「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

神楽まつり@ふれあいらんど岩泉

f0147037_2249895.jpg

f0147037_22494477.jpg

神楽まつり特製弁当(要予約・1000円)が気になります。
節分だから豆が付いて来るのでしょうか?ほかには?

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-01-30 22:53 | 催しもの | Comments(0)

岩手町郷土芸能カレンダー

f0147037_083771.jpg
岩手町の岩手町郷土芸能団体連絡協議会事務局の方から「岩手町郷土芸能カレンダー」を送って頂きました。

岩手町は、盛岡市から北へ車で1時間弱の位置にある「北緯40度の町」です。最近は焼きうどんがB1グランプリに出場して人気上昇中。

事務局の方は岩手町沼宮内で沼宮内七ツ踊りの代表をされていて、私も以前にお祭りでお世話になりました。そのときの簡単な記事がこちらに。
f0147037_094432.jpg
2010年秋祭りの沼宮内七ツ踊り

「ちょっと存在感が薄くなってきた岩手町の郷土芸能をもっとアピールするにはどうすれば?」というお考えから、「毎日我が町の芸能を見て、応援してもらえるカレンダーを作ろう!」と私費を投じて作成されたのが今回のカレンダーです。
岩手町全団体の芸能の解説付き写真がついていて、さらに岩手県内の主な祭や芸能の年間予定まで載っています。
f0147037_092937.jpg

「作るのはとても大変でした!でも芸能が好きなもんでー」とおっしゃっていました。
ご希望の方には800円で頒布して下さるそうです。
問い合わせ先が必要ということで窓口の名前を「サポート企画」と決めました。
 ※サポート企画 TEL.0195-61-2370 (ご自分の会社の電話番号と兼ねています)

カレンダーは昨年初めて作って好評を得ました。今年は第二弾。
「他の町でも『○○町の郷土委芸能カレンダー』を作ってみませんか?お手伝いしますよ」というすてきな提案も頂きましたので添えておきます。

3月17日(日)には岩手町の「黒内田植踊り」も出演するイベントがありますのでどうぞ足をお運びください。
 
 by.事務局MA

岩手の民俗芸能祭2013 まつりの賑わい 舞い調べ
日時:3月17日(日)13時~18時
場所:盛岡市都南文化会館 キャラホール
内容:第1部 民俗芸能公演(順不同)
    早池峰岳神楽(花巻市)
    布佐神楽(一関市)
    高江柄念仏剣舞(盛岡市)
    黒内田植踊り(岩手町)
    臼澤鹿子踊(大槌町)
    鵜住居虎舞(釜石市)
    二戸ナニャトヤラ(二戸市)
   第2部 シンポジウム「東日本大震災と沿岸芸能のこれから」
 入場無料

[PR]

by torira | 2013-01-27 22:11 | 資料紹介 | Comments(0)

奈奈子の大風呂敷

先日の「奈奈子祭を応援します」の記事をご覧くださった方々から、さっそく「奈奈子祭応援募金」を頂きました。ありがとうございます!

募金して下さった方々がわかるように、笹山さんご夫妻には、皆様の振り込み用紙をコピーしてお渡しするつもりです。
これから募金をお考えの方は、どうぞ振り込み用紙の通信欄にメッセージをお書き添えください。

募金して下さった方に、とりらから「奈奈子の大風呂敷」をプレゼントしたいと思います。
私(事務局)がため込んだままにしていた布を利用し、友人が風呂敷を作ってくれています。
無地の生地などは1枚ですが、古い子ども着物の布を利用したものは2枚はぎにしてみました。(マサコさま感謝です〜)
f0147037_0171439.jpg

また、タグに使用したハンコは、「とりら」6号で田野畑村の大宮神楽について書いて下さった鈴木さんに彫って頂きました。
f0147037_055763.jpg
無理なお願いにも関わらず快くご協力下さってほんとうに感謝です。

以下にお好みの風呂敷があればご指定もOK.。でもありあわせの布なので、1枚とか2枚しか出来なくてご希望にそえない場合がありますことをご了承ください。
また「風呂敷はいらない」という方は、その旨、用紙の通信欄にお書き添えくださいませ。

