カテゴリ:冊子「とりら」( 104 )

とりら9号のお詫びと訂正について

先日出来上がった「とりら」9号は、もっか盛岡市と花巻市の書店などでお買い求め頂けるようになりました。
釜石から山田町・宮古市にお住まいの方は、届けてくれる移動本屋さん:信栄書店(tel.080・1668・4649)へお問い合わせください。

ここからが重大なお知らせ、というかお詫びです。
巻頭の記事「南下幅念仏剣舞と私」の中に間違いがありました。
5ページ上段の後半、
「2016年秋に庭元の代替わりが行われ、現在は髙橋哲氏さんが第33代庭元である」という部分は、「髙橋哲也さんが第34代庭元である」が正しい文章です。
f0147037_2041921.jpg

編集子のミスにより庭元さんのお名前と肩書きを間違え、ご本人はもとより、今回執筆してくださった那須川真由美さん始め、南下幅念仏剣舞の関係者の皆さまには大きなご迷惑をおかけしてしまいました。今回の失礼を心からお詫びいたします。
すでに入手された皆さまには、お手数ながらこの箇所の訂正をお願いいたします。

南下幅念仏剣舞は文化14年(1817)に始まる、北上鬼剣舞のルーツとも言われる伝統ある念仏剣舞です。
近年は地元の伝承者が少なくなり、活動が停滞していましたが、もっか南下幅以外の住民を受け入れることによって再興され、演目や儀礼の復活を果たして活動が盛んになりつつある団体です。
f0147037_2045836.jpg

その中で人一倍熱く剣舞習得と活動の展開に力を注がれてきた那須川さんの健闘ぶりが読める6ページになっています。
最後の先生の言葉には、誰もがぐっと心をつかまれることでしょう。
ぜひご一読ください。
直送を御希望の方は e-mail toriratorira@yahoo.co.jpへどうぞ。

 by.事務局MA
f0147037_2071771.jpg

[PR]

by torira | 2017-08-16 20:11 | 冊子「とりら」 | Comments(0)

とりら9号が出来ました

f0147037_12134116.jpg
<表紙>中野七頭舞

とりら9号

南下幅念仏剣舞と私 那須川真由美

高田の記憶を分かちあうーナマコ引きと昔がたり 佐藤学・前田千香子

続・飯豊神楽修行日記 熊谷航

早池峰神楽の道具考その2 早池峰神楽と妙泉寺・盛岡藩 吉田隆一

山田のブリ絵馬をよむ 飯坂真紀

定価 500円(直接申し込みの場合は税込み価格、書店で購入の場合は外税になります)

※直送ご希望の方は以下へ御連絡ください。折り返し郵便振替用紙を同封してお送りいたします。
 e-mail= toriratorira@yahoo.co.jp
恐れ入りますが、送料180円(一冊の場合)と振り込み手数料130円のご負担をお願いしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2017-08-13 12:12 | 冊子「とりら」 | Comments(0)

「短歌雑誌ネガティヴ」と「とりら」

豪華すぎるフリぺ、といわれる『短歌雑誌ネガティヴ 』の-17號を、制作者から頂きました。いつもありがとうございます。
今回はなんとネガティヴせんべい付きでした!豪華!せんべいが割れちゃってますがご容赦を。
f0147037_2359598.jpg

現代短歌の雑誌(なんと無料!)です。
作者名を伏せて採点投稿を呼びかけ、次の号で結果と作者を公開するというものです。
今号で私が気に入った歌(たくさんあるけど)から二首。

今ならば誰も見てない大丈夫飲んでもいいよどん兵衛のつゆ

街中の花屋をぜんぶ閉めさせて赤いワンピースで会いに行く


ちょっと甘酸っぱかったりほろ苦かったりする若い歌が多いです。
編集制作のメインは、「とりら」4号(在庫ナシ)では「ナニャドヤラの分布と種類」を、8号(在庫あります)では「なもみがやって来た ヤァ!ヤァ!ヤァ!」を書いていらっしゃる瀧音幸司さんです。
短歌の採点投稿、だれでも可です。次號(-18號)分の〆切は2017年1月31日(火)
お問い合わせは negative57577@gmail.へどうぞ。

で、「なもみ」って何?という方は、とりら8号をぜひご一読ください。
ご注文は toriratorira@yahoo.co.jp まで。どうぞよろしくお願いします。

 by.事務局MA
f0147037_23534777.jpg

[PR]

by torira | 2016-11-28 00:10 | 冊子「とりら」 | Comments(0)

