<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

女装した女性たち

e0179212_19181129.jpg
花巻市矢沢の市指定有形文化財、熊谷家で23日に行われた胡四王神楽・幸田神楽観賞会は、私は都合により最後の権現舞くらいしか見られませんでしたが、「胡四王の『木曽舞』がすばらしかった!」との噂でした。

男装の麗人とも言うべき巴御前、葵、山吹の三姉妹による美しい女舞で始まり、後半は丁々発止の殺陣が繰り広げられる見所満載の「木曽舞」。これはまた幸田神楽の十八番でもあり、個人的に好きな演目です。
神楽の舞手は一般に男性なので、舞手は女装して三姉妹に紛するわけですが、胡四王神楽の場合は「木曽舞」はしばらく前から若い女性たちによる熱演が人気です。今回「木曽舞」を見たお一人から、
「三姉妹はいわば男を演じる女。また、胡四王神楽の舞手の彼女たちは男が演じる神楽を演じる女であって、やはり男を演じる女で、複雑ぅ〜」という感想が送られて来ました。

ほどいてみると、「巴御前以下の三姉妹は武装(男装)して戦う女性である」「それを通常は男性である神楽の舞手が女装して演じる」「それを胡四王神楽では女性が演じる」というややこしいことになっているわけです。
え〜、この例えが適切かどうかわかりませんが、「ベルばら」のオスカルを演じるマツコ・デラックスをまねる女性、といったところでしょうか?

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2010-09-28 23:23 | お役立ち情報 | Comments(0)

幸田神楽鑑賞会の「三韓」

朝起きて鏡を見たら小○一郎そっくりになっていた。秋の花粉症のなせる技じゃぁ‥。こんな顔で幸田神楽さまに会いたくない〜。行きましたけど。
e0179212_22194042.jpg

23日の胡四王&幸田神楽共演会は最後の権現舞しか見られなかったので、あらためて26日の幸田神楽鑑賞会へ。3時間びっちり楽しませて頂きました。
つくづく思ったけど、この神楽にはまあまぁの舞手というのがいない。上手い舞手しかいないのです。熱い荒舞も、ゆったりした翁の舞や女舞も、殺陣もお笑いも皆うまい。なぜこんな事が出来ているのかわかりません。

若い世代の成長もめざましい。東京から前日もどってきて一晩稽古して武内宿禰を舞うなんて信じられますか。(もっとも以前に稽古していて普段からビデオなどをよく見てるそうですが)。
お父さんが獅子頭を持って息子がシコトリ、という配役で二組の親子の権現舞を見た時にはちょっと感動しました。地元でいい仕事が見つかりますように!
あー目がかゆい!

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2010-09-27 20:07 | 芸能 | Comments(0)

岩手山神社山伏神楽

f0147037_21353056.jpg

 八幡平市田頭 田頭稲荷神社例大祭での、岩手山神社山伏神楽の奉納。鳥舞と三番叟が奉納されました。
 岩手山神社山伏神楽は、八幡平市平舘の神楽です。団体名の通り、岩手山神社(平舘の新山神社)を本拠地としています。以前にも映像で見たことと、上演終了直後の現場に足を運んだことはあるのですが、ナマで見るのは初めてです。
 こうやって現場で見てみて感じたのは、なんといっても「見栄えがする」ということです。一つ一つの上演時間は短めなのですが、他の神楽で見られるような所作はしっかりと入っている。そして、今回は太鼓2つを使っていており、やや早めの拍子としっかりした音量によって輪郭のはっきりしたお囃子になっていました。舞手は若手(小中学生?)が中心で、適度に大きく体を動かしています。特に、手がしっかりと上がっている点、ひきしまって見えます。舞手が鼻筋にオシロイを塗っているのも、お祭り感がありました。
 
 岩手山麓の神楽は歴史的な価値がまず注目されがちですが、こういった華やかさも魅力のひとつだと改めて感じました。

 by げんぞう

[PR]

by torira | 2010-09-26 21:36 | 芸能 | Comments(2)

船にものれる

f0147037_2036158.jpg


 by げんぞう
[PR]

by torira | 2010-09-25 20:36 | おまつり | Comments(0)

