カテゴリ:年中行事( 234 )

幣束立て

f0147037_165306.jpg

山田町関谷。
地域の方々があつまって幣束をもらうのだそうです。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2017-01-05 19:55 | 年中行事 | Comments(0)

2016年のとしな事情

「姉ももう80過ぎたからなはん、『疲れた』って言うから今年からとしな作るのやめたの。ごめんね」といつもの花屋さんに言われ、盛岡の稻ワラで盛岡の人が作ったとしなが手に入らないことになりました。がーん・・。


じゃ「ちいさな野菜畑」に頼んでみるか。

「なんかねー、今の人はとしな使わないのね。今年は市場に出てないんだって。昔は5つとか6つとか買って裏口や台所やトイレに掛けたけどねえ」。

ギョギョギョ。そういう時代ですか。

そういえばいつもは11月のうちからスーパーの店頭に積みあげられていたとしな、今年はあまり見ないなと思ってました。

う~ん、私は年中行事と飾り物が大好きなので、七夕もお盆もクリスマスも正月も飾りたい方です。少数派か。。


玄関飾りは果物屋さんで買いました。

JA全農みやぎ「宮城栗駒産」です。

f0147037_23294948.jpg

果物屋さん「こういうのは作る人も高齢化で少なくなってるからねー。それと今年は台風があったり天候が悪かったりして稻ワラが良くなかったことも(品薄に)関係あるんじゃないかな。」

なるほど-。


暮れも押し詰まった12月27日に、やっと宮古市北上山地民俗資料館「早池峰山 里の信仰」展を見に行ってきました。

106急行バスはやまびこ産直館でトイレ休憩があります。その3分間に産直に走って行くと、「あった!地元製のとしな!」。

よかった~。もうダメかと思ってたよ。

宮古市川井江繋の方が作ったとしな、稲穂も付いてます。立派です〜〜。うれしい。

f0147037_23283380.jpg

台風10号の時はきっと大変だったでしょう。

「天災は忘れないうちにやってくる」昨今ですが、あと30分でやってくる2017年は穏やかに過ぎてもらいたいと心から願います。


 by.事務局MA



[PR]

by torira | 2016-12-31 23:30 | 年中行事 | Comments(0)

宮古の盆踊りは三連チャン

宮古市高浜地区にあったポスターです。
f0147037_23212722.jpg
バスの窓ごしに撮ったのですが、ガラスがくもっていたので全体ぼやっとしてますあしからず。
そしてこちらが盆踊り会場となる「イワマ電化様となり」らしかった。
f0147037_23225566.jpg

何で踊るんだろうなあ?
津軽石さんさ踊りみたいなさんさ系なのか、それ以前の古い盆踊りなのか、はたまた炭坑節なのかが気になりました。

それにしても、盆踊りが一夜のみという町内が増えましたね。
私は中学生の頃は学校続きの家に住んでいました。
お盆中は校庭が盆踊り会場となるので、毎夜7時から9時過ぎまで、校舎にとりつけたこわれかけのスピーカーから、家庭内の会話も成り立たないほどの大音量でえんえんと繰り返し流される「北海盆歌」に悩まされたものです。
でもそれも良き時代ならではだったのかなあと思う今日この頃。
一度も踊らないままに終わってしまった今年のお盆でした。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-08-19 19:20 | 年中行事 | Comments(0)

30分 盆踊り

f0147037_9433327.jpg
by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-06-22 21:40 | 年中行事 | Comments(0)

れん休で楽しかったこと

わたしはれん休のうちに、八戸のおばあちゃんの家に行ってそのとちゅうにこどもの森に行ってあそびました。
一番楽しみだったのが「のっぴい」です。
ですがおかあさんはちがうことを楽しみにしていました。
でも、のっぴいを先にして、楽しくあそびました。
そしてさいごにローラーすべり台をしました。
が、やっていたよそのこがおもしろそうにやっていたのでわたしもやってみたら、のぼるのから大へんで、のぼりおわってすべるとすごくゆれてすべりおわるとふくらはぎがいたくなってしまいました。
なのに、妹の梵さんは、
「もう一回やってくる」
といいました。