広告なしでやってます

「blogとりら」は、exciteというインターネットサービスを使っています。
当初、exciteブログは記事の下に広告が入らなかったので、すっきりしていいかなあと思って選びました。

ところが、数年たってやはり広告が入ることに。
無料のblogサービスなので、仕方がないのかもしれません。

広告の内容もいろいろです。
ローンだったり、健康食品だったり、グルメサイトだったり。


このあいだは
“くいこまないショーツ”
みたいな広告があり…。
f0147037_11555922.jpg



冊子「とりら」は、補助金なし・広告なしでやってます。
皆様からいただくお代だけが頼りです。
どうぞなにとぞよろしくお願い申し上げます。


f0147037_975690.jpg

取り扱い店
【盛岡市】
さわや書店本店 tel.019-653-4411
さわや書店盛岡駅フェザン店 tel.019-625-6311
東山堂書店本店 tel.019-623-7121
県立博物館ミュージアムショップ tel.019-661-2831
もりおか歴史文化館 tel.019-681-2100
ダニーハ tel.019-643-6412
ひめくり tel.019-681-7475
クラムボン tel.019-651-7207
ちいさな野菜畑 tel.019-661-7170
baan tel.019-651-0609
カネイリスタンダードストア tel.019-613-3556

【紫波町】
本のくずおか tel.019-676-5800

【花巻市】
エムズ書店桜台店(アルテマルカン) tel.0198-23-0660
ブックス銀河(イトーヨーカドー店) tel.0198-22-4548

【花巻市東和町】
吉功神仏具店 tel.0198-42-4525

【岩泉町】
道の駅いわいずみ tel.0194-22-4432

【宮古市】
かんの書店本店 tel.0193-62-2548

【大槌町】
信栄書店(釜石市~宮古市内の範囲で配達してくれます。
     注文はFax.0193-42-5501か、tel.080-1668-4649へ)

【大船渡市】
BOOK BOY大船渡町店 tel.0192-27-3322

【東京都】
ROUTE BOOKS(上野) tel.03-5830-2666
レコードショップアポロ(国立市) tel. 042-572-3414

【神奈川県】
日本民家園 tel. 044-922-2181

【大阪府吹田市】
国立民族学博物館ミュージアムショップ tel.06-6876-3112

現在のところ、以上のお店に並んでおります。
通常扱って頂いている他のお店や館にも鋭意納品中です。

「とりら」は書店等で販売しますが、ご希望の方には直接お送りします。
●本体価格:5号~8号は500円,6号のみ1000円 (各 税込)※1号〜4号は在庫ございません。
●送料:ゆうメール180円を購入者のご負担分送料とします。10冊以上は送料無料です。

・ご住所(+郵便番号)
  ・お名前
  ・お電話番号
  ・希望部数
を事務局 toriratorira@yahoo.co.jp  あてにご連絡ください。(アットマークを半角になおしてください)
折り返しお送りしますので、同封の郵便振替用紙にてお近くの郵便局でお振込みください。
よろしくお願いいたします。



 by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-07-07 20:58 | 冊子「とりら」 | Comments(0)

自称「インドア派」も執筆しています

ふるさと岩手の芸能というと、「ガチでお祭り好きのアウトドアな人」が携わっているというイメージがあるかもしれません。
もちろんそういう方もたくさんいらっしゃるんですが、そうじゃない方もおられまして。
とりら第6号 特別版(2012年4月25日発行)「小○の村の大宮神楽と私」の一文を紹介しましょう。

「大宮神楽を習うということになった時、先生が参考にビデオを見せてくれました。小学生の暮らしは意外と忙しいのです。習い事やスポーツ少年団、学校行事等々。当時、学校の図書室の本を読破することを目標にしていた私にとって、空いた時間は本を読むか寝たいと思っていたので正直うんざりした気持ちでした」

