仕掛けのあるイベント ~大ヶ生 金山の里 縄文まつり

 大ヶ生(おおがゆう)は、盛岡市東南部の山間部の集落です。昔は、金山があったことで栄華を極めました。さらにもっと昔も賑わってたらしく、縄文期の遺跡が周辺に数多くあります。そんなわけで、地域おこしイベントも「大ヶ生 金山の里 縄文まつり」の名で行われています。
 例年「芸能ごよみ」で紹介している詳細は、実行委員会発行のチラシを引用しているものです。「私たちが地域おこしを始めてから、3018年」といったようにデーモン小暮みたいな言い回しをはじめ、独特の表現ばかりです。
f0147037_0294523.jpg

 食い物あり、芸能あり、お子様も遊べる竹馬などの用意もあり・・・なのですが、なんといっても巨大な遮光器土偶(画像後方参照)などの仕掛けが色々ありますので、どうぞ現地へ一度足をおはこびいただければ。

第18回 大ヶ生金山の里 縄文まつり
10月12日(日)
盛岡市大ヶ生(おおがゆう) 大ヶ生小学校遺跡(大ヶ生ふるさとセンター)にて 9:30ごろ開会
詳細


 by げんぞう
[PR]

by torira | 2008-10-04 20:08 | 催しもの | Comments(0)

<< 塩 例の音 >>