なお、奈奈子祭の余席は少なくなってきました「一般参加人数は定員に達しましたので締め切らせて頂きます」と1月28日笹山さんからご連絡頂きました。

よろしくお願いいたします。

 by,事務局MA

絣(木綿)
f0147037_23592923.jpg

格子(綿、楊柳)
f0147037_23595881.jpg

菊花(レーヨン)
f0147037_00368.jpg

小槌ほか吉祥柄(レーヨン)古いのでところどころにそばかすのようなシミがあります。
f0147037_002494.jpg

赤と黒(木綿)
f0147037_035378.jpg

綿ブロード無地(ピンク)
f0147037_003828.jpg
〃(薄緑)
f0147037_004849.jpg
〃(緑)
f0147037_01985.jpg

[PR]

by torira | 2013-01-25 23:45 | 催しもの | Comments(0)

奈奈子祭を応援します

もっか、釜石市箱崎の笹山政幸さんと奈奈子さんご夫婦は、被災地である地元に芸能を呼んでお祭りをしようと準備を進めています。
名付けて「奈奈子祭」。

被災地で、しかも一般民家(奈奈子さんのご実家)で芸能祭!?
この無茶なイベントの開催主旨を、笹山政幸さんに書いて頂きました。
f0147037_22263432.jpg
笹山さんご夫妻

私たちは、釜石市鵜住居地区に暮らしています。
鵜住居は震災により壊滅的な被害を受け、今後の見通しもまだたっていません。
しかし私たちはこれからもこの土地を愛し、皆で暮らし続けたいと願っています。

鵜住居地区にはいくつもの郷土芸能団体 があります。
NHKの番組「復興サポート」中、ここで活動してきた芸能団体の代表者が集まり、バラバラになった住民を、郷土芸能を通じて呼び戻せないか、そのためにはどのようにすれば良いかを話し合う場面が放映されました。

その場では、数年後にでも鵜住居地区で自分たちの郷土芸能祭が出来ればいいな、という話が出ました。
それを笹山奈奈子は「数年後じゃなく今年2月に箱崎白浜の我が家を会場にしてやろう!」と言いだしました。
これを「奈奈子祭」と名付け、もっか実現に向けて走り出しています。

今後も場所と名前を変えながら、釜石市の片岸、鵜住居、両石、唐丹等でこのイベントを展開・継続していきたいと思っています。
奈奈子祭を通じて、他の町でも同じ様な試みをする方々が出てくれればいいなとの願いもあります。
どうぞご支援を賜りますよう、お願いいたします。  笹山政幸


奈奈子祭
2月24日(日) 9:00~17:00
釜石市箱崎白浜 佐々木家にて
入場無料

<出演予定>
早池峰岳神楽(花巻市)
鵜鳥神楽(普代村)
櫻舞太鼓(釜石市)
鵜住居虎舞(釜石市)
田郷鹿子踊り(釜石市)

なお、2月24日の余席について、
「一般参加人数は定員に達しましたので締め切らせて頂きます」と笹山さんからご連絡頂きました。

ご夫妻は1/13にオンエアされたNHKの「復興サポート〜“地域の心”をつなぐ町づくりへ」に出ていらしたので、ご覧になった方もあるでしょう。

とりらでは、このイベント支援に目的を絞った、期間限定(2月22日(金)振込み分まで)の募金を募ります。

●振込方法
郵便振替用紙に「奈奈子祭応援募金」と書いて下さい。
口座番号 02240-4-69271
加入者名 ふるさと岩手の芸能とくらし研究会

※募金して下さった方にはとりらから「奈奈子の大風呂敷」をプレゼントしちゃおうと計画中です。風呂敷の詳細は後日。
よろしくお願いいたします。

 by.事務局MA
f0147037_22174435.jpg
昨年1月、奈奈子さんのご実家に舞い込んだ鵜鳥神楽。
[PR]

by torira | 2013-01-21 22:22 | 催しもの | Comments(3)

ナモミが行く!

f0147037_214412100.jpg
小正月の夜、洋野町の内陸部、大野の林郷(りんごう)地区には子ども達の泣き叫ぶ声が響きました。
「親の言うことちゃんと聞くが〜」と迫る奴ら。
岩手のナマハゲ、ナモミ です。
モナミじゃないですよ!それはエルキュール・ポワロの口癖、mon ami
じゃなくてナ・モ・ミ

岩手県では大船渡市三陸町越喜来の「スネカ」が有名ですが、他にも「タラジガネ」「アマメハギ」そして県北ではこの「ナモミ」が1月15日の晩にやってくるのです。
大野では「オニ」と呼ばれているそうですが、彼らは福をもたらす「小正月の来訪神」つまり神様であって悪鬼ではありません。

