Remix・・・!!!

 さんさ踊の中には「××くずし」という演目がいくつかあります。「剣舞くずし」「七夕くずし」「しし踊りくずし」「神楽くずし」「田植踊くずし」など。その名のとおり、剣舞・七夕・しし踊り・神楽・田植踊などの動きを模した所作を交えた踊りです。(「七夕」がピンと来ない方は冊子「とりら」第2号所収の拙稿「盛岡および周辺の『七夕』『虫まつり』『厄病まつり』」をご参照ください)
f0147037_21133335.jpg

 ところが私は盛岡に来る前(高校時代)は、どうもそれがよくわかりませんでした。だって、あんまり剣舞・神楽などに似てないし。・・・というのも、高校のころは剣舞というと鬼剣舞、鹿踊というと太鼓系シシ踊のイメージが強かったのです。盛岡に来て、盛岡周辺の剣舞・シシ踊・神楽・田植踊を見るようになって、ようやく「まあ、似てなくもないかなあ」と思えるようになりました。しかし、その模しているポイントがちょっと一癖あるなあ。とはいまだに思います。「シシ踊くずしの場合」、シシが幕を振る所作そのものズバリをリミックスしているものもあるのですが、どちらかといえば所作よりは拍子のほうに着目して持ってきているような場合もあります。剣舞は大念仏系ではなく高舘系のようです。皆さんも元ネタさがししてみませんか?

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2008-04-09 22:11 | 芸能 | Comments(0)

<< 鶏舞(けいばい)や高舘剣舞の兜 続・ふくべ >>