例の音

 永井大念仏剣舞は、もりおか郷土芸能フェスティバルで必ず客席後方から登場します。太鼓の音量がしっかりしており、鉦鼓ともぴったり合っていますので、骨に響く音です。後ろからあの音が近づいてくると、恐怖にも似た感覚が腹から湧き出てきます。
f0147037_19233361.jpg

 6月に岩手宮城内陸地震がおきてまもなく、胆沢町若柳の山間部、その断層の真上に仕事で行きました。その折に余震が来たのですが、揺れの前に来た音が、まさに大念仏の「太鼓+鉦鼓」。剛性の強い巨大なモノどうしが断続的にぶつかりあうような音です。

 特にアンプ・スピーカーの無い時代の人々は、芸能の音もこういった自然音との対比で聴いたのではないかと思わされました。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2008-10-03 19:24 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< 仕掛けのあるイベント ~大ヶ生... 谷保天満宮 古式獅子舞 >>