川井村の早池峰神楽

信仰の山、早池峰山には登拝口ごとに神楽があったことをご存知かと思います。
23日に行われた早池峰神楽大会はたいへん盛況だったようですね。この公演で舞われたのは、花巻市大迫町の早池峰神楽。遠野市には大出(おおいで)早池峰神楽があります。そして川井村にも早池峰神楽があるのです。
川井村で今、活動している神楽は2つ。早池峰江繋(えつなぎ)神楽と末角(まっかく)神楽です。登山口の一つであった門馬にもかつて神楽がありましたが、だいぶ前に廃絶してしまいました。
f0147037_17543015.jpg

先日、川井村箱石公民館で行われた「川井村神楽共演会」で、2つの“三番叟”を拝見しました。どちらの幕にも早池峰神社の名前が入っています。
画像左は、末角神楽の小学3年生の舞手です。去年神楽を見て「やりたい」と言って入って来た子だそうで、気持ちの入った舞を演じました。なかなか上手です。
右の早池峰江繋神楽の舞手は、3年前にお会いしたときは「もっか“三番叟”練習中です」という新人さんでしたが、練習を積んだとみえて見応えのある三番叟になっていました。
川井村の神楽をとりまく条件が特別良くなったとも思われないのに、メンバーをふやしレパートリーを広げようと前進されている姿に、下閉伊の底力を改めて感じたのでした。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2008-11-28 17:56 | 芸能 | Comments(0)

<< 「とりら」が買える場所 5 岩... まんだじゃないらしい >>