古雅な趣きを感じさせる風景であつた

 八戸市櫛引の烏沢では1月3日に、子どもが家の前の木に雪玉をつけます。
f0147037_22125755.jpg

 また、これに続いて、その子どもの叔父が凧揚げやソリ遊びに付き合って全力で走ります。これによって叔父が靴の裏をはがしたり、6日ごろまで筋肉痛で苦しんだりというのも、この地の風物だと言われています。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2008-01-08 22:15 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< フィルムカメラは辛いよ タラ汁はおかわり。 >>