カテゴリ:お役立ち情報( 284 )

春の海から神楽のたより

げんぞうさんがご紹介下さった飯坂の個展もおかげさまで多くの方に見て頂きました。
画廊で販売した「とりら」もぼちぼちはけました。はるばる宮古から買いにいらした方があって恐縮です。
ご来場の皆さま、情報を拡散して下さった皆さま、ありがとうございました。

個展では毎年、三陸沿岸のどこかをモチーフにした絵を1,2点入れています。
被災地だから描く、というより沿岸を歩くうちに気に入ったモチーフに出会ったので、というスタンスで描いています。
f0147037_1129271.jpg
写っている絵は、「普代駅あたり」という、三鉄に乗っていたときに目に付いた風景です。新しい道路のために工事が行われた結果、なんだか不思議な山が出現していました。
この山も今頃は春の芽吹きに彩られていることでしょう。

普代村と言えば鵜鳥神楽。
旧暦4月8日に行われる普代村鵜鳥神社の例大祭、今年はうまいぐあいに5月3日(水・祝)と休日にあたりました。
f0147037_11341489.jpg
(撮影:阿部武司)

久しぶりに鵜鳥神楽を拝見に行きたいと思っています。
最近、神楽に復帰した舞手が評判を呼んでいます。新人も3名入ったとか、明るいニュースが聞こえて来ました。

鵜鳥神社例大祭の詳細などはこちらをどうぞ。鵜鳥神楽の動画もリンクされています。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2017-04-27 11:48 | お役立ち情報 | Comments(0)

岩手町郷土芸能カレンダー

今年も岩手町郷土芸能カレンダーを送って頂きました。
資料もたくさん同封されていました。いつもありがとうございます。
f0147037_2050112.jpg


昨年秋は久しぶりに沼宮内の秋祭りを見に行きました。といっても夜の合同パレードをちょこっと。

夜の山車はきれいですね。昨年は6台の山車が運行されました。
f0147037_2120309.jpg


カレンダーを送ってくださったのは、沼宮内七つ踊りの代表の方です。
f0147037_21111831.jpg
お会いできませんでしたが、若者のお一人から丁寧にごあいさつを頂きました。
沼宮内七つ踊りについては、以前地元紙に書いた記事がネットで読めますのでよかったらこちらをどうぞ。

五日市獅子踊りを久しぶりに拝見。
f0147037_21173123.jpg


街角で沼宮内駒踊りの演舞を見ることができました。
f0147037_2117394.jpg
なんちゃって一眼レフは暗いとよく撮れません…。

カレンダーの裏側には、岩手町の芸能団体一覧と地図がついています。
f0147037_21472354.jpg

沼宮内は芸能が多いですね。昔から交通の要所として栄えた土地だという歴史が背景にあるのでしょう。

2月10日(金)~2月19日(日)、沼宮内西側〜4号線沿いの「道の駅・石神の丘」では「石神の丘美術館 バレンタインイルミネーション2017」が開催されます。
芸能は出ないようですが、いろいろサービスがあるようです。
一例として期間中お買い物の方に全員にバレンタインチョコをプレゼント!だそうですよ。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2017-02-06 21:43 | お役立ち情報 | Comments(0)

黒森神楽の内陸巡業

「親分、てぇへんだ!こんどの日曜日に、宮古の黒森神楽が権現さん連れて盛岡に来るってよ!」
f0147037_21423930.gif

「ばーろーおめえ情報おそいわい。前売り券はとっくに売り切れてらぁ」
「え!!マジっすか!どうしよう〜」
「当日券をいくらか出すってたな。人気の神楽だからいずれ混むだろうよ。
ま、12時からもりおか町家物語館の中庭で舞い込みやるからそれは誰でも見られる。そこで頭を噛んで頂いてヨシとするんだな」
「でもでも舞もちゃんと見たい〜」
「そういう方面は、前の日1月28日(土)に北上へ行くっきゃない」
「え?北上?」
「このチラシを見ねえな」
f0147037_2131383.jpg

「あ、北上の飯豊地区交流センター<地図>だって。しかもこっちは入場無料だぁ」
「こらこら、できればお花を持っていくんだぞ」
「花束??」
「ばーか。ご祝儀のこったい。
のし袋にてめえの名前書いて三枚くらい入れて、なるべくなら神楽が始まらねえうちに権現さんの前へそっと置くんだ。
ま、出さなくてもいいっちゃ良いがな、わざわざ浜からおいでになる権現さんだからあいさつしといた方がいいってことよ」
「わかりやした。ありがとござんす。わーい♪楽しみだ〜」



  by.事務局MA
[PR]

by torira | 2017-01-23 20:35 | お役立ち情報 | Comments(0)

