「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

瀧源寺の火事がもたらすもの

7月22日夜半、盛岡市大ヶ生の 瀧源寺が火事になり、木造の本堂を全焼しました。
f0147037_2331359.jpg

その後ろにあって熱で葉の一部が変色したシダレカツラが国の天然記念物だったため、あちこちで話題になりました。
枝が垂れるカツラは珍種とされています。盛岡市の樹木がカツラなのは、このシダレカツラがある所以だそうです。

瀧源寺は天正2年(1574年)開山、山号を「早池峰山」としています。
くだんのシダレカツラの原木は早池峰山の麓の山中で発見され、岳の妙泉寺(廃寺。今の早池峰神社境内にあった)とこの瀧源寺に植えられたと書かれたサイトを見つけました。
言い伝えでは、この寺のお坊さんが大迫の桂林寺に行った帰りに早池峰山麓で見つけ持ち帰ったとされています。

これらのエピソードは、大ヶ生が早池峰信仰圏だと言いたいのでしょう。
事実、大ヶ生の方のお話では、ここから峠を越えて砂子沢へ、そこから長野峠を通って大迫内川目に出る道を使って、早池峰山にお参りに行ったものだそうです。(明日は早池峰神社のお祭りですね)

が、問題はシダレカツラより寺そのものです。
本堂が焼けたということは、お盆にお参りできない、納められていた位牌が焼けてしまったなどの大事件で、地元では少なからぬショックを受けています。

寺というのは地域の公共の場であり、住民の心の要でもあります。
瀧源寺ですと、盆の十六日には毎年、下大ヶ生の高江柄念仏剣舞が奉納に訪れていました。
f0147037_2317382.jpg
2010年の高江柄念仏剣舞奉納
上大ヶ生の大ヶ生高舘剣舞も、お盆に回向を上げに来る年があります。
以前はお盆の境内でさんさ踊りが行われていました。城内さんさ踊りです。
これらのことが出来ない。

毎年8月17日は上大ヶ生の板橋神社のお祭りが行われ、我が大ヶ生山伏神楽と大ヶ生高舘剣舞の奉納が行われるのが通例でしたが、今年は寺の不幸に鑑みて神事のみ催行と決定されました。
えらいこっちゃ。

過疎化高齢化が進む大ヶ生で寺の本堂を再建するには、ずいぶん負担が重いと思われます。
シダレカツラは生育に問題ないとされていますが、瀧源寺の火事、人のくらしには大きな痛手となりました。

 by.大ヶ生山伏神楽MA
f0147037_2317745.jpg
7月28日撮影
[PR]

by torira | 2013-07-31 23:29 | 建造物・碑 | Comments(0)

七夕 あんどん 万灯まつり2013

もうすぐ8月ですね!
陸前高田市のうごく七夕祭組の方から、8月7日当日のおおまかな時間割を教えて頂きました。

祭組ごとに多少違いはありますが、午前の部は10時から12時ころまで、夜の部は18時から21時頃までの間、山車が運行されます。
f0147037_2143348.jpg
昨年の昼の部。駅前祭組。

うごく七夕連絡協議会で話合った結果、上記の時間帯に元の大町の通りを交通止めにして、そのとき集まれる組は集まると決めました。
イベントではなく祭としてやろうということで、時間を合わせて祭組が全部そろうというイベント的なやり方はしない、昨年のように出店のテントが並んだりもありません、とのことです。
f0147037_21515122.jpg
昨年のお祭り広場

「なるべく震災前にやっていた形のとおりにやりたい」という意向をふまえての予定です。
土地の整備事業が進む来年は、今年とはまた違う祭になると思われます。
f0147037_21443527.jpg
夜の部。中央祭組。
アザフを一緒に折って下さった皆さん、うごく七夕を見ておきたいとお思いの皆さん、平日ではありますがどうぞ足をお運びください。

同日は隣の大船渡市でもあんどん七夕の山車が運行されます。
七夕盆の行事なのです。
f0147037_21471698.jpg

花巻市大迫ではお盆にあんどん祭が行われます。
青森のねぶた、ねぷたもそうですが、夏の夜に引いていく明かりは祖霊を呼ぶお祭りです。

f0147037_21461795.jpg
そして先週先々週、盛岡市内でも、明かりのついた山車や万灯がそれぞれの町内を歩きました。
神子町の万灯まつりを見に行ったら、何年か前に見たときとコースが変わっていました。万灯の光の色も変わってしまいました。私だったらやっぱりオレンジ色の暖かい光に帰って来たいかな。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-07-29 21:53 | おまつり | Comments(2)

