カテゴリ:たべもの( 185 )

雑煮のつづき。

f0147037_21295573.jpg
山田町関谷でいただいた雑煮。
すまし汁。
具は大根・ニンジン。
お餅は甘いクルミだれにつけながら食べる。

(げんぞうの仕事blog
いわて食・農ネットblog 2016-12-26
に、紹介しています)


by げんぞう
[PR]

by torira | 2017-01-12 21:21 | たべもの | Comments(0)

雑煮

f0147037_21174223.jpg
元旦朝 東京都国立市 白みそ仕立ての雑煮。讃岐風。

f0147037_21183942.jpg
2日朝 青森県八戸市 タラ汁の雑煮。元旦夜は鶏の雑煮でした。

by げんぞう
[PR]

by torira | 2017-01-11 21:15 | たべもの | Comments(0)

食。

f0147037_23301369.jpg

by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-11-10 18:29 | たべもの | Comments(0)

なんて呼んでる?

f0147037_22245411.jpg
「ひばまんじゅう」っていうらしい。
by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-07-27 19:20 | たべもの | Comments(0)

さくらんぼ

きのう、おばあちゃんがわたしの家にきてさくらんぼをくれました。
妹はポシェットにさくらんぼをいれて、あそびに行きました。
公園のすべり台の下にレジャーシートとダンボールで家のようなものをつくってあそびました。
f0147037_21593149.jpg

つぎの日、妹はまたポシェットにさくらんぼを入れて、あそびに行きました。
しばらくあそんでいて、車の下にネコがいました。
妹がポシェットをおいて、はじめてさくらんぼから出たしるでポシェットのそこがぬれていることを知りました。
妹がかえってきて、お母さんは、
「さくらんぼがもったいない」
と言っていました。
そして、今(6時41分)、もうすぐで日記を書きおわるところです。
by Raekwon




.
[PR]

by torira | 2016-07-04 21:56 | たべもの | Comments(0)

国際豆年

国際豆年です。
「こくさいまめねん」
と読みます。

「『2月9日 肉の日』みたいだな」
と思った方、ちがいます。


国連は、毎年、重点的な問題解決を要する問題を「国際年」のテーマに設定し、関係機関とともに啓発活動を行っています。
この数年は、食料確保と環境保全の必要性をテーマとしています。
で、2016年は「国際豆年」となりました。

詳しくて正確でわかりやすいのはFAO(世界食糧機関)のサイトかな。

http://www.fao.org/japan/portal-sites/pulses-2016/en/
「国際マメ年は食料安全保障と栄養を目的とした持続可能な食料生産の一環として、マメの栄養面での利点について社会認識を高める狙いがあります。マメ年は、フードチェーン全般にわたり、マメをベースとしたたんぱく質のより良い活用、世界的な生産の促進、輪作のより良い利用、およびマメ貿易における課題に取り組む際の関係醸成を奨励するユニークな機会の場となることが期待されます」
f0147037_17215666.jpg

岩手でも、豆は身近です。
在来種もいろいろとあるようです。
しかしなぜか、煮豆でそのま食べる話をきくことがあまりありません。
もっぱら、豆腐や味噌にして食べることが多かったようです。

近年、岩手県内にもインド料理屋が増えてきており、ダルタルカもおなじみになってきています。
煮豆を食べる機会も増えてくるかもしれません。

by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-06-18 19:19 | たべもの | Comments(0)

わたしのすきなもの、きらいなもの

わたしのすきなものは、学校のきゅう食で、とくに、わかめごはんと、きなこあげパンがすきです。
三時間目あたりから、おなかがすいてきゅう食のこんだてを楽しみにしています。

そして、わたしのきらいなものは、イクラでしたが、いまは、そんなに食べていないので、そんなにきらいでもないです。

そうすると、ほとんどがすきということになります。
f0147037_19372998.jpg

by Raekwon
[PR]

by torira | 2016-06-16 16:57 | たべもの | Comments(0)

まちづけえ

少し前に亡くなった神楽の師匠さんから一番よくきいたのは
「まちづけえ」
の話でした。



年末になると盛岡の町へ買い物に行く。
…とまあ、それだけの話なんですが。
雪の中、歩いていって正月の買いだしをすると。
それ以上はあまりふくらまない話題なんですが、なんべんもなんべんも聞きました。