神楽とジェンダー

20日(日)は恒例となった盛岡観光コンベンション協会主催の芸能公演「おでって芸能館」です。
今回は「女性神楽衆が舞う」とタイトルされています。
f0147037_20315071.jpg

神楽だけでなく、先日の南下幅念仏剣舞を始め民俗芸能各分野で女性の活躍が当たり前になってきました。

「昔からの伝統を守って女性(または女の子)は入れない。」という団体もまだそれなりにありますよね。
色んな場面で言われるこの「昔からの伝統」というのが、時には意外に歴史が新しくて明治以降のしきたりだったりします。
今回の遠野市飯豊神楽の場合は、江戸時代から女性が舞ってよし、というお墨付きをもらっていたそうですが。

芸能の世界では、性別はかなり自由に入れ替わります。
女性が男装して踊ったのが歌舞伎の始まり。今は男性が女装して演じる世界です。
宝塚は少女歌劇としてスタートしたオール女性の芸能世界。他にもいろんな芸能で男女は違う性を演じたりします。
性別を自由に行き来する世界にひたって、観客は日常のうさから解き放たれるのでしょう。

神楽を舞うきれいな女性たちを見るのが楽しみなおじさまも、神楽世界に憧れる女子も、3団体の舞をぞんぶんに堪能できると思います。ちなみに舞手には男性もおります。拍手は男女の区別なく盛大にお送りくださいね。

第46回  おでって芸能館~女性神楽衆が舞う~
11月20日(日)開場13:00 開演13:30
出演・金澤神楽保存会(大槌町)・飯豊神楽保存会(遠野市土淵)・土沢神楽保存会(花巻市東和)
会場:盛岡市中の橋町プラザおでって3階  おでってホール(前売800円、当日1,000円)
問い合わせ先:プラザおでって TEL.019-604-3300


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-11-18 21:12 | お役立ち情報 | Comments(0)

ことしは幸田神楽

f0147037_12202280.jpg

東日本大震災復興支援 岩手郷土芸能祭 in 鎌倉
震災復興を支援して下さるこの岩手郷土芸能祭、4年目の今年は花巻市の幸田神楽がお招きを受けました。

8月に幸田神楽鑑賞会を見て来ましたが、若者連のレベルがまた一段とアップしていましたよ〜。荒舞だけでなく女舞もどちらも素晴らしい出来でした。
f0147037_23345733.jpg
f0147037_23353782.jpg


今回は、早池峰大償神楽の佐々木隆さんが鎌倉まで出向き、神楽のお話をして下さるそうです。
神楽漬けの充実した時間をお楽しみください。
日時:11/19(土)17時開演  11/20(日)10時開演
前売券 大人 3,000円(小学生以下無料)入山料別途 当日券 大人 3,500円(以下同)
会場:大本山 建長寺
問:岩手郷土芸能祭in鎌倉実行委員会
080-2120-7379 iwate.kyoudogeinou.15@gmail.c

会場では、三陸復興カレンダー2017年版が販売されます。収益はすべてSAVE IWATEが行う復興支援の活動費に充てられます。
f0147037_23395584.jpg
1冊1000円 (税込)。
郵送ご希望の方は メール  calendar@saveiwate.jp TWL.019-601-6482、FAX.019-601-6483 までどうぞ。

そして「とりら」5号〜8号も鎌倉の会場で販売して頂けることになりました。
f0147037_13433525.jpg

19日・20日、たくさんのご来場をお待ちしています。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-11-17 23:53 | お役立ち情報 | Comments(0)

2がっきにがんばりたいこと

f0147037_2257531.jpg
わたしが2がっきにがんばりたいことは、じゅぎょう中に手をあげることです。
わけは1がっきに手をあげるのがよくできていなかったからです。
もう1つ2がっきでがんばりたいことがあります。
それはなわとびの二重とびです。
一回か二回はとべますが、できたら五回い上はとべるようになりたいです。
by Raekwon
[PR]

by torira | 2016-10-03 22:58 | お役立ち情報 | Comments(0)

お盆に剣舞を見るチャンス

供養費移設遷座式のご案内を頂きました。
f0147037_22281433.jpg

「南下幅念仏剣舞供養費の移転に伴い儀式を執り行います。
お盆期間の忙しい日ですが、どなたでもご覧いただけますので、ぜひご参列ください。」
とありますのでご紹介します。

◎日時 平成28年8月14日(日)午前10時〜(雨天決行)
◎場所 粟野善知翁石碑建立敷地内 (奥州市胆沢区南都田宇南田 の薬王堂のある交差点近く…らしい)
◎内容 供養費入魂祈祷・剣舞奉納
◎主催 南下幅念仏剣舞保存会

この南下幅念仏剣舞のメンバーの方が、「イマ、ココ、アシタ」というブログを書いていらっしゃいます。奉納に向けて練習が重ねられている様子などが読めて楽しいのでのぞいてみてください。
次号の「とりら」では、この方の記事が読めますのでどうぞお楽しみに。(出るのは秋になりそうです。申し訳ありません!)

