を叩いていらっしゃいました。太鼓ふたりは「としょり(年寄り)」ではないぞ。
f0147037_23255146.jpg


太鼓の叩き方には二種類あり、こちらはななめがけ片面打ちの二戸市「金田一ナニャトヤラ保存会」。
f0147037_23344071.jpg
かたや両面打ちの、久慈市「久慈琥珀太鼓」。
f0147037_23345988.jpg

ナニャ通のT-otoさんお気に入りの団体は洋野町種市の「中野婦人会」です。確かにオリジナリティ豊かな太鼓と踊りでした。
f0147037_23271946.jpg

ステージ審査で優勝されたのは、こちら青森県階上町の「階上町田代盆踊り組」。
f0147037_23305767.jpg

お気に入りの「田子町ナニャトヤラ保存会」は見とれるのに忙しくて画像ナシ。あいかわらず美しい踊りでした〜。

f0147037_23393153.jpg
パレードのあとに、神楽がやってきました。そう、このイベントは大野町の鳴雷(なるいかづち)神社のお祭り中日に行われているのです。
門打ちを終えたあと夜9時頃に神社で奉納があったそうですが、残念ながら見られなかった。。
f0147037_2340167.jpg
この方たちは、大野の神楽と南郷町の島守神楽の合同チームだそうです。資料には見当たらない大野の神楽の実態が気になります。

お祭り初日には、大野の太神楽も出たことをこちらのブログで知りました。幻の太神楽とひそかに名付けていたのですが、奉納なさっていた!いつか拝見したいです。

大野ではウニの炊き込みご飯おにぎりなど味わい、ナニャドヤラの梯子をしようと久慈市山形町へ移動しました。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-08-28 23:56 | おまつり | Comments(0)

落葉かりんとうも買わないでしまった

f0147037_21145025.jpg

角館のスーパーで色々と珍しいものを目にするも、数日後にツレが秋田へいく予定があるというのでこのぐらいの買い物にとどめ、後日ツレが案の定もろこしを買ってきて喜んでいたら、自分が食べる前になくなっていて、激しく落胆した夏の終わりでした。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-08-27 21:19 | お役立ち情報 | Comments(0)

崎浜念仏剣舞のあるお盆

大船渡市三陸町崎浜の崎浜念仏剣舞が、震災後はじめてお盆の門付けに歩きました。
f0147037_15424748.jpg
ちょと高いところにあるお宅を見上げながら出番待ち。この日のために帰省してきた踊り手が何人もあるそうです。
f0147037_15432974.jpg
6名で叩く太鼓三台はヒトが担いでささえます。迫力のある音。願人坊主風にほっかむりなのが、三陸町で踊られている剣舞の特徴の一つ。
f0147037_15464660.jpg
お香を上げ、供養の踊りを行います。あとでわかったのですが、私の友人の同級生が新仏さんだったようです。見ている近所の方が「やっぱり(剣舞が家に来て)踊った方が良い」とおっしゃっているのが聞こえてきました。

f0147037_15493688.jpg
お寺には今年も多くの方が集まり、気迫のこもった剣舞を見守っていました。門付けもお寺の奉納も全力で踊る。踊りはレベルが高く、且つけれん味におちいってない。小さな集落ですが底力を感じました。

三陸町の歴史は津波の歴史とともにあります。ここ崎浜も大震災の被害をまともに受けました。
f0147037_15575482.jpg
友人の実家はあのあたりにあったはず。だいぶ前に二度ほど遊びに来ました。
f0147037_1643133.jpg
最後は水門前で。そこまでは見るだけだった中学生の女子二人も剣舞に加わって踊りました。
f0147037_1671716.jpg
日が傾き始めた広場に観客が集まっています。
震災の日、あの水門の上で津波を見ていた人が流されたと友人が言っていました。「うちの方はお盆に剣舞が来るんだよ」と聞いていつか行ってみたいと思い続けていましたが、お盆供養の場にはなかなか行けないもの。よもや震災がきっかけとなって実現しようとは思いもかけませんでした。

f0147037_16172577.jpg
崎浜念仏剣舞はお盆供養の時にのみ踊り、今のところイベントには出ない方針だとか。
一日中踊った剣舞の若者たちが帰っていきます。お疲れ様!仏さんたちも慰められたことでしょう。
港の船影は震災の年に比べると増えているようですした。
 
 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-08-25 16:20 | 東日本大震災 | Comments(0)

ひどり

盆明け17日、バンバのうえっかわにある石碑には赤飯が上がってました。
馬頭観音さんなんだけど。

かたや、うちの近所の剣舞供養塔は、盆の16日にも特にあげものはナシ。
お彼岸にはお花が上がってたりするんだけど。

f0147037_22135691.jpg
という具合に、石碑をめぐる行事の日程は、周りが思っているのとはちょっとズレることがよくあります。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-08-23 22:13 | 年中行事 | Comments(0)

