シラサギの唄

♪白さぎが後を思えば立ちかねる 水もにごさず立てや白さぎ 立てや白さぎ

鹿踊りの唄の1つにシラサギが出てきます。一同が立ち上がるときにかけるようです。
団体によって歌詞が少しずつ違いますが、これは四国の鹿踊りバージョン。

盛岡市見前でシラサギに遭遇。こっちが「お会い出来てうれしい」って言ってるのに、私を見つけるやいなや「立てやしーらさぎ♪」とばかりに飛んで行ってしまいました。秋の田んぼでよく見かけます。またお会いしましょう。

 by.事務局MA
f0147037_23451587.jpg

[PR]

by torira | 2008-09-07 23:45 | 芸能 | Comments(2)

Commented by Kawauso at 2008-09-08 18:49 x
サギの仲間たちが「そこだったらまぁ見ててもええよ」と許してくれる距離の目安は、200mだそうです。大きく見るにはビノキュラーを超えてフィールドスコープが必要な距離。プロの鳥屋さんに最近聞きました。シャイな彼らです。わたくしもよく、そう言われます。
Commented by MA at 2008-09-12 22:37 x
Kawausoさま
アドバイスありがとうございます。そうですか200メートルですか。。
数年前、うちから200メートルくらいの位置にある林に突然シラサギのコロニーが出来たことがありました。けっこううるせえやつらなんだよね。夜もにぎやか。林のすぐ手前に人家があったので、ヒト好きなのかと思っていました。
その後、居着かないのはやはりニンゲンあやうしに近寄らず、と思ったのでしょうかね。あとで林に行ってみたら孵化して落ちたらしい卵のカケラがいっぱい落ちていましたっけ。

<< 龍を纏う 今週末も >>