同病相哀れむ

このところ、首がどうにも痛い。肩こりもますますひどい。というのでレントゲン検査を受けたら「頸椎ヘルニアである」と診断されました。湿布が出ただけなので、ちっとも良くなりません。
ついつい首をかしげて肩に手を回し、ちょっと押したりしています。

一戸町の高屋敷神楽の権現さま、お囃子の方達は笑顔で見ているのですが、頸椎ヘルニアなのじゃないかと気になります。

 by.事務局MA
f0147037_20413998.jpg

[PR]

by torira | 2008-06-29 20:42 | 芸能 | Comments(2)

Commented by げんぞう at 2008-06-30 21:17 x
傾く向きに注目。
北東北の二人立ち系獅子では、
「獅子頭を左手を軸にして持って、右手でアゴを動かす」
というほうが多数派です。
中山峠以北の神楽も左手で獅子を持つもののほうが多いのですが、一戸・二戸と、比較的近年にそれらの地域から伝播した地域の神楽では、
「獅子頭を右手を軸にして持って、左手でアゴを動かす」
という場面も多く見られます。
結果として、どちらかといえば軸になる手のほうに頭が傾くことが多いようです。
自分が所属している大ヶ生山伏神楽では「権現様は左右水平に、やや斜め下向きに持つこと」
と厳しく伝えられていますが、自分にはなかなかそのようには扱えません。
しかしながら、特に中山峠以北や岩手県沿岸北部の団体などは、むしろ権現様の傾きを「見どころ」として効果的に用いているものが多いように感じます。
Commented by MA-King at 2008-06-30 22:51 x
じつは、権現様の幕の中にか細い中学生が肩車で乗ってるんです。
獅子頭が重くて支えきれず、傾いてしまったというわけ‥。
あ〜見てるだけでこっちの首も痛くなってくるわい。
ちなみに、高屋敷神楽は「機織り」「鐘巻き」どっちもできるそうです。

<< 「見立て」の美学 小さな桶屋さん >>