伝聞・奈奈子祭~夏の陣~ 

f0147037_18423542.jpg
奈奈子祭の会場である宝来館の 回りにはたくさんの幟が立っていたそうです。
しかし初めて根浜海岸を訪れた知人は45号線からどう行けばいいのか、しばらく迷ってしまいました。
f0147037_18492115.jpg
櫻舞太鼓。ふだん和太鼓はあまり得意じゃないけど、この櫻舞太鼓にはグッと来る物があったと。
f0147037_18441597.jpg
尾崎町青友会による虎舞。
f0147037_18453176.jpg
岳神楽。後に続く団体の都合により、岳神楽がたっぷり見られたそうです。ラッキーではないでしょうか。

会場である宝来館と仮設団地とをひっきりなしにシャトルバスが行き来していて、悪天候にもかかわらずお客さんが大勢来ていたとのこと。
たんなるイベントではない気配りに感心させられたと言っていました。
f0147037_1845204.jpg
根浜海岸は霧がとても濃かったそうです。

そんな「奈奈子祭〜夏の陣〜」のことを以上の画像とともに提供してくださったのは、京都から駆けつけた石原さん。「米山」に展示した鹿踊りを撮った方です。

「奈奈子祭の空気をその場で感じたかった」と、長距離バス(11時間!)とレンタカーを乗り継いで釜石へ行き、奈奈子祭を途中まで見届け、「とりらと海の写真展」を見るために盛岡まで走って来るという信じられんような行動力!
搬出直前のクラムボンでお話を伺いました。帰り道は横なぐりの土砂降りで大変だったそうです。そりゃそうでしょう。昨日は色んなイベントが荒天のため中止になりました。

今回の写真展、石原さんふくめ参加者の皆様&いらして下さった皆様、お店の方々などたくさんの方のお世話になりました。
ありがとうございました!

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-07-28 20:51 | 催しもの | Comments(2)

明日が最終日

「とりらと海の写真展」も明日27日で終わりです。
クラムボンは18時半には片付け始めますのでどうぞお早めに!
f0147037_16183782.jpg

米山(12時〜22時)とダニーハ(土曜日は12時〜24時)は27日の閉店時間まで展示させて頂けることになりました。
f0147037_161953.jpg

各お店の方々のご協力に感謝いたします。
f0147037_16194751.jpg


が、まだ続きがあります!
今回ご協力くださる方々があり、奥州市水沢区と江刺区での移動展が決まりました!

8月7日(水)~20日(火) 
奥州市水沢区 メイプル地下1階 市民ギャラリー
 10:00~20:00(20日は13:00まで)

8月21日(水)~31日(土)
奥州市江刺区 江刺体育文化会館(ささらホール)ロビーギャラリー
 9:00~18:00(月曜休館、31日は16:00まで)

どちらも入場無料です。
お近くの方、どうぞよろしくお願いいたします。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-07-26 16:27 | 催しもの | Comments(2)

飲みすぎ

f0147037_2039324.jpg

きのう奥中山で牛乳2本買ったのに、もう1本なくなってる。
 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-07-25 20:41 | 芸能 | Comments(2)

みんな踊っても

長女とおかあちゃんが裏の公園へさんさ踊りに出かけてしまったので、次女とおとうちゃんは留守番。
f0147037_1958015.jpg
 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-07-23 20:27 | 昔のくらし | Comments(0)

まじる芸能

冊子「とりら」第3号「さんさ踊りと盆踊り」(飯坂真紀)では、さんさ踊りの成り立ちについてふれている箇所があります。
ベースになっている盆踊りに、念仏剣舞,シシ踊り,神楽,七夕の踊りなどの所作が取り込まれて今の形になってきた…というもの。
同じく第3号「盛岡周辺のシシ踊り」(岡田現三)では、盛岡周辺のシシ踊りに念仏剣舞の要素が入っているかもしれないけど、そうでもないかもしれない…ということをあれこれ書いています。
第2号「荒舞とダ・ヴィンチ・コード 鬼面の舞の源流」(吉田隆一)では、いま現在おこなわれている山伏神楽や鬼面をつけて踊る芸能に、呪師の芸能の影響があることを指摘しています。
ほかにも、冊子「とりら」ではこういった「芸能がまじりあう」話がいろいろと紹介されています。


少し前に、ネット上に出ている動画を見て、はたして今後はそういった変化はおこるのかどうかということを考えました。
条件がある方は下記URLの動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=schmCU6-4vg

