カテゴリ:お役立ち情報( 284 )

郷土芸能祭の観客を増やした岩手町

岩手町から、今回もカレンダーを送って頂きました。
f0147037_23284632.jpg

2015年版の工夫。
f0147037_23275961.jpg
1ページの掲載団体が増えました。そして掛け穴が3つに!
このカレンダー、1ヶ月が過ぎたら真ん中の点線に沿ってチョキチョキすると次月の暦が見られるレイアウトになっています。めくり上げたページを留めるための穴なんです!
f0147037_23284255.jpg


さらに今年の岩手町郷土芸能発表会のパンフレットと、その時のアンケートの集計結果が同封されていました。
これを見てびっくり!
「来場者850人」「会場は出演関係者を含めると1200人の賑やかさでした」とあります。
郷土芸能祭は昭和40年頃から各市町村で行われるようになりましたが、年々客席が寂しくなっていく町が多いように感じています。むろん、終演までたくさんの拍手が贈られる芸能祭もたくさんあるにはあるのですが、どうしてもマンネリになり、また若い世代が見に来ないとう傾向があると思います。
それがなぜ!?

岩手町郷土芸能団体連絡協議会事務局の方(カレンダーの制作者でもあります)にお礼かたがた電話してみました。
「数年前に芸能発表会を教育委員会ではなく自分達が手がけるようになってから変わりました。ポスター・チラシも自分達で作り手分けして貼ります。発表会の準備も自分達でやり、アンケートの集計結果を公表するようにしました。
その成果が出てきてここ3年は平均700名の方が見に来てくれるようになりました。アンケートの回答数もぐっと増えて手応えを感じています。みんな自信を持つようになりました。みんな頑張っています」。

今年のゲスト団体は盛岡市の三本柳さんさ踊りで大好評だったそうです。アンケートというのはなかなか集められないのですが、良かった、感激したという感想がどっさり書かれています。
おそるべし、岩手町。こちらも元気の出て来るお話です。
f0147037_23312477.jpg

いろいろと参考になるこのカレンダー、じつは事務局の方の自主制作、情熱の賜物なのです。応援したくなりました。
1部700円。ご希望の方は以下へお問い合せください。

企画・発行 「民俗芸能友の会」
〒028-4307 岩手県岩手郡岩手町大字五日市10ー18
TEL.0195-2370 FAX.0195-61-2375


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2014-12-29 14:45 | お役立ち情報 | Comments(0)

たすけあい

f0147037_2046479.jpg
by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-11-14 20:45 | お役立ち情報 | Comments(0)

三陸復興カレンダー2015

今年もこの季節になりました。
来年の三陸復興カレンダーが発売されています。
f0147037_0603.jpg

1月は久慈市の山根神楽。
f0147037_092546.jpg

山根は海からかなり内陸に入った、文字通り山あいの地区なので直接的な震災の被害はありません。
しかし古くから「けやぐ(契約)」という関係を海辺の人々と結んできました。血縁はないのですが、家と家との強い協力関係があり、定期的に海の幸と山の幸の交換が行われてきたのです。
貨幣経済に依存しない物流とも言えますね。その関係に震災がどのように影響したのか、残念ながらお話を伺う機会は得ていません。

11月2日には山根で「水車まつり」が行われ、例年通り豆腐田楽やそば切りや出来たての「ゆかべ」(寄せ豆腐)を求める市民でにぎわったようです。山根神楽も例年通りご披露があったと新聞記事に書かれていました。
私も水車まつりに行きたかった、と今回のカレンダーを見ながら思ったのでした。

以降、金成百姓踊り(陸前高田市)、中野七頭舞(岩泉町)、夏屋鹿踊り(宮古市)、鵜鳥神楽(普代村)、久慈平岳まつり(洋野町)、八幡大神楽(山田町)、野田まつり(野田村)、大槌まつり(大槌町)、川原鎧剣舞(大船渡市)、大宮神楽(田野畑村)、鵜住居虎舞(釜石市)が各月に登場します。

カレンダーは一部1000円。
「カレンダーの収益は、当団体が行う復興支援の活動費にすべて充てられます。」とあるように、毎年とりらの募金へもお志を頂いています。ありがとうございます。
SAVE IWATEがどういう団体でどういう支援組織となっているかがわかるページもあります。

すでに盛岡市をはじめ各所で購入できます。今月22日・23日には鎌倉市でも販売されます。
英語版もあるようです。
お近くにない場合の購入方法など詳細はこちらからどうぞ。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2014-11-08 00:31 | お役立ち情報 | Comments(0)

