黒鹿

 「シシが出ない」
とのことで話題になった八幡平市寺田(旧西根町)の野口鹿踊。3月8日におこなわれた「寺田公民館まつり」に出演しました。
f0147037_22183663.jpg 今回は、素手での踊り・綾棒による踊り・2枚扇による踊り、そして鹿の踊りも登場しました。鹿は三頭。写実的な輪郭で黒づくめの頭と幕が、とても濃い感じを出しています。白づくめの頭をもつ小田念仏剣舞(葛巻町)のスス(獅子)と好対照です。
 そして、綾棒による踊りで用いる棒が獅子の腰ざしにも用いられているのが、意味深です。「腰にさしたは伊勢の御払い」という、全国共通の一人立ち系シシの唄を連想しました。
 シシも見ごたえがあるのですが、それ以外の演目もとてもしっかりしているので、上演の内容によってはシシを出さないでも充分に通用してしまう。そんな押しの強さを感じる鹿踊でした。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2008-03-08 22:21 | 芸能 | Comments(0)

<< 「青森県の民俗」第6号 完売御礼 >>