画像は、「とりら」6号にも書いて下さった洋野町のナニャドヤラ研究家タキオトさんが送ってくださいました。
ナモミの親分のお宅に集合したナモミたち。
「いざ出陣〜!」。
f0147037_2231233.jpg

大野では太鼓がいっしょに付いて歩くと聞いてちょとビックリ。そういう違いもあるのね。
林郷地区の青年部には地域作りに熱心な方がいて、しばらく途絶えていたナモミを5年ほど前に復活して行っているそうです。夏にはナニャドヤラ大会にも参加チームを出す林郷地区です。
ちなみにこのおうちは築百年以上とか。


f0147037_2231197.jpg

昔は冬の夜道をわっさわっさと歩いたナモミですが、今は軽トラに乗って行くのよ〜ん。さーて次のよい子はどこかなぁ?

  by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-01-19 22:37 | 年中行事 | Comments(2)

お歳取りの食べ物②

東京都新大久保では年末に子どもたちが 東方神起の映像を見ながら김밥(海苔巻き)にかぶりつく習慣があります。
f0147037_2374663.jpg

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-01-17 23:08 | たべもの | Comments(2)

小正月です

1月15日は小正月です。
以前は「成人の日」としてお休みだったので、この日に色んな行事が行われていました。
それがハッピーマンデーに移行してしまい、1月15日に小正月行事を行うところは年々減ってしまっている気がします。

せめて!
というわけで、タカキビ粉のへっちょこ団子を作って小正月気分を楽しむことにしました。
早く食べようと焦って撮ったらピンボケ〜〜。
f0147037_223620100.jpg

まゆ玉かざりはうちでは大正月に飾るので本日のものではありません。
すでに乾燥してはじけて落ちてしまったまゆ玉多し。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-01-15 22:38 | 年中行事 | Comments(0)

雪の悪魔祓い 

あんがい知られていないことですが、気仙地方では小正月に悪魔祓いを行うところがたくさんあります。集まりにくいということで正月三が日に替えてしまった地域も少なくありません。

様式も、大船渡市蛸ノ浦などのように「土足で縁側から入って玄関へ出ていく」というところと、玄関先だけで行うところとが混在していますが、震災により「玄関先」が激減した陸前高田市各町内では、以前と違うやり方で、しかし断固としてこの行事を続けています。
f0147037_2348407.jpg

14日は陸前高田市高田町の「秋葉権現川原獅子舞」が悪魔祓いを行いました。

あいにくの雪模様。高田の町で1月に雪が積もるのは珍しいです。
仮設住宅を訪れる獅子舞。ぬれ雪の中、待っていてくれる方々がいました。
f0147037_23452049.jpg

高齢者施設にも参ります。
f0147037_0102931.jpg

今年は昨年までと違ったところがあります。
それは笛の伴奏がついたこと!
軽トラにテープ音源とスピーカーを積んで歩く地域が以前から多いですが、川原地区では今回は昔のテープ音源を譜面に起こし、あらたに笛のカルテットを編成しました。
f0147037_23441838.jpg

私「どうして笛を生の音源にしようと思ったのですか?」
代表の方「‥その方がカッコいいんでねえかなと思ったので」。
やられっぱなしではなく、その中で絶えず新しく挑戦して行こうという姿勢に打たれました。

f0147037_23434174.jpg

雪にめげない権現様。
皆さんの結びつきをこれからも強いものに頼みます。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-01-14 23:56 | 年中行事 | Comments(3)

お歳取りの食べ物

東京都羽村市では大晦日に子どもたちが콩찰떡(豆餅)を食べる習慣があります。
f0147037_2125509.jpg

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-01-12 21:27 | たべもの | Comments(0)

塞の神 どんど焼き

f0147037_20384999.jpg

1月14日(月 祝)
塞の神 どんど焼き
東京都国立市 第三公園にて
11:30点火


焚き木などを積んだ「かまくら」を燃やす行事。
30年ぐらい前は、正月飾りなどもどんどん放り込んでいたが、今はどうだか。
書き初めを焚くと字が上手になるというので、子どもたちがそれぞれの作品を持ち寄る。
長い竹棒の先にダンゴをつけた「まゆだま」が会場には用意されている。
どんど焼きの火であぶって食べると健康になるという。
しっかりあぶろうとすると、それなりに火に近づかなければならない。
熱さに耐え続けるのがたいへんなので、結局は生焼けをモソモソ食った記憶がある。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-01-10 20:45 | 年中行事 | Comments(0)