「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:年中行事( 231 )

太田の小正月

盛岡市中太田の太田地区活動センターで、敷地内にある移築古民家を会場に例年おこなわれている小正月行事。

太田地区の各集落が年ごとに交代で担当しています。
集落ごとの違いもみどころ。
f0147037_16204450.jpg
今年は15日に見にいったら、すでに終わってました。
しめ縄や雪中田植の跡はしっかりと堪能。

成人の日(9日)前後にやったのかな?

 by げんぞう

[PR]

by torira | 2017-01-27 19:19 | 年中行事 | Comments(0)

せあどだき

f0147037_21403798.jpg
f0147037_21404744.jpg

矢巾町実相寺にて

by げんぞう


[PR]

by torira | 2017-01-26 18:40 | 年中行事 | Comments(0)

四ツ屋の地蔵さん

f0147037_21541333.jpg
盛岡市本町通二丁目にて

by げんぞう

[PR]

by torira | 2017-01-22 21:56 | 年中行事 | Comments(0)

小正月ニュース2017

小正月の記事が新聞の紙面をにぎわせています。
楽しいですね、小正月の行事は!

うちでは大正月からまゆ玉飾りをしますが、岩手では小正月に行われています。
このまゆ玉飾りの楽しさをおすそわけしたくて、ミズキの小枝とまゆ玉をセットにして「ご自由にお持ちください」と書いて塀にくくりつけてみました。
f0147037_10170882.jpg
前日に2セットが、当日は友人が残りを持っていってくれました。うまく飾ってくださったようです。

洋野町大野の「おおの道の駅」には今年も林郷地区のなもみが訪れたようですね。
f0147037_10260296.jpg
「とりら」8号(500円+送料)では、「なもみがやって来た ヤァ!ヤァ!ヤァ!」という記事で、この林郷のなもみが詳しく紹介されています。
読んでみたいかたはこちらのページをご確認の上、事務局toriratorira@yahoo.co.jp へお申し込みください。

 by.事務局MA



[PR]

by torira | 2017-01-16 10:32 | 年中行事 | Comments(0)

こくぞうさん

f0147037_1827533.jpg
盛岡市仙北二丁目。

by げんぞう

[PR]

by torira | 2017-01-10 18:27 | 年中行事 | Comments(0)

教淨寺

f0147037_2123059.jpg
盛岡市北山1丁目 時宗 教淨寺。
1月4日のお昼すぎに地域で貼り出し作業がおこなわれていました。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2017-01-09 19:59 | 年中行事 | Comments(0)

さいのかみ

f0147037_20585078.jpg

東京都国立市。
書初めを焼くと、字がうまくなるという。
すごく長い竹竿の先に白玉ダンゴをつけたものが、参集者に配られる。
たいてい、火が強くて熱いので、ダンゴを充分にあぶるところまで接近できない。
結果、生焼けっぽいダンゴを食べることになる。

by げんぞう
[PR]

by torira | 2017-01-08 06:54 | 年中行事 | Comments(1)

幣束立て

f0147037_165306.jpg

山田町関谷。
地域の方々があつまって幣束をもらうのだそうです。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2017-01-05 19:55 | 年中行事 | Comments(0)

2016年のとしな事情

「姉ももう80過ぎたからなはん、『疲れた』って言うから今年からとしな作るのやめたの。ごめんね」といつもの花屋さんに言われ、盛岡の稻ワラで盛岡の人が作ったとしなが手に入らないことになりました。がーん・・。


じゃ「ちいさな野菜畑」に頼んでみるか。

「なんかねー、今の人はとしな使わないのね。今年は市場に出てないんだって。昔は5つとか6つとか買って裏口や台所やトイレに掛けたけどねえ」。

ギョギョギョ。そういう時代ですか。

そういえばいつもは11月のうちからスーパーの店頭に積みあげられていたとしな、今年はあまり見ないなと思ってました。

う~ん、私は年中行事と飾り物が大好きなので、七夕もお盆もクリスマスも正月も飾りたい方です。少数派か。。


玄関飾りは果物屋さんで買いました。

JA全農みやぎ「宮城栗駒産」です。

f0147037_23294948.jpg

果物屋さん「こういうのは作る人も高齢化で少なくなってるからねー。それと今年は台風があったり天候が悪かったりして稻ワラが良くなかったことも(品薄に)関係あるんじゃないかな。」

なるほど-。


暮れも押し詰まった12月27日に、やっと宮古市北上山地民俗資料館「早池峰山 里の信仰」展を見に行ってきました。

106急行バスはやまびこ産直館でトイレ休憩があります。その3分間に産直に走って行くと、「あった!地元製のとしな!」。

よかった~。もうダメかと思ってたよ。

宮古市川井江繋の方が作ったとしな、稲穂も付いてます。立派です〜〜。うれしい。

f0147037_23283380.jpg

台風10号の時はきっと大変だったでしょう。

「天災は忘れないうちにやってくる」昨今ですが、あと30分でやってくる2017年は穏やかに過ぎてもらいたいと心から願います。


 by.事務局MA



[PR]

by torira | 2016-12-31 23:30 | 年中行事 | Comments(0)

宮古の盆踊りは三連チャン

宮古市高浜地区にあったポスターです。
f0147037_23212722.jpg
バスの窓ごしに撮ったのですが、ガラスがくもっていたので全体ぼやっとしてますあしからず。
そしてこちらが盆踊り会場となる「イワマ電化様となり」らしかった。
f0147037_23225566.jpg

何で踊るんだろうなあ?
津軽石さんさ踊りみたいなさんさ系なのか、それ以前の古い盆踊りなのか、はたまた炭坑節なのかが気になりました。

それにしても、盆踊りが一夜のみという町内が増えましたね。
私は中学生の頃は学校続きの家に住んでいました。
お盆中は校庭が盆踊り会場となるので、毎夜7時から9時過ぎまで、校舎にとりつけたこわれかけのスピーカーから、家庭内の会話も成り立たないほどの大音量でえんえんと繰り返し流される「北海盆歌」に悩まされたものです。
でもそれも良き時代ならではだったのかなあと思う今日この頃。
一度も踊らないままに終わってしまった今年のお盆でした。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-08-19 19:20 | 年中行事 | Comments(0)