着物の柄が可愛かった

21日、花巻市青少年郷土芸能フェスティバル2008 を見て来ました。
鷹巣堂大神楽で獅子頭をかぶった小学生(だと思います)がとても上手でした!
さて、田植踊りを控えてここでフィルムの入れ替え(まだフィルムカメラ)を…と思ったら。あれええええ!!!?未使用と思ったフィルムは撮影済みだ!なんて間抜けやろうなんだ。大ショック。
…なので砂子座敷田植踊りは暗闇でのスケッチをもとにしたイラストでお目にかけます。f0147037_18333844.jpg
明治30年頃、宮城県から伝えられたという団体。ショト女である少女たちが、「おしょうやがつ〜 ハァドッコイ」という歌に連れ、手踊り、銭太鼓、花笠(イラスト)、手ぬぐい、扇、と次々に持ち替えながら踊りました。横向きでクィっとひざを入れるところが可憐でかわいいぞ。だいぶ前に見た北上市の鳩岡崎座敷田植踊りに似てる気がします。
他には前垂れを着けた男の子二人が一瞬出てすぐ引っ込みました。お囃子がテープなのがもったいないなー。
昔は「小正月に豊作を祈って廻り」、迎える家々は「ごちそうを準備して待っていた。現在は、各家庭を廻ってはいませんが、発表会や地区の行事等に出演しています。」とパンフレットに書かれていました。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2008-12-23 18:36 | 芸能 | Comments(0)

<< 弁天さま 演目群 >>