盆ツリーの世界

盛岡市から花巻市の範囲で見られるこの季節ならではの「盆ツリー」
このブログでもげんぞうさんがすでに2007年に「電飾付のトウロギ」とタイトルして取り上げています。

いったいいつまで飾るんだろう?その期間の理由は?というのが毎年の疑問ですがよくわからない。
今年はどうか。
8月21日すなわち二十日盆も過ぎた昨日、盛岡市太田のあたりをまわってみました。
f0147037_17184633.jpg
あるある。
あれに見えるは盆ツリーじゃないか。
カラフルなのと電球色一色なのがありますが、この際、カラフルなのを撮らせて頂きました。
f0147037_17191950.jpg

先端に杉の葉が付いているのがおわかりかと思います。昼はふつうの?トウロギなのです。
f0147037_1744971.jpg
盆ツリーでは白い紙につつまれた灯籠ではなく電球がむきだし。クリスマスツリーのてっぺんに光る星☆のイメージ?

ツリー型ではなく、道案内として敷地の入り口から家の前までを一直線に飾るお宅もあります。
その区別はよくわかりませんが、いずれも「四十八灯籠」とも呼んだりするようです。
f0147037_17121847.jpg
天に金星、地には四十八灯籠。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-08-22 17:19 | 儀礼・習俗 | Comments(0)

トウロギ(灯籠木)を見ながら

お盆のトウロギを見ながら遠野〜盛街道を行きました。
遠野市小友町では毎年複数のトウロギを見かけます。仏さんがでたら3年立てるとか5年立てるとかいいます。
f0147037_14415130.jpg
f0147037_14423598.jpg

遠野市綾織の立派なおうち〜!幡が二枚。丸い提灯がついているのが見えるでしょうか。
f0147037_14441719.jpg

あたりの家の門前には万灯が設けられていました。
f0147037_14453717.jpg


大船渡市三陸町にもありますよ、と連れて行って頂きました。
三陸町綾里です。
f0147037_14481515.jpg
綱に杉の葉が等間隔ではさみこまれています。
森口多里の「民俗の四季」にあるように杉の葉が十字になっていますが、一束のもの丸いリース状のものなど各地各家のバリエーションが豊かです。
明かしは丸い提灯ではなく四角い灯籠が付けられています。というか灯籠木(とうろぎ)というからにはこちらの形が古いのかも。
f0147037_14491356.jpg


同じく三陸町綾里。こちらも立派なおうち〜!
f0147037_14455679.jpg
トウロギの足下に不思議なしつらえが見えました。四柱に白い布がかけてあり、流れ灌頂のようです。水難に遭った人を供養する習俗で、流れ=川べりに設けたりするとされていますので意外でした。
四柱に夏水仙などがきれいに飾られていて供養の気持ちが伝わります。
f0147037_14465462.jpg


帰り道、遠野市小友町はもう真っ暗。
トウロギのてっぺんにつけた提灯に明かりが灯っていました。
これを目当てにご先祖さまが帰ってくるんですねえ。
f0147037_14431563.jpg


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-08-20 15:05 | 年中行事 | Comments(0)

盆をはさんで

f0147037_1637465.jpg
f0147037_16375750.jpg
f0147037_16385519.jpg

by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-08-17 16:39 | 年中行事 | Comments(0)

通りかかったら盆踊り

げんぞうさんの盆踊りポスター攻めにお応えして、ポスター掲示がなかった盆踊りの報告です。

盛岡市の伝統さんさの1つ、山岸さんさ踊り保存会では、清養院の境内で毎年お盆にさんさ踊りを行っています(内院と墓石の前で踊ったあと)。
この行事を同団体では「盆舞供養」と呼んでいらっしゃいます。このへん「とりら」4号の拙稿「さんさ踊りと盆踊り」でちらっとふれました。

山岸さんさ踊りの盆舞供養、以前はたしか8月13日だったと思うのですが、今年は15日でした。
通りかかったらちょうど提灯の明かりが見えてそれと知ったわけ。
そんな「とおりすがりのお寺の境内にオレンジ色の丸い灯りが点々と見えた」ときの気分はなんともいえないものがあります。
f0147037_15413991.jpg

今夜の順番。
始めは統一さんさと呼ばれる踊り(さんさパレードで踊るやつ)を保存会の方々とふつうの市民とが一緒に踊ります。

その後、保存会による伝統の山岸さんさを踊り、最後に皆
で賞品付きのさんさを踊って終わり、だったか餅撒きもやるのだったか、ぼやっと聞いて忘れてしまいました。すみません。
f0147037_15415884.jpg

お寺が並ぶ北山の通りで盆踊りをやるのはここだけなのでしょうか?
16日の今夜はたしか正伝寺の駐車場でも行われるのではなかったかな?
そんなポスターを探しましたが見あたりませんでした。
お知らせは回覧板でしょうか。それとも町内会一斉メール、、ってことはまだないと思いますけど。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-08-16 15:43 | 年中行事 | Comments(0)