かっこいいお花

6月28日、盛岡市の大日如来のお祭りで早池峰岳神楽の奉納がありました。
「天女」で 〜とーりーら とぉおりーら♪ と唄がかかると、非常に落ち着かない気持ちにさせられました。3号が出るのはいつになるんでしょうね?会長さま。

この日上がったお花で注目すべきは「餅米二」です。
画像が切れてるので「二合か、二升か」と気になるでしょう?じつは「二斗」でした!つまり二十升です。たくさんです。
なんか「金一封」より「餅米二斗」の方がありがたい感じが出ます。

 by.事務局MA
f0147037_2214811.jpg

[PR]

by torira | 2008-07-01 22:08 | 芸能 | Comments(2)

Commented by Kawauso at 2008-07-02 18:36 x
餅米OKということは、小豆などでも良さそうな気がしますけど。
昔気質の大工が修行の年季明けにもらう給料は、現金であったり、米であったり小豆であったりしたと聞くので(米、小豆はもちろん米・雑穀屋で換金できる)。
なにかおもしろい「御花」ってないもんですかね。牛一頭とか(笑)。
Commented by MA-King at 2008-07-02 22:18 x
Kawausoさま
コメントありがとうございます。
岳神楽でも、米作できない地域では豆などを出してもらったと伺いましたよ。
大償神楽の舞納めでは「キジ一羽」というお花がありました。「飼育のキジではありませーん。大迫の野山を駆け回っていたキジでーす」というコメントがあり、後でキジソバが振る舞われました。とても美味しかった。
ほかに「野菜たくさん(これも直会のごちそう用)」「下駄箱1つ」というのもありました。

<< むねあげ 「見立て」の美学 >>