カテゴリ:催しもの( 211 )

金ケ崎

f0147037_23314796.jpg

by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-11-11 18:31 | 催しもの | Comments(0)

萩荘

e0330789_23262936.jpg

by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-11-09 23:28 | 催しもの | Comments(0)

ミニ写真展「いわてのしし踊り~戦後写真に見るししのかたち~」

【企画名】ミニ写真展「いわてのしし踊り~戦後写真に見るししのかたち~」

【期間】平成28年10月28日(金)~11月6日(日) 

【会場】盛岡市上田松屋敷(西松園) 岩手県立博物館
    総合展示室「庶民のくらし」まつりと芸能コーナー
(トピック展「絵馬に描かれたネコ」の横にて開催)

【展示内容】10月29日開催の芸能鑑賞会「遠野郷のしし踊り~駒木鹿子踊公演」関連企画として、ささやかではありますが館蔵写真展示を行います。鑑賞会とあわせてお楽しみください。昭和44年(およそ50年前)の遠野まつりに参加する駒木鹿子踊の様子を紹介します。芸能鑑賞会に世話役や囃子として参加するベテラン勢の皆さまの幼少時代を写した記録です。あわせて、昭和24年から42年の間に撮影された各地の「幕踊り系しし踊り」の姿を1コマずつご紹介いたします。
 ※いずれも森口多里写真コレクション

 (1)青笹村〔昭和24年8月、県公会堂 第4回岩手郷土芸能祭にて/現遠野市青笹しし踊りヵ〕
 (2)徳田村徳丹〔昭和25年8月、県公会堂 第5回岩手郷土芸能祭にて/現矢巾町〕
 (3)煙山村〔昭和27年8月、県公会堂 第7回岩手郷土芸能祭にて/現矢巾町〕
 (4)矢幅村矢次〔昭和30年8月、白山神社へ向かう場面/現矢巾町矢次獅子踊ヵ〕
 (5)附馬牛〔昭和31年8月、早池峰神社境内にて/現遠野市上柳しし踊りヵ〕
 (6)二日町〔昭和32年8月、伊勢堂前にて/現紫波町二日町鹿踊ヵ〕
 (7)紫野〔昭和32年12月、個人宅にて/現紫波町紫野鹿踊ヵ〕
 (8)青笹〔昭和32年12月/現遠野市青笹しし踊りヵ〕
 (9)川内〔昭和33年9月、好心寺境内にて/現宮古市川内鹿踊りヵ〕
 (10)菅窪〔昭和35年7月、葬式の出棺前の場面/現田野畑村菅窪鹿踊ヵ〕
 (11)根反〔昭和38年9月、二戸郡福岡小学校 第17回岩手郷土芸能祭にて/現一戸町根反鹿踊りヵ〕
 (12)花輪〔昭和39年1月/現宮古市花輪鹿子踊ヵ〕
 (13)小沢〔昭和39年1月/現宮古市小沢鹿子踊りヵ〕
 (14)末角〔昭和39年2月/現宮古市末角鹿踊りヵ〕
 (15)大槌〔昭和39年5月、県立遠野高等学校 第18回岩手郷土芸能祭にて/現大槌町〕
 (16)徳並〔昭和41年3月、ほとけ供養の場面/現大槌町徳並鹿子踊ヵ〕
 (17)五日市〔昭和41年10月、沼宮内稲荷神社例祭にて/現岩手町五日市獅子踊ヵ〕
 (18)津軽石〔昭和42年8月、津軽石稲荷神社例祭にて/現宮古市法ノ脇鹿子踊ヵ〕

【費 用】要入館料(ただし、11月3日の文化の日は入館無料となります。)



以上は、博物館HPに掲載されている紹介からの引用です。
ポイントは、「森口多里コレクションの写真を大きめの版で見られる」というところです。
岩手県立博物館では、「森口多里コレクション」を所蔵しています。
森口多里は1940年代から80年代にかけて岩手県を中心に民俗,民俗芸能を調査した方。
民俗芸能・年中行事・冠婚葬祭・民具などの写真もたくさん残しています。
その多くが「岩手県立博物館調査研究報告書」にも掲載されています。
が、報告書の図版はどうしても小さいもの。
ここはやはり大きく引き伸ばしたものを見たい。
今回の写真展はその意味で、またとない機会。
森口多里コレクションは、「おしらさまの箱」や「香炉箱」といった記録写真にネコが写りこんでいたり、なんだか変わってます。
「幕踊り系しし踊り」に興味がない方にもおすすめです。
f0147037_21414975.jpg

by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-10-28 21:42 | 催しもの | Comments(2)

