両手を上げる。

 民俗芸能では、「ふつうに考えるとそんなにかっこよいほうではない動き」をしているはずなのに、すげえかっこよく見えることがあります。
f0147037_22375753.jpg 例えば、両手を上げている格好。大念仏系の剣舞や盛岡周辺・紫波郡系のシシ踊の唐団扇(ドヂワ)などが、こういった立ち姿を見せることがたびたびあります。これが“仏法の守護神”みたいな雰囲気でイイんです(別にそういうのを表しているわけではないんでしょうけど)。
 でも、他のジャンルの舞踊でこういうことをやるとあんまり見栄えがしないだろうし、普段の生活の中でもできれば見せたくない姿だという気がします。

f0147037_22383651.jpg ところが、うちのRaekwonさんはいつもこの姿勢なんですね。自分もマネしてこの姿で一眠りしてみましたが、腕・肩に激痛。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2008-01-11 22:40 | 芸能 | Comments(0)

<< 「春祈祷に参りました」 とりらの作り方・その6 印刷屋... >>