坂道によわくてねえ。平らな山ならいいんだけど

 盛岡市・滝沢村・雫石町・八幡平市にまたがる名峰、岩手山。古くから巌鷲山(がんじゅさん)の名前で、広い範囲から信仰を集めていました。登山口は各方向にあり、それぞれに遙拝所があります。祭礼日は本来はそれぞれに、えーと・・・。忘れた・・・。
 で、登山道の要所要所に拝むポイントがあり、場所ごとに唱える言葉も決まっているんです(岩手県史にも紹介されています)。現在でもそれを唱えながら登る方がいらっしゃるかどうかはわからないのですが、八幡平市平笠の裸参りに先立つ神事で「♪さいぎさいぎろっこんしょうじょう」を唱えている映像は見たことがあります。それから、岩手山信仰にかかわる浄屋がある地域もあったり、けっこう遠方に「巌鷲山」と刻まれた石碑があったり、なんといっても、山麓それぞれの地域に神楽があったり・・・。
f0147037_20452227.jpg
 まあそんなわけで岩手山信仰はそのうち冊子「とりら」でも扱わなければならないテーマだと思うのですが、こうやって祭礼日もどんどん変わっていく状況を見るにつけ、はやく昔のお山の様子をききとりしなければなあと焦るわけです。

 by げんぞう 
[PR]

by torira | 2008-07-30 20:46 | 年中行事 | Comments(0)

<< こんな時代に。 さくらソフトで同行者をだまくらかす >>