干し柿づくり

f0147037_20263947.jpg
 盛岡市の西北部、小屋塚。この地域では、年の瀬を迎えて干し柿づくりが最盛期を迎えています。

f0147037_20272310.jpg つくるのは、その家の最年長の男の役目。
「普通の干し柿はもっと早い時期にやるけど、“寒ざらし"と言って、権現様のお年取が終わってからやるのが、ここのやり方」
とのことです。
 小正月には食べごろになるだろうとのことで、家族の方々も心待ちにしている様子でした。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2007-12-24 20:28 | たべもの | Comments(0)

<< サンタと権現様 シャガマ >>