ああ、ほんと共感します。
この続き、相当の紆余曲折があって神楽の一員となっていく様子が綴られています。

冊子「とりら」は、いろんな人が書いています。


f0147037_0363233.jpg


~とりら第6号 特別版(2012年4月25日発行) B5版 白黒 88p~
【目次】
 ◇【陸前高田市】
  ・おらほのうごく七夕
      -陸前高田市高田町川原祭組川人(かわんちゅ)録-
         /佐々木芳勝・千葉茂・村上毅彦
  ・田束鎧念仏剣舞と震災について/千田信男
 ◇【大船渡市】
  ・三陸町綾里における芸能と災害/熊谷常孝
  ・大船渡の芸能を追って/佐藤瑛子
 ◇【釜石市】
  ・夢であって欲しいとずっと思っていました/山本洋佑
  ・虎舞がある日常/菊地 博
 ◇【大槌町】
  ・安渡大神楽と私の震災/濱田力
  ・瓦礫の中からの再興-城山虎舞再興への旅の途中-/上野天光
 ◇【山田町】
  ・いつまでも浜の人/佐藤辰吾
  ・山田町民の主成分はお祭りで出来ている/白濱和江
 ◇【宮古市】
  ・宮古の三百日を振り返って/假屋雄一郎
 ◇【岩泉町】
  ・大地を踏みしめ、上を見て―中野七頭舞と私―/阿部未幸
 ◇【田野畑村】
  ・小○の村の大宮神楽と私/鈴木ゆう子
 ◇【洋野町】
  ・土木作業員が見た震災/瀧音幸司
 ◇沿岸の心意気 /橋本裕之
 ◇沿岸の民俗芸能の現状とこれから/阿部武司
 ◇とりら海に出会う/飯坂真紀

  他に、執筆者紹介,とりら三陸沿岸の民俗芸能応援募金と報告,いわて芸能ごよみ など 
【価格】
 税込 1000円


 by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-06-03 20:37 | 冊子「とりら」 | Comments(0)

上野で「とりら」が買えます

これまで首都圏で「とりら」が買えるのは国立市の「レコードショップ・アポロ」のみでしたが、この度、上野駅から徒歩3分で購入出来るようになりました。

ROUTE BOOKS(ルート・ブックス)は、本と植物と雑貨があってコーヒーも飲めるお店。
山手線 上野駅すぐにありながら10年使われていなかった建物をリノベーションしたビル。その4階にROUTE BOOKSがあります。
f0147037_11361167.jpg
(画像はROUTE BOOKSのサイトより)

お、おしゃれですねー。
ここに「とりら」が置かれてるのか〜〜。
お店のコンセプトは「産地直送の穫れたて野菜のように、本当に良いと思えるものを自分たちの手で届けたい。」だそうです。「とりら」を取り上げて下さってありがとうございます。一度行ってみなくては。

本や植物、廃材をリメイクした家具や雑貨などの販売をしています。 またワークショップなど学びの場も提供。詳しくはHPをごらんください。
東京方面のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

〒110−0015 東京都台東区東上野4−13−9 ROUTE89 BLDG.4F
TEL:03−5830ー2666
OPEN:12:00-19:00(水曜定休)

 ※現在の取り扱いは「とりら」6号〜8号です。
f0147037_1217395.jpg
f0147037_12183618.jpg
f0147037_1284242.jpg

 
  by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-04-18 11:43 | 冊子「とりら」 | Comments(0)

なもみがやって来た

二十日正月も過ぎました。
ことしの新聞に登場した「なもみ」の記事をご紹介してみます。こちらは岩泉と宮古のなもみ。
f0147037_11484711.jpg

以前もご紹介した洋野町大野・林郷地区のなもみの記事2016年版。
f0147037_22101047.jpg

とりら8号は、この洋野町大野・林郷地区のなもみに密着し、ほんわかタッチで書いて頂いたレポートを掲載しています。
題して「なもみがやって来た ヤァ!ヤァ!ヤァ!」

文中の写真をカラーでご紹介しましょう。道の駅おおのにやって来たなもみ。
f0147037_22105231.jpg

おうちにやって来たなもみ。そら泣くわね。
f0147037_2212368.jpg

なもみに扮しているのはどんな人たちなのか、何を思ってるのか、読めば心が温まる冬の友=とりら8号は1部500円です。
ご購入希望はtoriratorira@yahoo.co.jpまでどうぞ!

f0147037_21502042.jpg


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-01-24 22:31 | 冊子「とりら」 | Comments(2)

とりら8号、訂正とおわび

おわびです。
先頃出した「とりら」8号の「いわて芸能ごよみ」に間違いがありました。

8月1日(金)〜3日(日)●第53回北上みちのく芸能まつり 
‥となっていますが、正しくは
8月7日(金)〜9日(日)●第54回北上みちのく芸能まつり 
です。

「北上みちのく芸能まつり」を楽しみにしていらっしゃる方がたくさんおいでかと思います。
ご迷惑をおかけしまして申し訳ありません。
また主催者の方には大変失礼しました。
心よりお詫びいたします。
f0147037_1034610.jpg