何回かやって帰るときブランコにものっておばあちゃんの家にむかいました。
ついてから一番楽しかったのはサッカーです。
いとこの男の子2人としました。

そしてその日から、ギョーザまつりです。
おかしのギョーザと、みんなで作ったギョーザ。
これは土曜日につづきます。

そして「こどもはっち」にもいきました。
けれど、わたしむけのおもちゃがありませんでした。
f0147037_19264899.jpg

帰るとき行ったかぶしまじんじゃ。
そこには、うみねこがいっぱいいました。
タマゴがわれているのを見てかわいそうだと思いました。

そして土曜日におかあさんのしごとでなかよくなった子の家でまたギョーザでびっくりでした。

by Raekwon
[PR]

by torira | 2016-06-10 20:02 | 年中行事 | Comments(0)

一戸町根反のお正月

少し前のことですが。
f0147037_20443234.jpg
1月3日の午後。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-03-07 20:44 | 年中行事 | Comments(2)

過ぎた話 これからの話

f0147037_2140125.jpg
盛岡市土淵


f0147037_21402420.jpg
東京都国立市


f0147037_21405487.jpg
八幡平市

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-02-03 21:41 | 年中行事 | Comments(0)

ミズキ差し上げます

1月15日。今日は小正月!
塀の内側に繭玉飾りがありました。向こうに見えるのはミズキの木。
f0147037_15363410.jpg

昨夜ここを通りかかったタクシーがちょっと止まって、「きれいだな」と褒めてくれました。
「小っちぇどきはミズキ団子って言ったな。今は飾る家もあまりないべ」。う〜ん残念ながらそのようです。

この家の物置に「ミズキの枝 差し上げます」という張り紙をしました。
f0147037_1534448.jpg

赤くてきれいで枝が形よく広がっているのでミズキが選ばれるとか。
f0147037_15352443.jpg
切った枝を前日から置いていますが、どなたも持っていってないようです。

今は「ミズキ団子」という呼び方が一般的になったですかね。
昭和53年の「岩手の小正月行事調査報告書」を見ると、「めやこだんご」(石鳥谷町)とか、「柴団子」(岩泉町釜津田)とか、「だんごならせ」(三陸町)など色々あります。「めやこ」というのは「まゆコ」ということでしょう。
f0147037_16213810.jpg

この資料はもはや購入は無理ですが、各図書館で借りたり閲覧したりできます。収蔵検索はこちらでどうぞ。

北海道じゃ「まゆだま」っていうな。
同様の行事、全国的には日本海側でさかんに行われています。
検索してみるとどうも新潟が一番にぎやかです。最中の皮で作るカラフルな飾りが豊富でゴージャス。
あ!ここには正月の切り紙も出ている。
うちは金沢から取り寄せたのを始め、遠野だの花泉だのから買ったのを使い回ししている。(ホントは毎年更新ね)
あの、ピンクや黄色の恵比寿大黒小判などなどのこと、陸前高田市では「飾りせんべい」というらしいですね。欲しかった〜。

紙に印刷されたおかめや千両箱は宮古市で買いました。
f0147037_1610396.jpg
宮古の春は元気かな?

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-01-15 16:25 | 年中行事 | Comments(0)

正月は続くよ

f0147037_17295024.jpg

f0147037_1731084.jpg
f0147037_17303484.jpg
by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-01-09 17:28 | 年中行事 | Comments(0)

まゆだま飾りで年納め

今年もお世話になりました。
いつもは脇枝で作るまゆだま飾りですが、庭に勝手に生えてきたミズキがだいぶ大きくなってきたので、芽止めを兼ねて主枝を切りました。
狭い玄関にむりやり飾っています。
f0147037_1930307.jpg
一度これをやってみたかった!
立てるのはたいへんでしたが、願いが叶ってうれしい大晦日です。

小正月には戸外に移してご近所を驚かそうと思います。
ミズキの赤い枝をご希望の方、差し上げますよ〜。

2016年が希望のある年になりますように。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-12-31 19:38 | 年中行事 | Comments(0)