紫波町大巻 堤島神社例大祭の山車。

道路をはさんで音頭あげ。
f0147037_193332100.jpg


 by げんぞう
[PR]

by torira | 2010-09-24 19:33 | おまつり | Comments(2)

行ってきました

e0179212_2272510.jpg
大迫の郷土芸能祭での大ヶ生山伏神楽「山の神舞」。ITOU様から送っていただいた(感謝!)私たちの場面です。
ご覧下さった皆様、ありがとうございます。

舞手が滑ってるなぁ、床がツルツルだもんなあ。ぬれ雑巾を用意するのを忘れたわ、とながめながら鉦を摺っていました。
その埋め合わせに舞手はふだんやらない小技を加えていました。ま、当事者じゃないとわからない部分ですが。
早池峰ホールの控え室はとてもきれいで快適でした。いろいろとご配慮くださった大迫のスタッフの皆様にもあらためてお礼申し上げます。

 by.大ヶ生山伏神楽MA
[PR]

by torira | 2010-09-23 22:17 | 芸能 | Comments(0)

ビール飲みたい

f0147037_228241.jpg

 おつまみついて1000円はいいな。

 by げんぞう


 ※鹿踊と神楽がかけあいをする貴重なおまつりです
[PR]

by torira | 2010-09-22 22:09 | お役立ち情報 | Comments(0)

神楽の練習風景

第50回 大迫郷土芸能祭
■日時=9月23日(木・秋分の日)、午前9時〜
■会場=花巻市大迫町交流活性化センター(早池峰ホール)
■入場料=無料
■出演順
神楽(大償流こどもしんがくグループ)、翁舞(岳神楽保存会)、さんさ踊り(岩脇さんさ踊保存会)、鳥舞(合石神楽保存会)、鹿踊り(竪沢鹿踊り保存会)、三番叟(旭又神楽保存会)、大笠踊ほか(中乙念仏剣舞保存会)、裏八幡(八木巻神楽保存会)、獅子舞・大黒舞(小空蔵太神楽)、さんさ踊り(八木巻さんさ踊保存会)、機織(大償神楽保存会)、山の神舞(盛岡市 大ヶ生山伏神楽保存会)

今頃になって「世界の早池峰神楽と舞うんだもん、どうすべ」などと言い出している師匠、たのんますよ。
最後の練習も終わって、3日後は本番です。

 by.大ヶ生山伏神楽MA

e0179212_21174423.jpg

[PR]

by torira | 2010-09-20 21:23 | Comments(2)

東和町土沢、鏑八幡のお祭り

e0179212_23373729.jpg
とりら会長のお里、花巻市東和町は秋祭りです。宵宮の権現舞パレード1回目が終わったところ。東和町の神楽がたぶん5団体?出ていましたが、画面中央の神楽衆は石鳩岡神楽の方々です。
通りに露店が並ぶ中を山車が行き交い、御輿が通り、獅子踊りや神楽がたくさん出て沿道には人がたくさん。ほんとに祭らしい祭の風景です。いいもんだ。
明日の本祭は雨になりそうな予報で、気の毒だなあ。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2010-09-18 23:45 | おまつり | Comments(0)

羽山のおまつり

 羽山神社の例大祭宵宮。本祭は翌日17日です。お山のお祭りは17日なのかな。早池峰さんのご縁日もしかり。

 羽山神楽は神楽幕の上に、幅の狭い幕を張ります。円満寺系の神楽や貴船神楽など、稗貫西部のいくつかの神楽で同様のものがみられます。
f0147037_2048666.jpg

 自分が寄った時には、神楽幕は張られているものの、神楽殿上では歌謡ショーがおこなわれていました。たいへん優れたスキルの歌手の方でした。雨降りにもかかわらず、若い人も含めて足を止めて見ていました。やっぱり、一定以上の技量で上演されるライブなモノは、ジャンルを問わず訴えかけるものがあります。

 などなど、いろんなことを感じさせられた宵宮でした。

 by げんぞう

[PR]

by torira | 2010-09-17 20:55 | お役立ち情報 | Comments(3)