カテゴリ:年中行事( 235 )

ことしのとしな

f0147037_22101025.jpg

「私の姉がつぐってるんだけどなはん、年だからあまり作れねぐなってきたのさ。だから今年は数、少ないの」。
予約しておいて良かった〜〜。

f0147037_2212585.jpg
今年さいごの図工クラブはこんなの作りました。

f0147037_22121660.jpg
「岩手の小正月行事調査報告書」(岩手県文化財愛護協会刊行)。これ、小正月だけでなく、いろんな年中行事が拾い集められていてとても面白いです。なんて豊かなんだ岩手県、って思う。

この冊子がすでに<在庫なし>になっているのは残念ですが、それより実態の方が激減してるのだろうと思います。
f0147037_22134949.jpg
岩泉町ではこんな門松が飾られていたのね‥。

あ。「としな」は手に入れたけど、玄関飾りがまだだった。
今風のオシャレな輪飾りはいらない。普通のやつで、なるべく地元の人が作ったので、ちょっとイイのないかなあ。え?注文多い?

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-12-28 22:19 | 年中行事 | Comments(0)

おいなりさん

f0147037_21233652.jpg

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-12-26 21:24 | 年中行事 | Comments(0)

オソウゼンサンの年越し

神様にはそれぞれ年越しの日があるようですが、盛岡市大ヶ生のオソウゼンサンは12月19日がお年越しです。
オソウゼンサンは、馬を守ってくれる神様です。チャグチャグ馬こで有名な滝沢村(もうすぐ滝沢市)の蒼前神社と同様の神社が大ヶ生には三箇所あり、今日は上大ヶ生の蒼前神社が主人公です。
お宮へは田んぼの背後の斜面を登っていきます。
f0147037_21131933.jpg

「ここらは昭和55年ころまで採草地だったんだから。田んぼになったのはその後」と、オソウゼンサンを管理するカワムワさんが指さします。当時はまだ牛は飼っていなかったそうで、ということは馬がいたのでしょう。
f0147037_21143732.jpg
古来からの馬産地であるみちのく。
じつはここ大ヶ生でも馬産が盛んに行われていました。平地の少ない上大ヶ生では耕作は畑作が中心で、山の斜面は採草地としての役割もあったようです。

当時、東の山を越えて宮古街道の兜神社にお参りに行ったものだそうです。そこにある放牧地で南部馬と西洋馬の交配・繁殖が行われ、近代の馬が生まれて行きました。
そんな近道があったことを教えてくださったお一人が、カワムラさんです。
「オレは家の馬に乗って山をこえて兜神社のお祭りに行ったんだよ」という話を伺って驚いて書いたのが、「とりら」7号に載せた「高舘剣舞、馬の古道を行く」です。読んでいただければ幸です。

午後1時を過ぎるともう一人、お宮に登ってきました。カワムラさんとともに大ヶ生高舘剣舞を担っている方です。
f0147037_21135845.jpg
「これは本家さんが建てたの」「一昨年の大地震ではなんともなかったのに、今年の長雨で倒れたもんやぁ」などと言いながら、倒れてしまった馬頭観音の石碑を建て直しました。明治時代のものです。

お孫さんを連れていつもの参拝の方が来ました。
お宮の前で火を焚くのが習慣です。80代のカワムラさん、まだまだお元気。来年もよろしくお願いいたします。
f0147037_21141842.jpg

来年の干支はウマでしたね。ちょっと馬のことを書いてみました。
とりら7号(500円 , 送料一部80円)をご希望の方はメールでお問い合せください。

 by.事務局MA e-mail: toriratorira@yahoo.co.jp
[PR]

by torira | 2013-12-19 21:24 | 年中行事 | Comments(0)

そういう季節

f0147037_20445929.jpg

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-11-19 20:45 | 年中行事 | Comments(0)

ひどり

盆明け17日、バンバのうえっかわにある石碑には赤飯が上がってました。
馬頭観音さんなんだけど。

かたや、うちの近所の剣舞供養塔は、盆の16日にも特にあげものはナシ。
お彼岸にはお花が上がってたりするんだけど。

f0147037_22135691.jpg
という具合に、石碑をめぐる行事の日程は、周りが思っているのとはちょっとズレることがよくあります。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-08-23 22:13 | 年中行事 | Comments(0)

