異年齢集団

 ちかごろ、コミュニティ論などを中心に、様々な場面で「異年齢集団」が注目されています。文字通り、いろんな年代の人がいる集団のことです。そんなことがいちいち注目されるほど、世代間の隔絶が著しくなっている…ということが背景にはあるわけですが。
f0147037_20513514.jpg 民俗芸能については「若者の集団」というケースが注目されることが多いかとは思いますが、実態としては年齢構成はさまざまであることが多いようです。歴史的にどういう世代構成の民俗芸能集団が多かったのか、これは今後の大きいテーマになるでしょう。
 さて、12月16日に行われた大ヶ生山伏神楽(盛岡市)の舞い納め。舞手の年齢構成はともかく、お客さんは様々な年代の方においでいただきました。手前は3ヶ月の方。モチ食ってるのは 92歳の方。一番奥の黒い顔の方はいちおう慶長生まれということになっているので、400歳ぐらい・・・。あ、でもお客さんではないんだな。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2007-12-18 20:52 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< とりらの作り方・その5 とりら... 越年の行事 >>