<   2012年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ふなずし食いたい

「御肴に鯛か鱸かおし鴨か
扨も見事な子持こひふな」

あるシシ踊りの誉め歌です。
子持ちの淡水魚という食のセンス、あまり出会うことがないだけに新鮮です。
f0147037_2125612.jpg

離乳食の芋粥。
今昔物語などに登場するものとはだいぶ違うようです。
でも、飽きるほど食べてみたいという思いは今も昔も変わらないようです。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2012-04-30 21:05 | Comments(0)

扇はどこで売ってるの

盛岡近辺で白扇を入手できるところをご存知の方、教えてください。

すこし小さめの「九寸」をそろえているところはわりとあるんですが、もう少し大きめのもの(むしろそれが標準だと自分は思ってたんですが・・・)が、案外なくて。

f0147037_2127409.jpg


そうやって手間をかけて入手したにしても、こどもに落書きされるのが怖い。
でも、それはそれでいいんじゃないかという気もしたり。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2012-04-28 21:28 | お役立ち情報 | Comments(4)

花まんじゅうの季節

Raekwonさんが、花まんじゅう作ってきました。
餅っぽい食べ物なのに「まんじゅう」を名乗る。
・・・というセンス、なかなか県外の方に説明するのに苦労します。
f0147037_2262418.jpg

珍しくあん入りでした。

「花」を名乗るので、なんとなく春の印象があります。
が、わりといつでも店頭では見かけます。
ほんとはどの季節に食べるものなんでしょう。
節句に食べるといわれますが、五節句それぞれとなると、けっこう機会が多いし。
今回は、雛まつりにしては遅いし、端午の節句にしてはまだ早い。


まあ、おかまいなしに食べるのですが。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2012-04-27 22:13 | たべもの | Comments(0)

発売はまだです

先日の記事で「とりら」6号がすでに出たかと思われた方がひとかたならずあったようです。
f0147037_21452134.jpg
予告であることをもっと強調すべきでした。すみません。
29日〔日)盛久ギャラリーで先行発売します。
f0147037_21453973.jpg

ギャラリーでは、もっか安渡大神楽の復興支援手拭いと
f0147037_2147613.jpg

虎舞カンバッジのみ販売してます。
f0147037_21492541.jpg

募金箱の隣にDVDもあります。
f0147037_21503721.jpg


一般の書店での販売はいろいろ手続きを経てからなのでGW 明けになります。
よろしくお願いいたします。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-04-26 21:52 | お役立ち情報 | Comments(0)

おおきくなったら

身近な人から、いきなり
「芸能をやりたい」
と言われたら皆さんはどうしますか?
長年にわたって受け継がれてきた芸能には、これまでにそんな瞬間が数多くあったのだろうと想像します。
我が家では今のところ、そういったことはありませんけど。
f0147037_20223169.jpg
数日前、
「おおきくなったら、どんなことやりたい?
お唄うたう?
がっき弾く?」
4歳のRaekwonさんにきいてみました。

「あ~。
お絵かきしたい。
唄は・・・うたわない」

いろいろと言おうと思ったものの、何だかよけいな気がして、父親はただ黙るのみでした。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2012-04-24 18:46 | 芸能 | Comments(0)

芽のでないジャガイモ

自慢じゃないけど映画は好きでもストーリーが覚えられないたちです。覚えているのは食べ物のシーンばかり。
f0147037_21204540.jpg

小学生の時に見た「フランダースの犬」(外国映画版)では、ネロとおじいさんが飲んでいた「貧しいので何も具が入ってないスープが晩ご飯」という茶色いコンソメスープがとても美味しそうに見えて忘れられません。
フェリーニの暗くて変な映画「カサノヴァ」で思い出せるシーンは、スイスの家に転がり込んだときにその家の姉妹が木のボウルに入ったシリアルみたいなものを手でつまんで食べていたところ。あれ何だろう?
比較的新しいところでは、タランティーノの「イングロリアス・バスターズ」でナチスの大佐が食べるパイ菓子。ヒロインは偶然敵役に出くわして心臓ばくばくなのですが、見てるこっちはあのお菓子が気になって気になって。