そんなふうに特別な時間というのはいつの時代にもあるものなのでしょう。


我が家も、家族みんながそろって出かけることが年に数回あります。

2月の上旬、昼過ぎまでの仕事を終えて、家族で花巻へ。
まずは双葉町の店で餃子です。
4人前が一皿に。
2段重ねの円盤状に盛られて出てきます。
8歳児が黙々と食べ続けることに感心しました。
「まだ食べれる」
とのことで、近くの百貨店で「お子様ランチ」と「お子様寿司」。
f0147037_17523214.jpg

夜景を眺めながらゆったりと過ごせます(いろいろ発表される1か月前の話なので)。
4階で着物ハンガーを購入しました。
6階以外も利用する。
それが「まちづけえ」。

by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-06-07 19:49 | たべもの | Comments(0)

知られざる食文化

なんせ、「ふるさと岩手の芸能とくらし研究会」ですから。
そんなわけで、冊子「とりら」では「くらし」…特に食べ物についてもちょこちょこ紹介しています。
岩手のみならず、地域の食文化にはぜひ注目していきたいものです。

しかし、よその地方の食となると、どうしても疎くなりがちです。



そんでまあ、東京駅で高速バスを待ってるときの話ですよ、また。

これは去年の夏ごろなんですけど。
そこそこな御年の女性が私の隣に、もうひとつ向こうにこれまた結構な御年の男性が隣に座って会話してるんです。
偶然いきあった、見ず知らずの人どうしなんでしょう。
きいていると、それぞれの素性といいますか、人となりがわかってきます。
女性のほうは、70代半ばぐらいです。
男性は90歳で、ペンキ関係の仕入か何かの仕事をしていると。
年齢の関係で飛行機も安くとれるので、札幌いったり、あちこち飛び回って現役で仕事をされているんです。
「僕の甥が島根にいましてね。原子力関係の仕事をしているんですよ」
と。
「会うたびに言うんですよ。原発ってのは良くない。あれは良くないってね」
さすがに90年生きている方の言葉は重みがあります。

それに対して
「しかし、いまの安倍さん見ていると怖いですね。戦争はじめようと」
って、隣の女性が返したり。
これまた、なるほどですよ。

そんな感じで、今の世相などなどについて、ゆっくり間をおきながらですが途切れることなく話が続くんです。
で、1時間以上たったころでしょうか。
隣の女性が、出身の岩国に帰るというところなのだそうです。
で、90代の御大が
「岩国っていうと…なんでしょう」。
答えが
「そうですねえ。いわくにずし…ですかねえ」。


そこで話がぴっっっっったり止まってしまって。
隣で聞いてる自分は「いわくにずし」知りませんからね。
気になって気になってしょうがない。
いや、そこで会話やめますか?????
f0147037_17294768.jpg
という話を後日、とりら事務局MAさんにしたところ
「ちらしずしみたいな、かさなってるやつでしょ」
とひとこと。
なんだ、知ってるんだ。
食い物って、ほんとわかりません。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-06-06 19:27 | たべもの | Comments(0)

うんどう会のこと

f0147037_1434187.jpg
うんどう会でわたしは赤組でした。
よこうれんしゅうでは赤組がダブルゆうしょうでした。
そしてうんどう会本番の日、1回目のおうえんがっせんでは、赤組45点、白組30点で赤組がリードしていました。

そのつぎの80m走でもうすこしでおいぬけるというところでゴール。
一番さいごになってしまいました。わたしは、これが100m走だったらよかったなと思いました。
リズムなわとびでは、少しひっかかったけれど、じょうずにとべたと思います。

昼ごはんで、おべんとうを食べたとき、ポテトサラダを食べそこなってしまいました。

チャンスレースはふしぎです。
きょ年のラッキーカラーのでも今年のウルトラクイズでも1とうでした。
本当にチャンスレースはふしぎです。

そしておうえんのぶでも勝ってダブルでゆうしょうでとてもうれしかったです。
そして気がつくとうでが日にやけて黒くなっていました。


 by Raekwon
[PR]

by torira | 2016-05-26 19:34 | たべもの | Comments(2)