鎌倉芸術祭でとりらの販売をします

f0147037_15344832.png

鎌倉芸術祭は、伝統を現代に活かし、若い世代にもその創造の精神をつたえていくために、また市民とともに地域の興隆を図るために、主に社寺・教会をイベント会場として鎌倉ならではの芸術表現を発信していこうという主旨のもとに行われ、今年で9回目を迎えます。

その中で建長寺では、岩手もりおか復興ステーションとの協同で
東日本大震災復興支援 岩手郷土芸能祭 が開かれます。
首都圏の皆様、ぜひ岩手の芸能に出会って(再会して)くださいね!

会場◆鎌倉市 建長寺・龍王殿

11/22(土)16時開場 17時開宴
11/23(日) 9時開場  10時開宴
出演団体◆鬼柳鬼剣舞≪北上市≫、都鳥鹿踊り≪奥州市≫、鵜住居虎舞≪釜石市≫

前売り券◆3,000円、当日券3,200円
詳細
お問いあわせはこちら:木村/080-2120-7379

会場では、この時期おなじみとなった三陸復興カレンダー2015年版を始め、物販が行われるそうで、私たちの会誌「とりら」の販売もお願いすることになりました。ありがとうございます。
とりら」ってどんなん?とお思いの方、 この機会にぜひ手にとってご覧ください。

 BY.事務局MA
[PR]

by torira | 2014-10-29 15:49 | お役立ち情報 | Comments(0)

うごく七夕のお囃子が盛岡に来ます

f0147037_22564098.png

もりおか復興推進しぇあハート村
第2回 ハートな文化祭

~しぇあハート村にはハートがいっぱい~

■10月4日(土) 11:00~15:00【雨天決行】

■場 所  しぇあハート村(盛岡市本宮5-10) ※駐車場あり

■内 容  ◇さあ!あなたも一緒に【オンステージ】
      ◇暮らしのよろず相談【暮らしの保健室】
      ◇あれ?わかんね?【クイズラリー】
      ◇花は咲く~【ハートの花壇づくり】
      ◇オトナも来てもいいよ【こどもアソビ】
      ◇こころを込めて【うまい屋台】
      ◇掘り出せ【バザー】
      ◇陸前高田から来るよ!【川原祭組お囃子】←オープニングで演奏します!

■問合せ  しぇあハート村センターハウス
        〒020-0866盛岡市本宮5-10-16
        TEL:019-601-5043 月曜以外の9:00~18:00
        Mail:share.mori@gmail.com
        URL:http://www.s-h-v.org/

「支援のお礼に盛岡に行ってお囃子を演奏したい」、とかねてより川原祭組さんからご希望を頂いていましたが、私たちではうまくコーディネイトできませんでした。
先日「盛岡の復興支援の拠点である『しぇあハート村』のイベントに出ることになったよ!」と連絡を頂きましたのでお知らせします。
f0147037_2314379.jpg
「うごく七夕」が気になっていた方、アザフ折りを手伝ってくださった方、陸前高田にご縁のある方、10月4日はしぇあハート村で一緒に川原祭組を応援しませんか?

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2014-09-25 23:08 | お役立ち情報 | Comments(0)

早池峰神楽のある週末

明日28日(土)、盛岡市加賀野の大日如来のお祭りに早池峰岳神楽が奉納にいらっしゃいます。

3時〜 早池峰神楽(岳神楽)
5時半〜餅まき
6時〜 カラオケ大会
7時〜 日本舞踊
f0147037_1425333.jpg

これは去年の様子。イスをもっと神楽殿の近くまで持って行って間近でご覧になったらいいのに。。と内心思いながら撮りました。

あさっては、早池峰神楽とその周辺の神楽が一同に集まります。
おっ!と驚くゲスト団体付きです。

第33回 花巻地方 みちのく神楽大会
6月29日(日)
花巻市東和町 東和総合福祉センター 【地図】
入場料 大人500円(小・中・高校生は入場無料)
10:00 開会式
10:20 開演
17:30 終了予定

1、鳥舞(石鳩岡神楽)
2、三番叟(小瀬川神楽)
3、八幡舞(胡四王神楽)
4、山の神(羽山神楽)
5、岩戸開き(下似内神楽)
6、鐘巻(上根子神楽)
7、四神尊(八木巻神楽)
8、水神(浮田神楽)
9、三韓(幸田神楽)
10、龍殿(合石神楽)
11、注連切(更木神楽)
12、橋掛(土沢神楽)
13、大蛇退治【特別出演】大分県由布市 平石神楽
14、天女(大償神楽)
15、諷誦(岳神楽)
16、権現舞(石鳩岡神楽)