これは昨年の「みちのく芸能まつり」の1コマです。北上市の綾内神楽ですね。
本年の盛会をお祈りしています。

これから出す分の「とりら」8号に訂正を入れなくては。。
f0147037_956423.jpg
岩泉町の「道の駅 いわいずみ」では、『私たちの岩泉・まち・と・ひと「ら・ほんて」』のとなりに「とりら」を並べて頂いています。
今後ともよろしくお願いいたします。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-06-15 10:00 | 冊子「とりら」 | Comments(0)

とりら8号ご案内

出ました。
f0147037_975690.jpg

取り扱い店
【盛岡市】さわや書店本店tel.019-653-4411・盛岡駅フェザン店tel.019-625-6311,
     東山堂書店本店tel.019-623-7121,
     ひめくりtel.019-681-7475,
     baan tel.019-651-0609
     クラムボンtel.019-651-7207,
     カネイリスタンダードストアtel.019-613-3556
【紫波町】本のくずおかtel.019-676-5800
【花巻市】エムズ書店桜台店(アルテマルカン)tel.0198-23-0660,
     ブックス銀河(イトーヨーカドー店tel.0198-22-4548)
【花巻市東和町】 吉功神仏具店tel.0198-42-4525、

【岩泉町】道の駅いわいずみtel.0194-22-4432
【宮古市】かんの書店本店tel.0193-62-2548
【大槌町】信栄書店=釜石市〜宮古市内の範囲で自宅や会社まで配達してくれます。
     ご注文はFax.0193-42-5501か、tel.080-1668-4649へどうぞ。
【大船渡市】BOOK BOY大船渡町tel. 0192-27-3322

【東京都】レコードショップアポロ(国立市)tel. 042-572-3414

現在のところ、以上のお店に並んでおります。
通常扱って頂いている他のお店や館にも鋭意納品中です。

「とりら」は書店等で販売しますが、ご希望の方には直接お送りします。
●本体価格:5号~8号は500円,6号のみ1000円 (各 税込)※1号〜4号は在庫ございません。
●送料:ヤマトのメール便からゆうメールに移行します。
 これまでとの差が大きいので、2015年10月31日受付まで100円分をサービスします。
<例>1冊の場合=180円(ゆうメール料金)−100円(とりら負担)=80円を購入者のご負担分送料とします。10冊以上は送料無料です。

・ご住所(+郵便番号)
  ・お名前
  ・お電話番号
  ・希望部数
を事務局 toriratorira@yahoo.co.jp  あてにご連絡ください。
折り返しお送りしますので、同封の郵便振替用紙にてお近くの郵便局でお振込みください。
よろしくお願いいたします。

「ふるさと岩手の芸能とくらし研究会」事務局  
[PR]

by torira | 2015-05-06 09:11 | 冊子「とりら」 | Comments(0)

「とりら」と鉄瓶とあげ麩

「とりら」の取り扱い店が増えました。
盛岡駅から歩いてすぐ、もと古着屋さんがあったところです。
その名も「カネイリスタンダードストア」。
f0147037_10503486.jpg
カネ(金)のロゴがかわいいな。
ウナギのヨコ寝床みたいな店内には、岩手あるいは東北の優れものがたくさん並んでいます。もちろん全国区のものもあります。

じつは、店長さんのお祖父様は藤沢町で黄海神楽の代表をされている方だそうです。
f0147037_1018058.jpg

「とりら」は茶筒のとなりに置かれました。上には「てくり別冊・光原社」や、「復刻版 ずっぱり岩手」が並んでいます。
f0147037_10532516.jpg
本のチョイスがいい。レアものもありますので本好きは長居したくなりそう。

お店のイチオシは南部鉄器、特に「空間鋳造」という工房の。中でもこの急須、ネットではもう入手困難です。
f0147037_10212054.jpg
「手触り感に独特の暖かさがあっていいんですよ〜。でも木のフタを作ってた方がご高齢でもうムリで」。

もう1つ、一関市出身の店長さんのソウルフードを勧められました。
f0147037_10352440.jpg
フライド麩。仙台藩ではよく食卓に上がるようですね。
「一関のこっちが美味しい!シンプルな食べ方が生きます。うどんに入れたりとか」と熱く語られて槻山製麩所の揚げ麩を買ってきました。

教わったとおり輪切りにしてうどんにポン。汁が浸みた頃をみはからって食べると‥おお!これはイケる!天ぷらうどんのおいしい味、だけどそれよりあっさりしてやさしい。
何かと伊達藩の香りにいちゃもんをつける南部藩域出身の相棒も「うまい!」を連発していました。

そんなわけで、盛岡駅乗り降りの際に「とりら」をお求めの方は「カネイリスタンダードストア」へもどうぞ。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-01-24 11:06 | 冊子「とりら」 | Comments(0)