動画の内容は…とある体育館でブレイカーの方が練習しているというもの。
最初は気付かなかったんですが、どうも奥のほうで見慣れた動きがある。
伝統さんさの練習です。

これだけ近くでそれぞれが練習していても、そうそうは両者がまじることはないんじゃないかなあという気がします。
根拠はありませんが。

f0147037_1842153.jpg
それに比べると昔の芸能の混ざりっぷりはすげえ。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-07-22 18:39 | 芸能 | Comments(0)

マンボウの夏

f0147037_18114150.jpg
大船渡市盛町木町の市は0と5の付く日に立ちます。
地元の野菜や沿岸の魚が並びます。
「マンボウの刺身うまいよ。肝と酢味噌であえて食べる。肝と身を脂炒めしても美味い」と店の親父さんが宣伝してくれます。歯ごたえのいいマンボウは夏の味覚ですね。

もっか盛岡市内3つの喫茶店で行っている「とりらと海の写真展」、クラムボンには漫画家・五十嵐大介さんが写真展のために描き下ろしてくださったイラストを飾りました。
題して「とりらと海の写真展」と「人魚のうたがきこえる」のコラボイラスト
人魚と泳いでいるのはマンボウです。
f0147037_1813922.jpg

作者のコメント
「このイラストは三陸沖のイメージです。はじめて食べたのがこちらだったので私にとってはマンボウといえば三陸なのです。太古の時代サンゴ礁は現在の三陸辺りにもひろがっていました。絵本の舞台もその頃の三陸かもしれません。」

今日は五十嵐大介さんご一家が盛岡にいらして、写真展会場を見てまわりました。
ファンだという「六月の鹿」さん、普段はクールなイメージの方ですが、通りがかりに「今いらしてますよ」と教えたら「うわ!!ホントに!?」と一瞬表情が変わりました。会えたかなあ?

f0147037_17562383.jpg
こちらは5月に行った神奈川県小田原市の早川漁港で行われていた「小田原 あじ・地魚まつり」で見たマンボウの解体ショー。1.5畳くらいっていう大きさがわかりますか?
マンボウがのんびり泳ぐ海、安全できれいな海が欲しいです。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-07-20 20:40 | お役立ち情報 | Comments(0)

親の背中

伝統芸能。
「先祖代々」なイメージですよね。
とにかく世襲によって伝えられている…と。

岩手県の民俗芸能もそうなのだろうと思っていました。
しかし色々な団体の話をきいていると、必ずしもそうではない場合も数多くあります。
といって「誰でも参加していいよ」という雰囲気が満ち満ちてるというわけでもない。
むしろ、たとえばこんな感じ。
「50軒ぐらいの集落のなかでおこなわれている芸能だけど、実際はそのうちいくつかの小字がまとまった20軒ぐらいが参加する。その中で『祖父・父・子の三世代が参加する家』『ジサマと孫はやっているけど、オヤジはやってない』『いまの代になってからは参加してない』などのケースがまじっている。で、構成員は十数名」
…と。

だから、
「親の背中を見て育つ」
といった美談に出くわすことがそんなに多くもなかったりします。

じゃあどのように習うのか。
早池峰系の神楽で“師匠となる別の家の人のもとに通って習う”というケースがあることを、複数の研究者がとりあげています。
これもなかなかイイ話だなあと思って目にしていました。

「世襲」にせよ「師匠に入門」にせよ、なんだかカッコいいなあ。

ところが、自分が見聞きすることの多い盛岡周辺の場合は少し違っていて、どうも…。
それは「数年~数十年に一回、一斉に若い者が入門する」というもの。
いま話をきける古老が、戦争による中断と戦後の再興についてよく覚えているため、こういったケースが目立つということもあるでしょう。
でも、どうもそれだけではない。
座敷田植踊や念仏剣舞などは上演機会が十年以上もあいたりする場合があり、これにあわせて「一斉に入門」があったようです。
このへん、“相伝式”や“大乗会”“だいじょうびらき”といった世代交代の儀礼が存在することにも関わってくるのでしょう。
用語や儀礼の様子からして“古代”“始原的”なイメージが付会されていますが、実態は村請制を中心とした近世的な地域組織の更新が背景にあるんだと思います。

たぶん地域・ジャンル・時代ごとに傾向があると思いますので、そこに焦点をしぼって追ってみると、楽しいんだろうなあと感じてはいます。
f0147037_19415040.jpg

そんでもって、うちの1歳児は親の背中見てなんだかいろいろやってます。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-07-19 19:41 | おまつり | Comments(0)

芋田のポスター

f0147037_2021476.jpg

f0147037_20215825.jpg


 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-07-18 20:24 | おまつり | Comments(0)