土沢神楽「橋掛」2年前の舞初めにて。
f0147037_1473274.jpg

[PR]

by torira | 2014-06-27 14:16 | お役立ち情報 | Comments(0)

山形のシシ踊りを知る

山形県在住の方から、「保存版・山形のシシ踊り」というパンフレットを頂きました。
置賜地域版、庄内地域版、村山・最上地域版の3種があります。
f0147037_13485813.jpg
写真入りで団体ごとに解説。執筆・監修は東北文教大学短期大学の菊地和博さんです。

山形県でシシがこんなにたくさん踊られているんだということを、今回初めて知りました。
f0147037_13492534.jpg
各地域の地図がついていて、名物や温泉なんかの情報がひと目でわかる親切設計です。
f0147037_13504419.jpg

「ほしい〜」という方は、山形県教育庁 文化財・生涯学習課(tel.023-630-3342)にお問い合せください。

同じ内容のホームページがこちらにあり、さらに年間の活動日程カレンダーもついているのがうれしいです。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2014-05-18 14:19 | お役立ち情報 | Comments(3)

いわて国体はもうすぐ

第71回国民体育大会が2016年に岩手県内で開催されます。

国体アトラクションとして民俗芸能が様々な関わり方をし、また変化もし…という話題をよく耳にします。
2016年いわて国体ではどうなることでしょう。
f0147037_19295419.jpg

町内会の回覧で、さっそく「国体ダンス」のご案内が来ました。
ここでも
“とふっち”
がご活躍。
そのご苦労には頭がさがります。

以前、娘の友達が“とふっち”の「中の人」をつとめた時の話をしてました。
「こういう動きをずっとしてなきゃなくて大変だった」
と言いながら始めたのが、縄跳びの「二重跳び」のような奇妙な所作。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-05-16 19:30 | お役立ち情報 | Comments(0)

身近な素材で

切磋琢磨された芸…その裏には、技術・心構えなどについて、演者の真剣な議論があるに違いない。


と思っていたら、自分が出会った芸能団体の方々は、案外そうでもなかったり。
集まると出てくるのは、
「あそこの家のカマドがどこそこで…」
という、家系にまつわる昔話。
それから、健康の話。
「腰痛い」「膝痛い」は常です。

そういう話のタネになるかなあと思って、少し前からお灸を試してみてます。
「温熱灸」という、あまり熱くないやつから。
整形済みのモグサと、台座(紙製なのかなあ)がくっついているやつです。
このシリーズ、熱さも商品によって段階があり、まずはいちばんユルいのを購入しました。

あんまり熱くないんですね。

次は熱さ最大級のやつにしようかな、とも思ったんですが、まあそこは順番に。
二番目にユルいのに手を出してみました。
ところが、これが熱いのな。
「五右衛門は、さぞ熱かったろう」
とか言える余裕がある人は、本当はあんまり熱くないに違いない…と感じた次第。


そして、こんどは自作してみることに。
犬の散歩がてら摘んできたヨモギをもみもみです。
f0147037_20491416.jpg


だんだんそれらしくなってきましたね。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-05-13 20:50 | お役立ち情報 | Comments(3)

正確な口伝

長年にわたり、変えることなく受け継がれてきた芸。
守りぬくための努力を思うと、胸が熱くなります。





で、うちのツレがたまに不思議な唄を口ずさんでるんです。

「ちゃーんちゃんちゃんちゃちゃーん。
りろりろりろりろりー。
ひょーひょろろーろーろー」

これは「踊る大捜査線」オープニングだそうです。
本物を聴いたら、ぜんぜんぜんぜんぜんぜん違くて、びっくりしました。


それから、

「もーもーかーわー」

「もーたーすくーうるー」

それぞれ、八戸ローカルのCMソングなんだそうです。
文字で書くと、まあその通りなんですが、なんつうのかなあ。
ツレは、これをえらく“ほわー”っと唄ってる。
本物を聴いてみたら、だいぶリズミカルで、これまたびっくりしました。

この調子で口伝されると次の代にはどうなることやら。
f0147037_2036212.jpg

by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-04-21 20:36 | お役立ち情報 | Comments(0)