2008年 02月 24日 ( 1 )

頭髪問題

頭髪は問題であります。それが徐々に抜けて来ると見すぼらしいの一言。
いえいえ人間のことではありません。

今日は、「とりら」2号の「とりらってなに?」でお世話になった見前宮崎神楽の春祈祷におじゃましました。多くの春祈祷は権現様の戸別訪問のカタチを取りますが、わりに早く歩くのをやめてしまったここでは、一年の始まりを祝う神楽の親睦行事になっています。
じつは昨夜、盛岡市内の別の神楽さんから「面とシャガマを新しくしたいが手頃な値段でできるところを知りませんか?」という電話を頂きました。
シャガマは鬼の舞などで使うかぶり物です。見前神楽では数年前に宮城県の方に作って頂いたとのことで、写真を撮ってみました。f0147037_17261519.jpgf0147037_17232747.jpg
アップの方は裏側です。馬の毛が上下二段に丁寧に編み込まれているのがわかるでしょうか?
先日は滝沢村の篠木神楽さんが知り合いの方に作って頂いたと言うシャガマも拝見してきました。こちらは桐の木を頭頂の皿に用い、穴を2段に開けて木のビスで人造毛を押さえ込むように留めてありました。(写真を撮ってくればよかった!)
うちの神楽のシャガマもすっかり毛が減ってしまい、どうにかしなければ!リアップ!と思っていたところ。頭髪問題はどこでもやはり深刻なんですね。

f0147037_17191224.jpgこちらは、見前に伝えられてきた権現様です。今は権現舞をやらないのでお目見えは一年に1度きり今日だけ。年と共に白くなる人間の髪とちがい権現様は黒くなりました。さすがです。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2008-02-24 17:33 | 意匠 | Comments(0)