子どもの時に、学校の講堂で原子力開発の映画を見ました。
すばらしい技術が生まれたという科学教育映画でした。難しい仕組みの説明とかが続いて退屈で何も覚えてない中で、今でも忘れないシーンは
放射線を当てるとジャガイモの芽が出なくなり、長く貯蔵できます」という部分。
以来、原発の話を耳にする度に「芽の出ないジャガイモ」の事を思い出すのです。

ジャガイモの芽なんか、ちょっとえぐってしまえば簡単じゃん。春まで残った芋はさっさと食べちゃえばいいだけだ、
なんで科学の粋を集めた技術で出来る事が、たかだか「芽の出ないジャガイモが作れる」なの?と子ども心にも不思議だったのでしょう。
f0147037_21183581.jpg

今にして思えば「芽の出ないジャガイモ」は「食べてはいけない怖いジャガイモ」だったのに。

私が卒業した北海道の高校は泊原発の隣り町にありました。漁協で働いていた親友のお父さんが一生懸命反対運動をしていました。「とまり原発」じゃなく「とまれ原発」ですね、遅まきながら。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-04-23 21:25 | たべもの | Comments(0)

晩秋の藩境

菅原神社に着いたときにはお祭りも終盤で、帰りはじめた奴踊りの方々とすれちがいました。
それでも境内に上ると、鹿踊が奉納をしているところ。
しんがくの子供たちと、創作太鼓の若い方々も残っていました。
f0147037_211143.jpg

後日、画像をひきのばしてみると、神楽殿にポスターが。
f0147037_211321.jpg

なんとも、芸ごとが盛んな地域です。

演者が多いということだけではありません。
この地域には、芸能を見る目があります。
「見る目」という言葉は、「鑑賞眼」といったような観客の「質」の尺度をあらわす意味で使われることが多いのですが、ここで言いたいのは「量」が多いということ。
幅広い世代の方々が芸能を囲み、境内でゆっくりと過ごしていました。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2012-04-21 21:13 | 芸能 | Comments(0)

「とりら」6号 ふるさと岩手の芸能と震災 発刊します

「とりら」の沿岸特集号を、4月29日(日)盛岡市中央通の「盛久ギャラリー」で先行発売できる見通しが立ちました。
今回は特別号として本文88ページ、1000円です。本文はこれまでの3倍近くなり、価格は倍になります。
f0147037_0363233.jpg

当日の画廊ではこんな催しが行われているはずです。入場無料です。
f0147037_0365154.jpg

画廊内で、オリジナル虎舞バッジや安渡大神楽(今日のNHK盛岡「おばんですいわて」で紹介された大槌の大神楽です)支援手拭いの販売と、とりらの「岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金」の募金箱も設置します。
募金をするとちょっといいことがあるかもしれません。

よろしくお願いいたします。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-04-18 23:30 | 冊子「とりら」 | Comments(2)

やってみたい

芸能でやって見たい役回りというと、踊り手だったり、囃子方だったり。
でも、長年にわたって「いずれは」と思っているのは、あれですね。
提灯もちですよ。
f0147037_21235449.jpg

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2012-04-16 21:25 | 芸能 | Comments(2)

花を吐く

ふるさと岩手の芸能では、花を目にする機会がたびたびあります。
シシ踊りの装束や権現様の幕に描かれた牡丹。
鳥兜のシコロにも牡丹や蓮。
そういった「描かれた花」もさることながら、時として印象深いのは「花笠」でしょう。
田植踊・剣舞・さんさ踊などの「花笠」は、おなじみのものではありますが、ふとした瞬間に新鮮に感じられます。
ふとした瞬間とは・・・
アタマの上に花が咲くということは、それを載せている人は茎か葉か根か。
その人のカラダがふつうの人体とは思えなくなる。
花を魅せるようでありながら、演者のカラダをまったく別物に見せてしまうところに、花笠の可能性を感じます。

f0147037_2249443.jpg
そんな「花と身体のかかわらせ方」を練りこんだ作品「花吐き乙女」。
片思いで苦しくなると花を吐いてしまうという“花吐き病”にまつわるオムニバスです。
古典芸能を見たときとよく似た読後感。
長年にわたって読みつがれることになるでしょう。

「花吐き乙女」(1)~(3)
松田奈緒子
講談社 ワイドKCキス (2009~2010)
各巻 813円(税別)



 by げんぞう
[PR]

by torira | 2012-04-13 22:51 | 資料紹介 | Comments(0)