写メの設定を誤る

f0147037_2153554.jpg
by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-10-26 21:53 | 催しもの | Comments(0)

奥州市胆沢区

f0147037_11365714.jpg
by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-10-07 18:37 | 催しもの | Comments(0)

矢巾町流通センター

f0147037_18292653.jpg


by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-09-09 18:28 | 催しもの | Comments(0)

六角流

f0147037_2333949.jpg
紫波町日詰商店街

f0147037_2128573.jpg
盛岡市東山2丁目①

f0147037_2129746.jpg
盛岡市東山2丁目②

f0147037_21315014.jpg
盛岡市東見前


by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-08-14 19:30 | 催しもの | Comments(0)

「早池峰山 里の信仰」展のおしらせ

宮古市北上山地民俗資料館 平成28年度テーマ展
早池峰山 里の信仰
~小国・善行院と早池峰神社の調査から~
平成28年6月10日(金)~9月25日(日)


小国地区にある「早池峰山善行院(はやちねさんぜんぎょういん)」と「関根早池峰神社」の聞き取り調査から、沿岸部の人たちが信仰を目的として早池峰山に登山していた事例について紹介します。
あわせて、各方面から見える早池峰山の姿も写真パネルで紹介します。
(宮古市北上山地民俗資料館のHPより)
f0147037_22314776.png

「今回の展示は小国の善行院のことが中心ですが、門馬やタイマグラの早池峰神社、大圓寺などゆかりの寺社や、天然記念物・国定公園・ジオパークとしての早池峰山、校歌や民話にも出てくる早池峰山などにもふれ、幅広い視点から紹介しています。

神楽や御戸入についても少しずつですが紹介しています。

今回の展示は地元の方から各方面から見た早池峰山の写真をたくさん提供していただき写真や解説パネルが中心ですが、秋の企画展は民俗資料が中心となる予定です。
会期は9月末までなので、是非ご覧いただきますようお願いいたします。」ー以上、学芸員さんからのご紹介ですー
開館時間 9:00~17:00
休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始など
入館料 一般 200円(100円)
     高校生・学生 150円(80円)
     小学生・中学生 100円(50円)※()内は10名以上の団体料金
交通のご案内 岩手県北バス106急行「川井」バス停から徒歩3分

 --これは行かなくては。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-07-25 12:28 | 催しもの | Comments(0)

北上市・樺山まつり

f0147037_22193298.jpg

何があるかというと。
f0147037_22195865.jpg


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-07-16 22:18 | 催しもの | Comments(0)

「絆の祭典」と鵜鳥神楽

f0147037_23573696.jpg
遅まきながら、先月行われた久慈市「あーとびる麦生」企画・主催のイベントをご紹介します。

昨年の夏、久慈市侍浜町麦生にある民間のアート施設「あーとびる麦生」におじゃましました。(その時の記事はこちら
熊谷ドリちゃん理事長の「ここでも神楽やりてー。皆に喜んでもらいたい」というお言葉をうけてちょっと橋渡しをし、実現したのが6月5日の「絆の祭典」でした。

今回の公演にあたっては、とりらの「岩手三陸の民俗芸能応援募金」から「あーとびる麦生」に1万円をお贈りしました。事務局の鳥谷峯さんから、画像と御礼メールを頂いています。
「おかげさまで大盛況のうちに終了することができました。
 午前中に開催した神楽への来客数は181名となり、予想以上の盛況ぶりに驚きました。」

f0147037_004314.jpg
こんなにお客さんが来ることは文字通り想定外で、スタッフの皆さんは汗だくになったそうです。
f0147037_075127.jpg
演目は「清祓」「斐の川」「榊葉」「山の神」「恵比寿」。
f0147037_08628.jpg
当日の画像は、とりら8号にナモミについて書いてくださった洋野町のタキオトさんからも提供頂いています。タキオトさんから見て「山の神」がとくにすばらしかったそうで、
「動きを見ていると、『本当に神楽が好きなんだなあ』と感じさせるものがありました。「榊葉」を舞っていたのも若い人で、体の線はまだ細いけれど動きが若々しくて良かったです。」と添えてくださっています。
f0147037_0355448.jpg


午後は、以前にも来てくださった民謡の方々で、こちらもにぎやかだったとのこと。
「あーとびる麦生」の存在がアートの範囲にとどまらず、地域の方々の交流の場となっていることを実感しました。
そんな光景を実際に見てみたかったのに、日程が合わなかったのはつくづく残念です。
f0147037_0153515.jpg


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-07-09 00:31 | 催しもの | Comments(0)