コンゴの念仏剣舞

夏はキライではないけれど、蒸し暑いのはまったく苦手です。
これからお盆が来るというのに、それまで体力が持つか心配になってしまう今日のような日。
そんな時に気合いとリラクゼーションの両方が得られる音楽をご紹介します。
コンゴの電気音楽という意味?のタイトル「コンゴトロニクス」、演奏はKONONO(コノノ)NO.1。親指ピアノ(別名:ンビラ、カリンバなどとも)をアンプに繋ぎ、自作の拡声装置でもって街中にガンガン流していたファミリーバンドです。
「今の世の中は騒音がひどいので、天国の祖先たちに音が届くように電気楽器にした」というご本人達の説明があり、彼らの音楽が鎮魂と供養のための優れて民俗的な音楽だと知りました。
つまりコンゴの念仏剣舞の音楽と言えばいいでしょうか。
YouTubeで、彼らの演奏が聴ける(見られる)のでお試しください。気に入ったらなるべくデカい音で聞きましょう。快感間違いなし!

http://jp.youtube.com/watch?v=2cU19URUe6o&feature=related

 by.事務局MAf0147037_23443052.jpg
[PR]

by torira | 2008-07-05 23:45 | お役立ち情報 | Comments(4)

Commented by りゅう at 2008-07-06 20:18 x
コンゴ音楽が大好きです。コノノでは私は「ライブアットクルールカフェ」の方を買ってしまいました。こちらも最高です。今、アフリカの路上演奏採集したものを少しずつ集めてますが、北東北の民俗芸能音楽似てる雰囲気があって、体が踊りだすようなな感じがたまらないと勝手に思ってます。
「とりら」でとりあげてもらえるとは何かとてもよいです。
Commented by MA-King at 2008-07-07 22:08 x
うわー、コンゴ音楽が大好きな方がここにいたなんて感動です!
私は行き当たりばったりで音楽を聴くので、どのジャンルもまったく詳しくないのですが、リンガラポップスの感じは好きです。
民俗芸能の音の魅力はパーカッションの比重が大きいですよね。鉦を摺っているとハマってしまいます。
コノノもサムピアノを打楽器ぽく使ってるのがポイントだなと思います。甥っ子の誕生日にちっちゃいサムピアノをプレゼントしたら、「“チューリップ”が弾けるようになったよ〜」と親バカなメールが来たので、「ちがーう!付録に付けてやったコノノを聴け!」と返してやりました。聴いて踊れ!と思ってるのですが‥。

Commented by 風屋 at 2008-07-10 14:08 x
ご無沙汰しています。
会社での立場が変わり、なかなか神楽にも参加できないでいる風屋です。
(それでも今年は春祈祷と鳥谷崎神社春祭には出ましたが)
先日ダニーハにお昼を食べに行った時、
恥ずかしながら(遅まきながら)トリラを知りました。
おなじみの方々のお名前を奥付で発見しうれしくなった次第。
さっそく創刊号と第2号を購入させていただきました。
第3号の発刊もお待ちしています(笑)

アーシーでネイティブなエスニック音楽が好きなワタシですが
コンゴ音楽は聴いたことがありませんでした。
小さなカリンバ(親指ピアノ)は持っていますが、
本物の演奏は聴いたことがありません。興味津々・・・。
さてタイはイサーン地方のポンラーンという音楽もいいですよ。
ほとんど手平鉦と同じようなものを使い、リズミックです。

ところで7/1の記事のお花の件。
毎年2月に行われる我々の春祈祷では
鯛のお頭付やら大量のダイコン、ニンジンなどの大量の野菜やらを
いただくお宅があります。
当然そこには最後にお邪魔し、直会はお造りとあら汁です(^_^)
Commented by MA-King at 2008-07-11 23:10 x
風屋さま
ご無沙汰しております。「とりら」お買い上げありがとうございます!
ダニーハに創刊号が残っていたんですね。(押し売りされたんじゃないといいけど。)スタッフに感謝です。

今夜は盛岡市内の小さなカフェで、ジンバブエの親指ピアノ=「ムビラ」を修めて来た方達(日本人です)によるミニライブがありました。コンゴの演奏と少し雰囲気が違い、音がきれいで繊細な音楽です。彼らが言うには、自分たちが習ったのは儀礼のための音楽なので、即興演奏の人たちからセッションを申し込まれることがあるけど、あまりやらないとのこと。ジンバブエという国は今ものすごいことになっていますが、元来は物が豊かで人が穏やかで親切な土地だそうです。ずぶ濡れで帰ってきました。

タイのイサーン地方の音楽というと、どうしても笙のルーツと言われるケーンのホンニャラホンニャラした音のイメージが強く、手平鉦のような楽器があることは知りませんでした。仏教の影響あるところ手平鉦あり、でしょうか。

<< 古い盛岡の絵地図 むねあげ >>