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-08-12 22:39 | お役立ち情報 | Comments(0)

テーマ展「早池峰山 里の信仰」を見る

2016年7月15日の記事でも紹介した、宮古市北上山地民俗資料館 平成28年度テーマ展「早池峰山 里の信仰」。
見てきました。


盛岡に暮らしていると、早池峰山はあまり身近ではありません。
岩手県沿岸部を含めて広い地域から信仰を集めるということを耳にはしますが、そんなもんかなあ…と。
花巻の方々がとても愛着を持っているいうのは何かにつけて感じるのですが。

そもそも、「山」に対して関心が薄い日々をすごしています。
だいたい、坂道って疲れるじゃないですか。
山伏神楽にたずさわってるくせにこんなことを言うのは申し訳ないのですが。




テーマ展の会場となっている特別展示室は、思ったほどは広くありませんでした。
四方の壁面を使って様々なパネルが展示されています。
3分ぐらいで見終える感じかなあ、というのが第一印象です。
ここから先、ネタバレにならないよう部分的に伏せて紹介します。


まず目についたのは、やや大きめのパネルを使った、早池峰山周辺の地図です。
テーマ展で紹介されているものごとの場所が、地図上にプロットされています。
これがまず大事な仕掛けになっていることに、後で気づきました。

ところで、早池峰山はいろんなところから見えるといいます。
それはそうかもしれないけど、それってそんなに特別なことなんでしょうか。
高い山なら、まあ見えるでしょう。
ぐらいな感じもします。

で、このテーマ展のパネルで特に多いのは「早池峰山の遠景写真」です。
西は盛岡市、東は宮古市の出崎。
あっちからも、こっちからも…と、次々に出てきます。
いや、これは確かに多い。
なるほどこれは普通の山ではない感じがします。
こうなると、遠景写真の枚数を数えるしかありません。
19枚ありました。
山の写真を並べることにどういう意味があるんだろうと思ってたんですが、これは説得力あります。




そして、もう一つの柱が「早池峰山善行院」と「関根早池峰神社」の聞き取り調査をもとにしたパネルです。
「関根早池峰神社」という存在、頭に入ってませんでした。
改めて例の地図パネルを見ると、ぱっと思い出せる以外にも早池峰山の周りにいろいろと神社があることに気づかされます。

展示の中で強調されているのは「行屋(ぎょうや)」です。
遥拝所が前身となっている「関根早池峰神社」とは別に、「早池峰山善行院」のベースであった「行屋」があったとのこと。
そして「行屋」は、参詣者が泊って行く場でもあったと言います。
すぐ前の池では水垢離をしたとのことですが、写真パネルに写っている水たまりの淀み具合ではどうもそう見えません。
スギ造林が茂って以前のように見通せなくなった…というコメントも書かれていることから、水垢離の池も環境が変わったんだろうなあとうかがい知れます。

そして、参詣者にはソバが振る舞われたそうです。
その「出し汁」の特徴についても言及されていました。
これは、小国地区ならではでしょう。

山と信仰というテーマだと、なんとなく遥拝所を中心に考えてしまいがちです。
結果、山頂との距離感や遥拝所の配置という話に終始するのがせいぜいです(たとえば“一直線に並ぶ”とか“各ポイントを結ぶと五芒星になる”みたいな)。

しかし今回の特別展は「行屋」に着目することで、実際に人々が山と信仰にどう関わったがよく見えるようになっていました。
聞き取り調査では、当然長いお話をじっくり伺ったのでしょう。
でも、パネルに書ける文字数は限られています。
数ある話から、あえてもってくるのが「出し汁」。
これにはうなりました。
よく練られています。

加えて高山植物、民俗芸能…早池峰をとりまく自然と人の様々な姿が豊富な写真パネルで紹介されていました。
そのつど、冒頭の地図パネルに立ち戻って、行ったり来たり。

この流れでいくと、最後は「早池峰は広く親しまれています」ということで、各地にある“早池峰山”の石碑が紹介されるのだろうと感じながら見ていきました。
しかし終盤に待っていたのは、思いもかけない写真パネルでした。
石碑だと、やや近世・近代っぽくなるところですが、もっと現代的なものをとらえた一枚。
二度見しました。
会場をぐるっとふりかえって、また見直して。
都合、五度見ぐらいしました。




