私には夢がある

 行き着けの本屋は、売り場面積は8畳ぐらい。と言うと小さいようにきこえますが、一昔前まではだいたいこういう規模の本屋が普通だったように思います。少し前に「忌中」の貼り紙があって心配したのですが、その後も営業を続けています。午後は配達のため留守=店を閉めていることが多くなりましたが。

f0147037_2224556.jpg まあ、自分が買いたい本は相当に大きい書店でもどうせ常備してないものがほとんどなので、もう規模はどうでもいい。近ければいい。というわけで、こちらのお店で予約することにしています。店員さんも顔を覚えてくれて、話が通りやすい。面倒な人文社会系の値が張るもんばかり注文する客だと思われていることでしょうけど・・・。
 こうやってそのテのものばかり買い続けていると、そのうち「三弥井コーナー」とか「岩田コーナー」とかできて、自然と「とりら」も並ぶようになるといいなあと思います。まずあり得ないのですが、そういう夢や妄想を日常生活の中に持つのはありでしょう。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2008-11-12 22:03 | お役立ち情報 | Comments(1)

Commented by MA-King at 2008-11-12 22:35 x
マーチン・ルーサー・げんぞう様
それって「お役立ち」するんですかい。もしくはとりら出版部立ち上げ、とか?

<< 台笠の新築 南昌山の権現様たち >>