熨斗目

 「初宮参り」という行事があります。生後初めて氏神様を参拝して「初めまして♪」。・・・という行事です。「生後1ヶ月ぐらい」を目安にやるので、年中行事じゃないんですが。
 そのときに赤サンが着るのが「熨斗目(のしめ)」です。正確には、赤サンを抱っこした祖母が肩から掛けるようにして包むというものです。
f0147037_20465351.jpg

 華やかで楽しそうなので、祖母だけじゃなく母もやってみました。・・・という写真です。
 「熨斗目」は一生に一度しか使わないものです。もったいないような気もしますが、だからこそいいのでしょうか。この熨斗目は、赤サンの父も祖母も使ったものだそうです。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2007-11-08 20:48 | 年中行事 | Comments(0)

<< 「青森県の民俗」第4号 とりらの作り方・その4「レイア... >>