気づくと、約30分。
四方壁面のパネル貼り出しでこれだけ仕掛けがあるとは…。
時間が経ってしまったので、常設はまた今度にしよう。
と思ったのですが、そういえば10年ぐらい入っていません。
ロビーから近い第二展示室だけ、ちょっとのぞいてみることにしました。
あれ、こんなに絵馬あったかなあ。
馬につける道具も、ひとつひとつ質感が生々しい。
けっきょく、ひととおり常設を見ました。
ノコギリって、ふだんの日曜大工や庭仕事では横びきのヤワいやつしか手にしません。
それだけに、タテびき・板びきをこれだけたくさん目にすると、いつもとは違う脳の別なところが動く感じがします。
目の深さやアサリのつけかたのバリエーションとか。
代表的なのを数点だけ展示するのも、それはそれでわかりやすくていいと思うんです。
だけど、ノコギリも踏みスキも、これだけ並んでこそ初めて伝わるというものが確実にあります。
そして、これだけの物量があるのにとても清潔感があります。
メンテナンスの苦労は並々ならぬものがあることでしょう。

信仰のコーナーには、牛玉法印など目をひくものがありました。
寄贈者の情報を見ると、どうも特別展のテーマとなっている小国地区のものらしい。
帰り際に、学芸員さんにうかがいました。
「常設のは、善行院さんのもの。特別展はそのカマドの方からのききとりをもとにしています」。
なるほど。
同じ善行院について、テーマ展には「ききとり」という手法が色濃く出ていて、常設展は有形の資料が充実しているというわけです。

そんな今回のテーマ展、多くの方にご覧いただきたい。
その際には、必ず常設展も!
あわせて見ると旨味倍増です。



宮古市北上山地民俗資料館 平成28年度テーマ展
早池峰山 里の信仰
~小国・善行院と早池峰神社の調査から~
平成28年6月10日(金)~9月25日(日)


開館時間 9:00~17:00
休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始など
入館料 一般 200円(100円)
     高校生・学生 150円(80円)
     小学生・中学生 100円(50円)※()内は10名以上の団体料金
交通のご案内 岩手県北バス106急行「川井」バス停から徒歩3分



なんかすごいものを見たなあ…と、ただただ呆然としました。
そんな感じで色々ずーっと考えながら車を走らせながら帰路につきました。
盛岡についてから気づいたこと。
「会場の様子を撮り忘れた」。
うっかりしてたけど、しょうがないよなあ…と、いただいた「資料館だより」をめくってみたら、これまた充実しています。
f0147037_21421376.jpg

「聞き取り調査の報告『糸を通して干したクリについて』」が面白い。
調べる動機と緻密な報告とが、それぞれに味わい深い文章でつづられています。

北上山地民俗資料館へいった際には、ぜひ「資料館だより」も入手してみてください。

by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-07-30 18:40 | お役立ち情報 | Comments(1)

盛岡市下飯岡

f0147037_15534527.jpg
by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-07-10 15:51 | お役立ち情報 | Comments(0)

舞手にとって足は命

ケガが絶えません。
ちょっと前、子供が春休みのころのことなんですけどね。


仕事の訪問先がクツを脱ぐところだったんです。
用事が終わって、さあクツはこうと思って、上がりかまちを一段おりるときです。
薄暗くてよくわからなかったんですが、たぶん釘の頭です。
充分にうちつけられてなくて出てたんですね。
そこにカカトをガリっとこすってしまって。
最初は
「いてえなあ」
ぐらいに思ってたんですが、クルマに乗る直前に見てみたら、靴下に血がしみてるんです。

運転しながら
「釘かあ。
血かあ。
これって破傷風なるよなあ。
破傷風ってなんだっけ。
全身腐るんだったかなあ。
予防注射したよなあ。
でも小さいころだから、免疫きれてるかな」

そんなこと考えてると、なんだか心臓バクバクしてきて、怖くなってくるんですね。
「まっすぐ職場もどらないで、洗って消毒するかな」
ということで、いったん家に寄りました。
f0147037_1928342.jpg

春休みで、梵さん(4歳)とツレは、お出かけ中。
Reakwonさん(8歳)はルス番してました。
とりあえず、消毒剤のマキロンとバンドエイドを取って、風呂場へ直行。
靴下ぬいで、シャワーで洗って消毒して…。
まあ、思ったほど大したキズじゃありませんでした。
で、水を拭いてバンドエイドはろう…としたんですが、血がにじんでるので、タオルで拭くのもどうかなあと思ったんです。

大声で
「Reakwonさーん、箱ティッシュもってきてー」
と叫ぶと、

「あー、でも、今ひるご飯たべてるんだよね。
おかあちゃんが今日お弁当持ってお出掛けで。
私も同じお弁当がお昼ごはんなんだよねえ。
それで、つくってくれたチーズ玉子焼きがメチャメチャおいしいんだよねえ」

という返事。
血を流しながら
「玉子焼きあと!!ティッシュさき!!!」
と絶叫した午後でした。

by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-06-29 19:50 | お役立ち情報 | Comments(0)