トウロギ(灯籠木)を見ながら

お盆のトウロギを見ながら遠野〜盛街道を行きました。
遠野市小友町では毎年複数のトウロギを見かけます。仏さんがでたら3年立てるとか5年立てるとかいいます。
f0147037_14415130.jpg
f0147037_14423598.jpg

遠野市綾織の立派なおうち〜!幡が二枚。丸い提灯がついているのが見えるでしょうか。
f0147037_14441719.jpg

あたりの家の門前には万灯が設けられていました。
f0147037_14453717.jpg


大船渡市三陸町にもありますよ、と連れて行って頂きました。
三陸町綾里です。
f0147037_14481515.jpg
綱に杉の葉が等間隔ではさみこまれています。
森口多里の「民俗の四季」にあるように杉の葉が十字になっていますが、一束のもの丸いリース状のものなど各地各家のバリエーションが豊かです。
明かしは丸い提灯ではなく四角い灯籠が付けられています。というか灯籠木(とうろぎ)というからにはこちらの形が古いのかも。
f0147037_14491356.jpg


同じく三陸町綾里。こちらも立派なおうち〜!
f0147037_14455679.jpg
トウロギの足下に不思議なしつらえが見えました。四柱に白い布がかけてあり、流れ灌頂のようです。水難に遭った人を供養する習俗で、流れ=川べりに設けたりするとされていますので意外でした。
四柱に夏水仙などがきれいに飾られていて供養の気持ちが伝わります。
f0147037_14465462.jpg


帰り道、遠野市小友町はもう真っ暗。
トウロギのてっぺんにつけた提灯に明かりが灯っていました。
これを目当てにご先祖さまが帰ってくるんですねえ。
f0147037_14431563.jpg


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-08-20 15:05 | 年中行事 | Comments(0)

盆をはさんで

f0147037_1637465.jpg
f0147037_16375750.jpg
f0147037_16385519.jpg

by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-08-17 16:39 | 年中行事 | Comments(0)

通りかかったら盆踊り

げんぞうさんの盆踊りポスター攻めにお応えして、ポスター掲示がなかった盆踊りの報告です。

盛岡市の伝統さんさの1つ、山岸さんさ踊り保存会では、清養院の境内で毎年お盆にさんさ踊りを行っています(内院と墓石の前で踊ったあと)。
この行事を同団体では「盆舞供養」と呼んでいらっしゃいます。このへん「とりら」4号の拙稿「さんさ踊りと盆踊り」でちらっとふれました。

山岸さんさ踊りの盆舞供養、以前はたしか8月13日だったと思うのですが、今年は15日でした。
通りかかったらちょうど提灯の明かりが見えてそれと知ったわけ。
そんな「とおりすがりのお寺の境内にオレンジ色の丸い灯りが点々と見えた」ときの気分はなんともいえないものがあります。
f0147037_15413991.jpg

今夜の順番。
始めは統一さんさと呼ばれる踊り(さんさパレードで踊るやつ)を保存会の方々とふつうの市民とが一緒に踊ります。

その後、保存会による伝統の山岸さんさを踊り、最後に皆
で賞品付きのさんさを踊って終わり、だったか餅撒きもやるのだったか、ぼやっと聞いて忘れてしまいました。すみません。
f0147037_15415884.jpg

お寺が並ぶ北山の通りで盆踊りをやるのはここだけなのでしょうか?
16日の今夜はたしか正伝寺の駐車場でも行われるのではなかったかな?
そんなポスターを探しましたが見あたりませんでした。
お知らせは回覧板でしょうか。それとも町内会一斉メール、、ってことはまだないと思いますけど。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-08-16 15:43 | 年中行事 | Comments(0)

盆2013

f0147037_7555245.jpg
f0147037_7561114.jpg
f0147037_7561979.jpg
f0147037_7563118.jpg
f0147037_756434.jpg
f0147037_7565412.jpg
f0147037_757494.jpg

そのほか、「8月16日(金)岩手町五日市橋付近19時~灯篭流し」。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-08-15 16:30 | 年中行事 | Comments(0)

伊達藩の盆踊り

f0147037_2122762.jpg
f0147037_2123887.jpg
f0147037_2124623.jpg

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2013-08-12 21:06 | 年中行事 | Comments(0)