太鼓の締め具合

 昨年11月に開催した「もっと近寄れる民俗芸能講座」、基本的に舞の実演が無いという2時間半の企画の中で、最もお客さんの反応があったのは「太鼓を締める実演」でした。早池峰系の神楽の太鼓を締める実演が行われたのですが、二人がかりで息を合わせて一気に締めあげる。“めぎめぎ”という音と勢いに「おぉっ」という声がお客さんから上がりました。
 こういった大きめの締太鼓を用いる剣舞・さんさ踊り・他系統の神楽と比べても、ずいぶんキツく締めている印象を受けます。
 で、その団体の太鼓が5月4日の記事の写真に載っています。
f0147037_2171531.jpg

(その箇所を再掲)

が、改めて盛岡の神楽の太鼓と比べて見てみても、見た目だけではそんなにキツく締めているかどうかはわかりません。
f0147037_2172759.jpg

(大ヶ生山伏神楽の太鼓)

 この「見た目はあんまり変わらない」というところで、決定的な違いになかなか気付かないでしまうのだと思います。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2008-05-12 21:09 | 芸能 | Comments(0)

<< 歓喜の福袋 やわらかい耳とえんぶり >>